僕のシネマノート

映画鑑賞 記録&紹介

【プーと大人になった僕】2018年(アメリカ)

2019-12-23 19:06:00 | 日記
復活しました。コウタです。
最近は、ソロギターを練習しています。

さて、今回は
昨年話題を呼んだ、A・A・ミルンの名作であり、ディズニー作品の金字塔である
「くまのプーさん(クマのプーさん)」の実写映画:

【プーと大人になった僕】
(原題:Christopher Robin)

を、紹介していこうと思います。

【ストーリー】

物語の始まりは、寄宿学校に通うことになった少年:クリストファー・ロビンと、プーさん他100エーカーの森の仲間たちとの別れから。
時は経ちクリストファーは結婚して、戦争も経験した。
ある週末彼は、妻とひとり娘と、故郷のサセックスを訪れるはずだった。しかしこの時、彼は既に仕事に追われる毎日で、さらに会社から出された難題を抱えていた。
ひとり家に残ったクリストファーと奇跡の再会を果たしたのが、かつての親友:プーだった。
果たして、プーがクリストファーに会いにロンドンまで来た本当の理由とは?
そしてクリストファー・ロビンが気づかされた、本当に大切なものとは?

【感想】

〜プーが私たちに教えてくれたこと〜

プーが私たちに教えてくれたこと、
一番は「“なにもしない”を全力でする」ことだと思います。

つまり、人は何か難しいことを考えすぎていて、リフレッシュすることを忘れがち。なにかに熱中できることは素晴らしいことであるが、その分休むことも大切であるということを教えてもらったような気がします。

そして何より、プーさんと100エーカーの森の仲間たちの声はほとんどオリジナルキャスト。
本作では人間視点で描かれるシーンが多いため、怯えるピグレット や飛び跳ねるティガーが最高にかわいいのも魅力的です。

また、クリストファー・ロビンを演じるのは「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービでおなじみ、ユアン・マクレガー。その吹き替えを務めたのは「半沢直樹」の堺雅人さん。

大人になってもどこか暖かい姿は、
誰が見てもクリストファーだと思います。

今後のディズニー実写映画化プロジェクトが楽しみになる作品です。


https://youtu.be/hwnYBzYYS_Yより

【お知らせ】
この度、「僕のシネマノート」の
インスタグラムを開設いたしました!
下記のURLから飛べますので、
気に入りましたら
フォローよろしくお願いします。
(ユーザー名で検索の場合:cinemanoteofficial)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

映画ランキング

映画評論・レビューランキング





コメント

【時をかける少女】2006年(日本)

2018-07-16 15:18:11 | 日記


「時をかける少女」(10周年劇場予告)


お久しぶりです、コウタです。

何ヶ月ぶりかのブログです。




細田守監督の作品は大好きなのですが、ひとつだけちゃんと観てなかったものがありました。

それが、「時をかける少女」

この度初めて観ることができました!










あらすじ


高校2年生の夏、真琴(まこと)は、
医学部志望の功介(こうすけ)、
春に転校してきた千昭(ちあき)という
二人の同級生と遊び友達として楽しく毎日を過ごしていた。

ある日真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故の瞬間、時間を跳躍する不思議な体験をする。
叔母の芳山和子(よしやまかずこ)に
相談すると、それは「タイムリープ」といい、
年ごろの少女に「よくあること」だと言う。

真琴は、手に入れたその力を
ツイてない日常のささいな不満や欲望の解消に進んで使い始めるようになった。
突然おとずれたバラ色の日々。

ところが、タイムリープできる回数には限度があったのだ。

千昭真琴への突然の告白を「なかったことにしよう」としたり、
功介と同級生の果穂(かほ)の仲を取りもとうとしたりしたことで
残りの回数がついに1回に。
そして千昭にタイムリープしているんじゃないかと指摘され
動揺した真琴は、最後のタイムリープを使いきってしまう。
すると、真琴の目の前を、ブレーキが故障した真琴の自転車に乗った功介果穂が横切る。
自転車が踏切に突入し、2人の体が宙に投げ出され、
真琴が「止まれーー‼」と叫んだとき、時間が静止し、千昭が現れた。

千昭は未来から来たことを真琴に告げ、この時代の、この場所の、
この季節にしかない「ある絵」を見るためにタイムリープしてきたと語った。
そして過去の人間にタイムリープの存在を知られてしまったからには、
もう真琴と会うことはできないと言って姿を消したのだった。

和子は、打ちのめされた真琴に、自分が高校の時に好きになった男の人を
ずっと待ち続けた体験を語る。自分と真琴とは違う。
待ち合わせに遅れてきた人がいたら、走って迎えに行くのがあなたでしょう、と。

真琴は、自分のタイムリープ能力がもう1回だけ復活していることに気付いた。
真琴は、自分が最初に千昭に会った、
あの日のあの場所に戻るため、最後のタイムリープをする。
今度こそ、自分の本当の気持ちを
千昭に伝えるために、そして
そ「かけがえのない時間」を
取り戻すために。

http://www.studio-chizu.jp/project/tokiwokakerusyoujyo.html
(スタジオ地図 公式ホームページより)






感想

この映画は原作の小説
「時をかける少女」とは別の物語!

原作の小説を読んだことがないので詳しいことは知らないのですが、原作の主人公の“姪っ子”がタイムリープを通して冒険する、タイムリープに関しては同じなんですね。

この映画を観てまず感じたことは、
「自分の何気ない行動が人の苦労を踏みにじんでしまう」
と言うことですね。
結局、千昭が彼自身の時代へと戻らなければならなくなってしまった時、
彼が真琴に告白することは…

今わたしたちが暮らす世の中で、現代の科学では時間を旅することはできません。
人生は一方通行、徳もあれば損もあります。
ささいなことから起こった災難の悔しさと言うものを大変感じさせられました。

よくありがちなキャッチコピーで、
“ひと夏の不思議な体験”
のようなものがありますが、まさにこのようなことなんだと。

いつか、真琴と千昭が
再開ときがくるのでしょうか?






GOOD NEWS

ななななななななななんと!
来週、7月20日と再来週は
スタジオ地図特集ということで
「時をかける少女」と「バケモノの子」
が放送されます! とても嬉しいことですね


コメント

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】2016年(アメリカ)

2018-03-19 19:14:09 | 日記
コウタです。

先日ようやく観れた映画は、
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅。

実はこの映画、公開されたのは2016年。
最終章である「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」
が公開してから5年。

しかしおととしは色々と忙しくて、映画を観る余裕すらありませんでした。

「ハリー・ポッター」シリーズも大好きで、
個人的には第3作の「アズカバンの囚人」が一番好きです。





あらすじ

舞台は1926年のアメリカ・アリゾナ州へ向かう途中の経由地・ニューヨークへと上陸したイギリス人の魔法生物学者ニュート・スキャマンダー。途中で、「魔法使いは実在し、危険である」と主張しているメアリー・ルー・ベアボーンとのスピーチを聞いていた。彼女はノー・マジである。(ノー・マジとは、マグルのアメリカでの呼び名。マグルとは、魔法使い以外の人々のこと。)スピーチに集中しているニュート。彼のスーツケースからビースト(魔法動物)のニフラーが逃げてしまった。気付いたニュートはニフラーを探しているときに、メアリーと同じくノー・マジであり、缶詰工場職員であるが将来はパン屋を開くことを夢見るのジェイコブ・コワルスキーと出会う。銀行へ逃げたニフラーを捕まえることに成功したのだが、銀行強盗と間違われ追われてしまったため、別の場所へとジェイコブを連れ魔法の力で瞬間移動。記憶を消すことをアメリカの法律により魔法を見てしまったノー・マジの記憶は消さなければならないのだが、ニュートはジェイコブに逃げられてしまう。その時ジェイコブはニュートの魔法動物を飼育しているスーツケースを自分のと間違えて持って行ってしまった。自宅へ着いたジェイコブも自分のスーツケースじゃないことに気付いたのだが、驚いたあまりにビーストたちを逃してしまう。重要な目撃者となったジェイコブは記憶を消されることはなく、一連の流れを全て見ていたアメリカ合衆国魔法議会の「闇祓い(やみばらい)」である、ティナ・ゴールドスタインは、ニュートとジェイコブを自分の家に匿い、逃げたビーストたちを一緒に探すことに。
アメリカでは不可解な事故が続いていたのだが、ニュートいわくそれは“オブスキュラス”の仕業だと言う。オブスキュラスとは、魔力をコントロールできない魔法使いの子どもの内に潜む寄生物で、ニュートはかつて10歳だった少女から抜き出したものをスーツケースに保管していた。しかし、アメリカ合衆国魔法議会は全てはニュートが逃したビーストが原因であるという。誤解を解くためにもオブスキュラスを捕まえなくては。
その一方、メアリー・ルー・ベアボーンの養子でありながら彼女からひどい虐待を受けているクリーデンスという少年。彼に近づいたのは、合衆国魔法協議会のパーシバル・グレイブズ。オブスキュラスを見つければメアリーから逃がしてやると言われたクリーデンス。しかしパーシバルには裏切られ、精神状態が不安定になった彼は自らオブスキュラスになってしまった。
街で暴走するオブスキュラス。
果たしてニュートたちはクリーデンスをオブスキュラスから助けることができるのか?自分たちの誤解を解くことはできるのか?





感想

ハリー・ポッター シリーズに勝る面白さでした。
無理やり欠点を探せと言われれば、CGで描かれたビースト。もう少しリアルであれば…というくらいです。

特にすごかったのは正確に計算されたストーリー。ニュートとジェイコブがお互いのスーツケースを間違えてしまったそこから次へとストーリーが展開されていく。魔法でできたニュートのスーツケースの中は彼の研究室やビーストたちの暮らす広い空間となっていて、ビーストの餌やりをしていたジェイコブがそこでオブスキュラスを見つけてニュートが説明する。次に街でオブスキュラスが暴れる。かなり計算されていますね。

つまり、ハリー・ポッター シリーズを見たことがない人でも100%楽しめる。逆に、「アルバス・ダンブルドア」の名前が出てきたりしてハリー・ポッターとの繋がりも見れるので、ハリー・ポッターが大好きな人からしても最高におもしろい映画です。





オブリビエイト

忘却術、つまり記憶を消す呪文のことです。

魔法を見てしまったノー・マジは、オブリビエイトしなければならないとアメリカの法律で定められています。

この映画ではかなり大事な呪文。

本作の主要な人物は、魔法生物学者のニュート・スキャマンダー。缶詰工場で働いているがパン屋になって美味しいパンを作ること、新鮮でおいしいごちそうを作ることを夢見るジェイコブ・コワルスキー。事件を起こして降格してしまったアメリカ合衆国魔法協議会のティナ・ゴールドスタイン。ティナの妹であり、レジリメンス(人の心を読む力を持っている魔法使い)のクイニー。

この4人の中に1人だけノー・マジがいます。そう、ジェイコブ・コワルスキー。彼がいなかったら一連の事件は片付かなかったでしょう。ニュート、ティナ、クイニーからも愛され、とても心の優しい人物。特にクイニーとはほとんど恋人関係にもありました。

この映画で一番号泣する場面だと思います。僕も映画で泣くことは滅多にないけど…泣きました。





忘却術は強力な魔法使いなら破ることができる⁉︎

ここで、今年の11月23日(金・祝日)に公開する続編
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの誕生
の、予告編を観てみましょう。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
予告【HD】2018年11月23日(金・祝)公開


なんと…

彼がいるんです、オブリビエイトされたはずの。

そう!ジェイコブ・コワルスキーが。
そして、のちにホグワーツ魔法学校の校長になる、
若きアルバス・ダンブルドアが!

忘却術(呪文の名前:オブリビエイト)は、強い魔法使いなら破ることができるそうです。しかし彼はノー・マジのはず…。

どういうことなのか⁉︎ とても楽しみです。




まとめ

実は、
ファンタスティック・ビースト シリーズ
最初は三部作の予定だったそうです。

しかし2016年10月に、
原作者であるJ.K.ローリングがこのシリーズは5本の映画から
構成されるとコメントしました。

つまり5部作!まだまだ楽しめます♪



コメント

【ルパン三世 ルパンvs複製人間】1978年(日本)

2018-03-15 13:13:23 | 日記
こんにちは、花粉症重症者のコウタです。

かなり久しぶりの投稿となってしまった今回は、4月から新シリーズが始まる国民的アニメ。
そう、「ルパン三世」!!その映画を観ました。

記念すべき第1作、
劇場版「ルパン三世」。のちに他の作品と区別するため、
「ルパン三世 ルパンvs複製人間(クローン)」という名前に変わりました。


まずは簡単なあらすじから。

ある男の死刑が執行された。男の名前はルパン三世。司法解剖の結果本人であることは間違いなかったが、ICPOの銭形幸一警部はただ1人それを信用できずルパンの墓へと向かった。しっかりと棺桶のなかでルパンは眠っていたが突然誰かの笑い声。後ろには死んだはずのルパン三世が。「貴様は…死んだはずだ」という銭形の言葉に「らしいな。んでおれもまいってんのよ」とルパン。ルパン本人も何が起こっているのか分からない様子。
それから数日後ルパンは不二子の依頼を受け次元と五右ヱ門を連れエジプトに。ピラミッドに眠る「賢者の石」を見事に盗み出したルパンはまんまと不二子に手柄を奪われる。不二子は自分を雇った「マモー」という男に石を渡すが、ルパン達はそれを奪い返す。ルパン達はマモーの怒りを買ってしまい、アジトを次から次へとアジトを壊されてしまう。またもや不二子に裏切られ睡眠薬で眠らされたルパンは拉致されてしまう。それを追って次元と五右ヱ門はマモーのアジトがある島へとのりこみ、見事ルパンを救出しマモーを始末することに成功した。はずだった。
ホテルに戻ったルパン達を再び脅すのは死んだはずのマモー。そのまま不二子をさらっていく。
果たしてルパンはマモーの秘密をあばけるのか?マモーとは一体何者なのか?



何度もテレビで観た作品ですが、最初から最後までしっかり観たのはおそらく初めて。もしくはだいぶ前で記憶がないか。





ルパン三世といえば誰もがこの第2シリーズ、通称「ルパン三世PART2」を思い浮かべるでしょう。コミカルなやりとりに計算されたストーリーの痛快アクション、まさに老若男女を虜にしたルパン三世。

しかしこの映画のターゲットは大人にしぼられ、作風も“PART1”の前期のようなシリアスな感じに。これは制作スタッフも「初期の頃の大人向けのルパンが見たいという声にお応えします」と認めていたのですが、いざ公開となると中高生からも人気を集めました。

ぼくがこの映画で一番好きなシーンは、冒頭で、生きていたルパン三世を銭形のとっつぁんが追いかける。ただそれだけのシーンなんです。しかしそこに、とっつぁん&ルパンが警察と泥棒という関係を超えた何かが伝わってくるんです。
追われるルパン、追うとっつぁん。2人のモデルとなったのは、有名な「トムとジェリー」。
わかる気がしますね。


おまけ【銭形警部には子供がいる⁉︎】
そうなんです。ICPOの長官が直々にとっつぁんに会いに行き、「娘はとしこちゃんだったかな?」と聞いて彼女のためにも任務を降りなさいみたいなことを言うんです。とっつぁんに子供がいるという設定があるのは本映画と「ルパン三世 風魔一族の陰謀」のみ。「風魔一族の陰謀」についてはまた改めて観たときに紹介できればと。

(写真:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQfROsjTocLJK6fCwyci8IEh7Qw0dEbAXUr_HHzT9YXA3QPWZGN より引用)



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へにほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村

映画ランキングへ

映画(アクション・アドベンチャー)ランキングへ

映画(アニメ)ランキングへ

映画評論・レビューランキングへ


コメント

【ミクロキッズ】1989年(アメリカ)

2018-03-06 13:51:55 | 日記
さてさて今日は、あのディズニー不朽の名作「ミクロキッズ」を観ました。
というのも、先日テレビでやっているのを途中から観ていたら、
「あれ?こんなシーンあったっけ??」
とか、
「ああ!こんなこと言ってたのか」
などなどと久しぶりに観ると忘れてしまっていることが多々ありました。


さて、簡単なあらすじはというと、
科学者のウェイン・サリンスキーは、長年 “物体縮小装置” の研究・発明に努めており、その部屋へと窓ガラスを破り野球ボールを飛ばしてしまった隣の家に住んでいる少年ロン・トンプソンは兄のラスに連れてこられ研究室に入ったボールを取らせてもらうことに。取りに行ったロンウェインの息子のニックはなんと、失敗かと思われていた物体縮小装置によって身長6mmに縮んでしまいます。そんなことは知らないラスニックの姉のエミーも、ニックたちを呼び戻すため研究室へと足を運び縮んでしまうのです。
他の研究者たちに馬鹿にされ家に帰ってきたウェインはもちろん装置が成功したとは知らずヤケになって装置を壊し、崩れ落ちた部品とともにニックたちをゴミ袋に入れ数10m離れた庭の端へとゴミ袋を捨ててきてしまいます。さて、ニックたちはジャングルのような危険な庭から、無事に家までたどり着けるのか?ウェインは彼らを見つけられるのか?そして元の大きさに戻れるのか…?

以下、ネタバレあります。ご注意ください m(_ _)m
僕が一番感動したシーンは最後、ラスロンの父親、ラッセルウェインの2人が握手を交わすところです。2人は映画の初めから意見が合わず、良い中とは言えませんでした。というのも、ウェインは科学者、ラッセルはガチガチの体育系オジサンですから、意見が合わないのも当然でしょう。

「ミクロキッズ」を初めて観たのはいつか覚えていません。1989年公開、生まれてないですよ…でも幼いながらにとても衝撃を受けたのは覚えているんですよね。今観ても面白いんだから。

まだ観たことない人はぜひ観てみてください! 一度見たことある人も、新しい発見を探して見ては?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村">人気ブログランキングへ">にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へにほんブログ村">にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村"> very人気ブログランキングへ">エンターテインメントランキングへ">映画ランキングへ">映画(SF・ファンタジー)ランキングへ">映画(アクション・アドベンチャー)ランキングへ">映画評論・レビューランキングへ">





コメント