◆楽しい経営!楽しい仕事!《 楽しい経営研究所 》 by コジサト    (C)2006-2020 KOJI SATO
経営にビジョンを!
仕事にキャリアビジョンを!
業績開発と組織開発を応援する佐藤康二・コジサトの《楽しい経営研究所》
 



■マラソンシューズのイノベーション お正月の風物詩。箱根駅伝はなんと96回目。 青山学院大学が見事に復活優勝を果たしました。 しかも記録ラッシュ、区間賞ラッシュです。 その映像で皆さんお気づきのことが・・・ネットでも大いに話題になっていますね。 そう、ほとんどの選手といっていいくらい、多くの選手が「ナイキ」の シューズを履いていました。 「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」です . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■「イノベーションは、このような形で突如現れる。」 写真は元旦の新聞広告で目にした大日本印刷さんの広告です。 新幹線の車内広告で見かけた方も多いのではないでしょうか。  「その時、観衆は妙なものを目の当たりにしました。   なんと一人の選手が、両手を地面についたのです。」  「今やあたりまえと思われているクラウチングスタートは、   第1回オリンピック競技大会(1896/アテネ)で、ある . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■令和初の元旦 当ブログも15年目 あけましておめでとうございます。 昨年5月に新元号「令和」になりましたので、今年2020年が令和初の元旦 ということになりますね。 そして今年は「うるう年」。 2月29日があります。2月29日生まれの人は、4年に一度の誕生日ですね。 おめでとうございます! そして今年は4年に一度のオリンピック、パラリンピックイヤー、 しかも東京開催ということで盛り上がっ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■わかってないからタチがわるい 昨年はスポーツ界を中心にパワハラが大きな問題として取り上げられました。 私たちの職場でも、パワハラ等が話題になってずいぶん時間がたちます。 パワハラする側、される側、いろんな言い分があると思います。 「パワハラされる側にも問題がある」という声もありますが ここはやはり上司側「立場の強い人」が変わる必要があると思います。 「立場の強い人」が変わらない限り前進はな . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■経営の未来を考える3つの発想 資産運用で「長期・分散・積立」という言葉がよく使われますね。 自分の大切な財産を守っていくため、リスクを軽減するための 考え方です。 株や投資信託、FX、仮想通貨、いろんな投資があると思いますが こういった投資には当然ながら値動き・変化があります。 政治、経済、為替、資源価格、技術革新、天候、戦争・テロ・・・ 世界中の様々な要素が絡み合って価格が変動します . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■14年目:いのしし年スタート 2006年からスタートした当ブログも今年(亥年)で14年目になりました。 14歳も年をとってしまいました(笑)。 2019年の十二支は「いのしし:亥」ですが、 十干(じっかん)はご存知ですか。 干支はご存知の通り「十干」と「十二支」を組み合わせたものを指します。  十干=甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸 この10種を12種類の十二支と組み合わせるので . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■奇跡のバトンタッチ 平成最後の大みそかです。 2018年12月31日です。平成31年。平成から○○へ。 来年(2019年)の5月1日から新元号になります。 新元号の発表は改元の1か月ほど前だそうです。 元号を利用する行政のシステム改修がうまくいかないと 税金や社会保障などに障害が出る可能性がありますから システム会社からすると早めの対応ができるにこしたことは ないですよね。 西暦一 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■10年目突入! 新年あけましておめでとうございます。 昨年も大変お世話になり、 誠にありがとうございました。 更新がなかなかないブログですが(笑) とうとう10年目になります。 あっという間の10年、そんな感じですが 10年目なので再度、気合を入れ直し もう少し更新しようと思う元旦です。 今日は全国的にあいにくのお天気、首都圏も 雪に見舞われました。 今年も異常気象、天候不順などに . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■小学3年生のポスターから学ぶ このポスターの作者は小学3年生の女子。 末恐ろしいセンスですね(笑)。 嫁さんが強いとか、恐妻家とかいいますが それを五感で受け止めた子供、 特に女子の感覚は強烈ですね。 男子は、こんな構図はなかなか 思いつかないんではないでしょうか。 安倍政権や経済三団体が女性の活用とか、 女性の力を引き出すとか、いろいろ話題に なりますが、まったく心配ない。 女 . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




■「あたりまえ」の反対は? 「あたりまえ」の反対の言葉は何だと思いますか? 正解は「ありがたい」だそうです。 当たり前=ある・できるが当然の状態ですよね。  ・あるのが当然=あたりまえ ということは、ある・できるが難しい状態が 反対語になります。  ・あるのが困難=ありがたい=ありがとう 「有り難い=ありがとう」は感謝の言葉として よく引き合いに出されますが、 「あるのが当然 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ