元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

取り付けた激安ドライブレコーダーが、結構使えるゾ。

2019年01月06日 18時43分10秒 | 日記

 昨年12月22日のブログに書いた、ドライブレコーダーを取り付けて2週間になりました。

 ドライブレコーダー本体についている液晶画面は1.5インチ程度の非常に小さな画面ですから、撮影具合を判断することは難しく、もちろん通常はただただ録画を続けてくれれば良いのですから、いちいち撮影画面を見る必要はありません。

 しかし実際はどのように映っているのか確かめたくて、マイクロSDカードを抜き取って、パソコンに挿入してみました。

 ズラーと走行した日付けと時間の一覧表のファイルが表示され、適当に思いあたる日付けと時間のファイルをクリックすると、走行中のビデオ画面が映し出されました。

 オー、予想以上に鮮明な画面が撮影されています。 これは価格を考えると、非常にコストパーフォマンスが良いなあと、筆者は感心しました。

 説明書では170度と書かれていますが、結構広い範囲が撮影されています。 横断歩道で待っている人物や走行する自転車、信号機の表示も確認できます。

 画面もカクカクすることなく、ごく自然に走行している様子が撮影されています。

 万一の事故の際にどのように撮影されるのかは不明ですが、(笑) あおり運転された場合は十分確認できそうです。

 しかしたった3千円台の激安で販売されているのですが、これだけの機能のドライブレコーダーが買えるのですから、改めて中国製のコストの安さに驚くばかりでした。

 Amazonが販売している多くの中国製の電子機器製品を見ると、米国の消費者がドップリと中国製品を利用し生活しているのが現実だと思い知らされました。

 この現実を知ると、今更中国製品の締め出しなど、米国の消費者にはできないだろうと、筆者は思い知らされた新春でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 笑い声が絶えない孫娘と過ご... | トップ | 案の定、ゴーン元会長は容疑... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事