かわ遊び・やま遊び雑記

アユ・ワカサギ・ヒメマスなどの釣り情報と自然観察や山菜採りなど自然の中で遊び回った記録や雑記

安中市庁舎建設:市広報は大本営発表かよ!

2021年12月01日 | 釣り一般

【大本営発表とは・・・・】
1 戦中に大本営が国民向けに発表した戦況に関する情報・・・末期には、戦況が悪化しているのにもかかわらず優勢であるかのような虚偽の発表をくり返した。
2 転じて、為政者や有力者などが発表する自分に都合が良いことばかりで信用できない情報や虚偽の発表のこと。

【にほんブログ村ランキングに参加しています! クリックして応援よろしくお願いします!】


「広報 あんなか」の12月1日号が配布された! 表紙の次頁(2~3ページ)には見開きで安中市役所本庁舎建設関連の記事が載っていた!

そして次の4~5ページには安中市役所本庁舎の概要と建設場所選定経過が書かれていた!

しかし、この記事が最初に「大本営発表」と書いたように「都合が良いことばかりで信用できない情報や虚偽の発表」だらけなのだ!

まずは2ページ・・・

※ 建替えするのが良いとする回答が圧倒的多数(94%)と書いてあるけれど「現在地に建替え」という回答が最多だったことは伏せた書き方にしている!

※ 新しい庁舎が防災拠点・財政負担軽減って書いてあるけれど、こんなことは何処へ建設しても当たり前に必須の事なんだよ!

※ 松井田支所は重要なバックアップとしておきながら、教育部・産業環境部を引き上げて一極集中にする計画なのに、これには一言も触れていない!

※ 現在地から移転させた跡地には、西毛広域幹線道によって交通量が増えるので「人が集まれる多目的な交流場所」にすると云っている!
  ところが5ページの選定経過のところでは「交通量の増加によって右折が困難」と書いてあって市役所には不適を匂わせているんだよ! この矛盾は酷いね!

次に3ページ目・・・

※ 危機対応型庁舎と耳障りの言い文言を使っているけれど・・・何処の行政庁舎だってその機能は必要で敢えて大上段に構えて云うことじゃ無いんだろう!
  それよりも既に耐震性が低いと指摘された旧庁舎と中庁舎を新庁舎が出来る令和8年まで使うと云うのだろうか? これこそ危機対応が出来ていない証拠だろう!

※ 建設費についてはプロポーザルの仕様書で45億円と提示しているのに広報では完全に伏せているんだ! どこまで情報を隠蔽する気なんだろうか(怒)
  さらに、この45億には解体費用は含まれないんだ! 解体はアスベストが使われている建物なのでかなりの費用になるはずなのだけど公表されていない!
  もし解体となればアスベスト対策が完全に出来るのだろうか? いい加減なことをされたら周辺住民は堪ったものじゃ無いよね!

※ 財源として庁舎建設基金(5億ちょっと)と地域振興基金(3億程度)、そして合併特例債(起債可能残額約37億)と緊急防災・減災事業債を使うと書いてある!
  ↑には私が調べた金額を入れたけど、広報では伏せてあるし、緊急防災・減災事業債に至っては防災計画に載っていなのに起債できるのだろうか?

※ 建設規模についても仕様書で延べ床面積8500㎡と指示しているのに、これも伏せている。 
  現在も使われている体育館と格技場も取り壊すとしているのに、広報の記事では一言も触れていないんだ!
  旧安中高校の体育館は市の避難所に指定されているし、市民のスポーツや各種行事に使われているのに、代替え無しにそれを取り壊すと云うのだろうか?

※ 事業費の大半に合併特例債を充てる計画らしいけど、起債可能残額すべてを市庁舎建設に使ってしまったら他の事業が出来なくなることになるんだよ!
  来春の市長選に立候補を表明した方が色々な活性化施策を示しているけど・・・合併特例債を全部使われてしまったら何も出来なくなっちゃうね!

4ページ目・・・

※ 一見美味しいことが満載なのだけど防災機能スペースは3000㎡だけ、其処にこれ程に沢山の機能が入るのだろうか? ヘリポートも計画だって(驚)

※ 此処だけが防災センターでいいのだろうか? 
  多極分散型で防災センターを各地域に造るべきで、市役所には危機管理部門だけ充実させて司令塔機能を備えればいいのではないだろうか!
  危機管理部門と実際の避難施設は分ける方がよく、避難施設は各地域に分散して作るべきで旧安高も避難施設(市民広場)の一つにした方が現実的だと思う!

5ページ目・・・

※ 建設場所の選定経過については、為政者側が都合よく解釈した数値と虚偽の情報に満ち満ちているんだ(怒)

※ アンケートで「現在地(43.4%)」と「旧安高(40.5%)」は拮抗する数値だと云うけれど、無効や無回答まで入れた母数で算出した数値で誤魔化しなんだ!
  「現在地での耐震補強」も入れれば現在地で旧庁舎と中庁舎だけの整備を希望する意見が過半数を占めているんだ!

※ 危機対応型庁舎の理由付けとして、市民アンケートで「防災スペース希望」が1940人中1070件と発表しているのだけど、これも数値の見方を誤魔化している!
  実際には複数回答なので、総回答数5225件中の1070件・・・つまり20.5%でしかないのだ!

※ そして西毛広域幹線道路が出来れば交通量の増加によって現在地は右折困難になる(前述したように交流施設には適地と云う矛盾)と書いている。
   もし、そうなれば信号機など安全対策が取られるはずだし、令和11年完成予定の道路だけど諸事情で何時になるか分からないのだ・・・

※ 現在地と旧安高の比較図で旧安高は出入口が3か所とあるけれど赤丸を付けた箇所は狭隘な道路なので相当の整備が必要になって来る!
  一方、現在地の出入口は4か所有るのに、2か所だけで赤い矢印の2か所が故意に消されている! 前頁の航空写真でも文字と囲い線で隠されている(怒)

※ さらに驚いたのが想定される防災スペース・・・これだけのものが3000㎡に入るのだろうか?  机上の空論もいいところだね!

以上、述べたように、この計画が如何に恣意的な情報操作と虚偽の数値ででっち上げられた「大本営発表」なのかお判り戴けただろうか!

このまま進めて45億どころか50億を超える庁舎を5年もかけて建設するか? 現在地に20億台で必要最小限の整備を早急にするか? どちらを選ぶのか?

この先、安中市の人口は少子高齢化で減る一方・・・次世代に借金を残すことが正しい選択なのだろうか? 執行部や議員には、よく考えてもらいたいものだ!

既にプロポーザルの手続きに入っているけど即刻白紙にもどして再検討をすべきだろうな!

 

二つのブログランキング(それぞれ3カテゴリー)に参加してます。 (↓)のバナーをクリックして応援よろしくお願いします! (5209話目)

【にほんブログ村ランキング】

【人気ブログランキング】


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 終焉・・・ | トップ | 霜、雨、虹、北風・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釣り一般」カテゴリの最新記事