元気いっぱいの新老人の ツッパリ発言

団塊の世代のちょっと先輩。75歳を過ぎ、今の世の中がこうなったのも、少しは責任があるのかなと反省をこめての前向き発言

大晦日まで、あと一日となって。

2016年12月30日 12時22分55秒 | 日記
 今年もあと一日を残すところまで来ました。

 英国のEU離脱、米国大統領選でトランプ氏が当選する、シリアのアサド政権をめぐるロシアの軍事介入と米国の対応、シリアの混乱やISISの拡大から逃れる数十万人の難民が欧州に押し寄せるなど、一方振り返って近隣のアジアも韓国の朴大統領に関する大騒ぎ、相変わらずの北朝鮮の核開発などなど、まさに揺れ動く世界情勢の一年でした。 国内も災害が多い年でした。

 欧州諸国に広がる右派政権の台頭は、余りにも多くの難民が押し寄せ、人種、宗教の違いの人たちの流入により、今までの生活に不安や恐怖を感じる人たちが増え、右派政権を支持する人たちが増えた結果だとみられる。

 米国のトランプ支持者が増えているのも、永く米国経済を支えてきた製造業が、自由貿易の拡大による海外生産に移行し、金融業とIT企業の台頭で米国の基幹産業に押し上げている結果、労働者階級の職場を奪い、賃金の低下を余儀なくさせた不満の結果であろう。

 確かに金融業やIT企業の従業員は比較的高収入を得ているが、吸収できる労働人口は、知識や技術の問題もあり、中高年労働者の受け皿にはなりえない。

 日本も、まったく米国と同じ道を歩んでおり、金融やIT業界で働いている人たちと比べると、非正規社員の仕事はたくさんあるが、余りにも賃金格差が多く、とてもではないが豊かな生活を送れない若者が多すぎると筆者は思う。

 それでも自動車産業など、まだ国内生産を続けているところも多いが、かっての家電産業は大幅に海外生産に移行してしまっている。その他の繊維産業や中小企業の衰退はご存知の通りだ。

 非常に問題を抱えた国内でありながら、大事な政治に変化を求めない国民に筆者はあきれるのだが、これが日本の国民性なのだろうか?

 今年はこれでこのブログは終了します。 つたない文章をお読みいただきありがとうございました。 幸い、筆者は健康上も元気で過ごしてこれました。 来年は少しでも良い年になるように願ってやみません。

 佳い年をお迎えください。


 
コメント