元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

笑い声が絶えない孫娘と過ごした一日で、感じたこと。

2019年01月03日 17時56分51秒 | 日記

 今日は娘夫婦が孫の4歳の女の子を連れて、我が家を訪れました。

 日頃は70代の老夫婦にとっては、いつまでも笑いながら,おなじ仕草を繰り返して遊んでいる孫娘を見ていると、改めて子育て時代をとっくの昔に忘れてしまっていた、若い頃を思い出しました。

 特養などの施設に、時々幼稚園児などがたくさん訪れ、子供たちの笑い声がホールいっぱいに響き渡ることが、どれだけ入居者に生きる楽しさを思い起こすことかと、筆者は改めて思いました。

 そういう意味で、特養施設と幼稚園が、同じ敷地内に設置されることが必要ではないかと、思った次第です。

 この世に生を受けて、幼児、小学生、中学生,高校大学から社会人へと、人間は成長しながらやがて伴侶を見つけ結婚し、子育てし、子供が巣立ってやがて老境を迎える、誰もが辿る輪廻の流れであるだけに、いつかは人生80~90年の老後を過ごすことになります。

 今日は、笑い声が絶えない孫娘と過ごしながら、彼らが帰ってしまった後で、思わず感じてしまった事でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新年おめでとうございます。... | トップ | 取り付けた激安ドライブレコ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事