元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

LITERA/リテラのサイトで知れる、朝日叩きメディアの実体。

2014年09月23日 14時16分46秒 | 日記
 筆者は最近の朝日新聞叩きが、国内メディアの異様さを感じて、反論のサイトを探していました。

 その時にLITERA/リテラのサイトに、朝日叩きをするメディアの代表である、産経新聞の総帥故・鹿内信隆氏が、桜田武・元日経連会長との対談集『いま明かす戦後秘史』(サンケイ出版/絶版)のなかで対談し、鹿内氏が戦前の陸軍経理部に所属している時に、慰安所作りが大事な仕事であったと、堂々としゃべっていた事を暴露しています。(このコラムの題は少々下品だが、≪「おんなの耐久度」チェックも! 産経新聞総帥が語っていた軍の慰安所作り≫ と言うものだ。

 なんだ産経は、過去の自分たちの親分の、このような発言を忘れて、日本軍には慰安婦問題など無かったかのような発言をしているのだ。

 今更朝日新聞に全ての責任があるように言う資格があるのだろうか?

 このリテラのサイトは政治だけではなく、多岐にわたる書籍や雑誌を取り上げている。

 しかもその評論がとても面白い。 詳細は是非ご自分で、このサイトにある読みたいジャンルを見つけて、読んでみてください。

 例えば、よく読まれている記事のランクを見れば、
 1 安倍首相と在特会元支部長の写真が   2 池上彰が朝日叩きのメディアを批判!   3 美容師、SE、営業…早死にする職業は?   4 江角の味方に大物作家と弁護士   5キムタク最大のタブーとは?   6 たかじん「在日」ルーツ迫る評伝   7 大島優子は脱ぐべきだった    8 オシャレ業界のブラックな実態   9 封印された『ちびまる子ちゃん』の中身   10 明治時代の性教育書がの内容がスゴい  といった調子だ。

 今日は秋分の日。お墓参りが終わった後で、このリテラのサイトに立ち寄り、興味ある本の評論を探してみてください。

 思わずその突っ込みの凄さに驚いたり、笑ったりすること間違いなし。またこれらのコラムを読んで、改めてその本を読んでみようと言う気になれば、リテラも本望であろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本と雑誌のニュースサイト「LITERA/リテラ」公開のお知らせ

 本日7月1日、株式会社サイゾーは本と雑誌のニュースサイト「LITERA/リテラ」を公開いたしました。

 紙のメディアには、まだまだネットでは知ることのできない情報、知識がたくさん詰まっています。

 エッセイやインタビューでは、有名な作家やタレントが意外な本音を語り、週刊誌や実話誌ではネットでまったく話題になっていない衝撃的なスキャンダルが報道され、実用本、ビジネス本には仕事や生活に役立つ知識がいくつも載っています。

 マンガや小説から人生の悩みを解く鍵を見つけたり、何十年も前に出版された本から、今、起きている問題の本質が明らかになることもあります。

 しかも、本や雑誌の情報はネットとちがってスクリーニング、体系化のプロセスを経ており、クラスタをこえて広がる普遍性、信頼性をもっています。

 「LITERA/リテラ」はこうした紙メディアの情報価値をもう一度見直したいと考えています。
 
 本や雑誌をただ紹介するのでなく、そこから今の時代に必要な情報やネタを抽出し、新しいかたちのニュースに再編集して、配信していく。いわば、本や雑誌が専門家、コメンテーター、ディープスロートの役割を果たすニュースサイトです。

 オールドメディアとネットを結びつけ、新しいかたちのニュースを発信する「LITERA/リテラ」にぜひご期待ください。

(貼り付け終わり)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 中国製品はコピー商品と侮っ... | トップ | 今更の、経団連の政治献金復... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リテラ好きってリテラシー足らない老害なのね (やっぱ)
2018-04-02 23:11:20
あんた痴呆はじまってんの?リテラなんて匿名サイトなんだから2ちゃんと変わらんやん

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事