華麗なるオーストラリアンライフ

渡豪10年。職業・看護師。
白熊のようなオージーの旦那1人とワンコ2匹で
ニューサウスウェルス州の田舎町で生息中。

掃除しないからって怠けてるわけじゃないのよ

2017年12月09日 23時44分27秒 | Weblog
朝起きた。相変わらず咳はあるし、鼻もグズグズしてるけど、少し気分は良くなっていた。というわけで出勤することにした。午後からだしねー。

午前中はゆっくりまったり。土曜日の今日はDに散歩に行ってもらった。私はその間に片付けなど。

そういえば書いてなかったけど、数日前、プロの清掃の人に来てもらった。Dと私の“キレイ”“片付いている”のレベルには相変わらず大きな開きがあり、かつ犬によって生じる継続的な汚れのせいで、私の休日は掃除・片づけに終始することが多い。しかし私もフルタイムの正社員で働いており、休みの日ぐらいはゆっくりしたのが実情。見えるところばかり掃除していたら、細かいところに手が回らなくなり、積もり積もってすごく汚れた感じになってきていた。なので今回、掃除婦さんに来てもらった次第。

きれいになったー。

特に気になっていたのがシャワー室。水回りを優先的にお願いしますと伝えてあって、本当にきれいになっていた。汚れてない浴室でのシャワーは気持ちいい。

というわけなので、現在は少しでも長くこのきれいな状態を保つ努力をしているところ。ブラーバも頑張ってくれている。

家に掃除婦さんに来てもらうっていうのは西洋的…といっては語弊があるかもしれないけど、オーストラリアではそうめずらしくない話。それを以前某アジア国出身の同僚と話していたら、自分たちでしないなんてねぇ…という少しあきれた感じの感情が伝わってきた。
また、昨年の今頃にやっていたテレビドラマ「逃げ恥」でも話題になった家政婦さん。日本の友人と話していたときに、私が「みくりが仕事で家事がおろそかになるとか言うなら、それこそプロに来てもらったらいいのに」と発言したところ「それはとっても西洋的な考えで、日本ではまだ難しいと思う」みたいなことを言われた。
今の私は、家事を外注することにあまり抵抗がない。金銭的な問題あるのでずっとはできないにしても、たまにそういうことができるぐらい稼いではいる。あとは溜まるストレスを考えると、家事にお金を払うのは有意義であるとも思う。私の頭はオーストラリアナイズドされてるのかねぇ?

なにはともあれ。

家事・片づけを終えて仕事へ。

今日は久しぶりにポート2にまわった。暖かくなって、かつクリスマスが近いこの時期、病院は比較的暇になる。しんどくてもクリスマスまでは頑張るという人が多いため。
そんなわけなので、今日は11名の患者さんを2名で担当。重ための人もいるけど、自分たちで歩ける人も半数ぐらいはいたので、それなりにいいシフトだった。
明日もおそらく同じペアでポート2。今夜と同じようなシフトになるといいな。

帰宅。
体調は持ちこたえたけど、家に帰ったら疲れていたことを感じる。昨日休んで正解やったな。昨日無理していたら週末休む羽目になっていたかも。
明日も午後シフト。午前中にやるべきことがいくつかある。だから寝入らないでそこそこの時間に起きたいところ。このところ夜型人間になりつつある。早く寝るように心掛けないとなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 遊ばれるワン | トップ | 週末終了 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くま)
2017-12-10 06:27:00
私の周りでもクリーナーを頼む人はいます。
こちらでは、普通のビジネスですよね。
私の代わりに家事をプロがやってくれることは、大歓迎ですが、ただ、私がいない間に他人が家に入ってきて数時間いるってことに抵抗は感じますね。
私の場合は、そもそも、私が掃除をやれる環境ですし、支払うお金も...(笑)

ある日、私の担任が時間ギリギリに学校にやって来て、その理由が「クリーナーさんが来る日で家がぐちゃぐちゃだったから、家を片付けて少しきれいにしていたら遅れた」でした。
本末転倒じゃん!と言いましたが、気持ちはわかりますね。

私も気温の急激な変化で風邪気味です。ショウガを摂取して年末に向けて頑張りたいと思います!


Thank you for your comment (Yoshimi)
2017-12-10 21:31:11
くまさん。
私も掃除婦さんが来る前に片付けました(笑)。ある程度物を元に戻しておかないと適当に動かされるかもしれないですしね。
看護師という仕事柄、患者さんのプライベートな部分に触れることが多く、いろんな人がいることを認識しています。クリーナーさんもいろんな家を見てきて免疫があるはずなので、多少我が家が汚くても大丈夫と開き直ってます。

うちの病院でも風邪をひいているスタッフ・患者さんが多いです。お互いに気を付けましょうねー。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事