中村朋子 着付教室

湘南 茅ヶ崎で着物の着付をお手軽に

梅雨入り

2018-06-07 09:22:07 | 着物
こちらの地域も昨日

梅雨入りしました。

鬱陶しい時期の着物は

木綿や大島紬、あるいは

化繊の着物などを着る方が

多くなると思います。

先週から昨日までの

装いは




正藍染の綿麻きものに

燕柄の名古屋帯。

この日は雲一つない快晴で

青空に燕が飛ぶイメージで。




久留米絣で男絣とも言われ

書生さんが良くお召になられていた

織柄だそうです。

帯は夏物の八寸帯。

この日は雨が降りそうでしたので

木綿の着物にしました。


そして昨日は



紫野やまざき 経てシケ引き

後藤秀二 もじり間道

帯留はオリジナルでボルダーオパール。
(茅ヶ崎カリーノ)

奇跡を起こす石といわれているそうです。




着物もそうですが

自然の持つ力というのは

惹かれますし

身に付けているとエネルギーを

感じます。

一つ一つ手作り。

職人さんの拘り。

カリーノの気さくなオーナーの

話を聞けば聞くほど

着物と通ずるものを感じます。



先日は横浜高島屋が

赤坂ニューオータニで開催された



展示会にお邪魔しまして

見たこともない素晴らしい

総絣の小千谷縮を拝見しました。

勿論高額ですが

「これならそうですよね。」と

納得せざるを得ない

本当に素晴らしい反物でした。

大手老舗百貨店の底力を感じました。











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 疑惑の体重 | トップ | 吉弥結び »
最近の画像もっと見る

着物」カテゴリの最新記事