いつか、どこかで

花、昆虫、そして鳥など身近で見られるものを撮っています

カワトンボのペアー2

2018-06-22 23:47:26 | カワトンボ

カワトンボのペアー(1)の続きです。

(1)の写真とさして変わり映えもしない写真ばかりだけど、

ペアーでいつまでも一緒に居た証拠写真として此処に載せておくことに。




































そんなわけで、コメント欄は閉じています。





コメント

ジャノメチョウ等など

2017-10-03 00:05:13 | カワトンボ

日曜日の午前中、シーツ交換をする次いでに、ついに毛布を出しました。

それと言うのも土曜の夜についつい読んでいる本が面白くて、

深夜遅くまで起きていたら、イザ寝ようとするも・・・

足が冷えてて寒くて中々寝付けないと言うことになってしまいました。

もう~土曜の夜みたいなことにならない様に、準備万端あたたか対策しなくちゃ~ってことで。

ひざ掛け用の毛布も一緒に用意、パソコンをする時にすぐ使えるようにと。

いつ頃からか。。。膝が冷えるってこういう感じなんだなと思う様になって。

少し前までは膝が冷えるなんて実感したことが無かったのに・・・

いろんな所に年齢の変化が、静かにそ~っとやってくるものですね~。

まぁ~そんなお年頃だから何の不思議も無いっちゃ無いんですけどね。



ジャノメチョウ

家の裏、山裾の草の上をフワフワ飛んで、

あ~今あそこに止まった~と思って、それなりにソッと近寄っても

すぐ別の所に飛んで逃げて行ってしまいます。

何でも人の気配に敏感なチョウなんだそうです。

(諦めず根気よく追って撮りました)









チョウの裏翅フェチな私、この子もやっぱりね~!

表翅の素っ気なさとは裏腹に裏翅の模様が好いなぁ~。

・・・って、思う人ってそんなに居ないんだろうな。。。。。。



ジャノメチョウの表翅

大きさ(前翅長)28~42mmと、そこそこな大きさのチョウです。

表翅は茶色で綺麗とも思えない地味さですが、やっぱり大きさで目立ちます。

かと言って、我が家周辺ではそんなに頻繁に姿を見かけることは無いのです。



ヒメウラナミジャノメ

モンシロチョウより少し小さい薄茶色をしたヒメウラナミジャノメ。

草原や林の周り、人家の周辺でもよく見られます。



翅の裏側に細かい波形の模様があり、

後翅の裏側に目玉模様が各5個ずつあります。



表翅には目立つ目玉模様が上翅には1個、下翅に2個、

それと目立たない小さな目玉模様が各2個あります。

他にも写真を撮って見ないと判別できない、いろんなジャノメチョウたちがいます。

裏翅の模様の違いや目玉模様の数の違いなど。



ヤマトシジミ?

小さくてチロチロせわしなく飛んでいる所を見ていると、

ルリシジミ、ツバメシジミなどとの違いにまで気が付けないんですよね。

写真を撮っても、私には多分?ヤマトシジミだろう?って程度ですけど。





コメント (2)

コシアキトンボ、ハラビロトンボなど

2017-07-20 23:32:12 | カワトンボ

azami地方、昨日待ちに待っていた梅雨明でした。

(同じ日に広範囲で梅雨明けの発表がありましたよね)

と思ったら、今日は途端に暑さが厳しく感じられた1日でした。

もう~1週間程前から30℃超え32.3℃にはなっていたんだけど。

なんかね~日差しが今までより強くガンガン照り。真夏の暑さはこれから・・・

この所の晴天続きでトマトが大きくなってビックリするくらい沢山出来て、

真っ赤に熟れたトマトを収穫するのは嬉しい限りだけど、

この暑さに身体がついて行けるのかしらと・・・ちょっと心配になります。


さて、今日も夏空をスイスイ飛び交うトンボたちから。



普段は結構高い所を飛んでばかりで、

こうして枝や草に止っている所を滅多に見かけないので、

羽化して間が無い個体だったのかも・・・



まるでお腹を怪我でもして、

白い包帯(テープ?)を巻いたかの様にみえるコシアキトンボ。

人間の手でクルクル巻いて上げたみたいで・・・

自然の神様は面白いことをなさる。





今年は殆ど見かけなかったハラビロトンボ♂

去年も一昨年もあんなに沢山見かけたし、写真も撮ったのに。

なにが原因でこれほど姿を見なかったのか?ちょっと心配。

来年は沢山見られると良いんだけど。





翅の色があせた感じで傷んでいる部分もあるし、雨風の中を生きてきて、

そろそろ終盤を迎えているのかもしれないツバメシジミ。







赤、ピンク、黄色のミニバラを地植えしているのですが、

なぜか?この赤いミニバラだけが威勢よく育っています。

花色がデリケートで可愛いらしいピンクや黄色って、

人の手でアレコレして作り出された品種だから育ち難いのかな?



コメント (2)