こころのままに

カメラ片手に
今を生きる 自分らしく

思い出よみがえるもの

2018-09-19 | E-M10


私の祖母は明治3年生まれ 激動の人生を戦いつつ生き抜き
祖父と共に始めた一からの新しい商売に身を焦がし働き尽くめで
現在の基礎を作った人でした

 当時は非常に珍しい百歳で天寿を全うし旅立ったのですが

その祖母が私が中学生の頃 ある菓子店のあるお菓子が大層気に入り
その辺に出かけたときは購入してくるように時折頼んでいたのでした
私たちも美味しものとして 受け入れていますので大いに喜んでいたわけです

その頃は今の様に種々のお洒落なお菓子もありませんので
私たちはご馳走のお八つとして
未だに鮮明な記憶に残っておりましたところ 最近になり
ある日 どこかのお店で袋に入っているあの時に見たことがある
お菓子「あんきり」に出会います すぐに手にし購入

早速 頂戴してみましょう
思い出の味として頂くので祖母の面影も感じ
懐かしいとても美味しいものでした





















































コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 様々な今日の日のこと  | トップ | 葬儀のあと »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yoyo)
2018-09-19 08:39:14
わぁ なんと懐かしや
私も大好きです。 
こんばんは (yoyoさんへ)
2018-09-19 18:30:30
何と懐かしや、ほんとに?
どうかと思いつつUPしましたが
お一人だけでも共鳴して頂いたから良かった々々
ありがとうございました。

コメントを投稿

E-M10」カテゴリの最新記事