教会学校奮戦記

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の全国各地の教会学校を紹介します。

豊川キリスト教会 2月24日の教会学校

2018年02月26日 | 豊川キリスト教会
「エジプト脱出」のおはなしです。
(出エジプト記 1-15章)

イスラエル人はエジプトで奴隷として暮らしていました。
モーセはイスラエル人でしたが、赤ん坊の頃
エジプトの王女に拾われ、王女の息子として不自由なく成長しました。
しかし、モーセはの乳母はモーセの本当の母だったので、モーセは自分が
イスラエル人であることを知っていました。
モーセは大人になりました。ある日、イスラエル人がエジプト人にひどく
いじめられているのを見て、いじめていたエジプト人を殺してしまいました。
王様に見つかり、モーセは殺されそうになり、逃げ出しました。
その後、モーセは羊飼いの仕事をしてひっそり暮らしていました。
結婚し、子どもも生まれました。
ある日、モーセは柴が燃えているのを見つけました。しかし、柴は
焼けていませんでした。神様は柴の中からモーセを呼び、イスラエル人を
エジプトから連れ出すように命じました。
それからモーセはエジプトの王様に何度もお願いしました。
王様はイスラエル人を自由にしてくれませんでした。しかし王様が断る度に、
エジプトに災いが起きるので、ついに王様はイスラエル人がエジプトから
出て行くように命じました。
イスラエル人たちは急いでエジプトから脱出しましたが、王様の気が変わって
エジプト軍が追いかけて来ました。
海のところまで追い詰められましたが、神様が海を割り水と水の間の道を
イスラエル人たちは通って逃げることができました。
神様は海をもとどおりにしたので追いかけてきたエジプト軍は海を渡ることは
できませんでした。

子どももたちは真剣に聞いていました。
神様は奇跡を起こせます。神様を信じる人々を助けてくれます!



コメント

豊川キリスト教会 2月17日の教会学校

2018年02月21日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、ヨハネの福音書 3章16節です。
「イエス様の十字架と復活」のおはなしです。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、
世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして
滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネ 3:16)

イエス様は、イエス様に反対する人々に捕まり、
十字架にかかられました。
そのつらい出来事は父なる神様のご計画であり、
私たち人間の罪を背負うという意味がありました。
しかし、イエス様は十字架にかかられ、死んだ後に復活しました!
私たちは、イエス様を信じることによって救われます。
それは、イエス様を信じる者がひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためです!感謝しましょう!


コメント

豊川キリスト教会 2月10日の教会学校

2018年02月14日 | 豊川キリスト教会
「ノアの箱舟」のおはなしです。
(創世記 6-8章)

地上に人が増えていきましたが、人々の心は悪に傾き
地上に悪が増えました。
神様は地上に人を造ったことを悔やみ、地上から人や
家畜を消し去ろうとしました。
しかし、ノアという人は神様の心にかなっていました。
神様はノアに箱舟をつくり、そこにノアの家族と、
すべての生き物を二匹ずつ(雄と雌)乗せるように命じました。
ノアは神様に言われた通りにしました。
その後、雨が降り続き、大洪水になり、箱舟に乗っていない
人や動物はすべて死にました。
箱舟に乗っているノアたちは大丈夫でした。

私たち人間はほうっておけば、悪くなります。
神様のことを忘れて、悪いことを楽しむようになります。
私たちはいつでも神様のことを忘れないように気をつけましょう!

コメント

豊川キリスト教会 2月3日の教会学校

2018年02月06日 | 豊川キリスト教会
「ルツ」のおはなしです。
(旧約聖書のルツ記です)

ナオミという女の人は、イスラエル人でしたが、
モアブという外国で暮らしていました。
しかし、ナオミの夫は死に、息子がふたりいましたが
息子たちも死んでしまいました。
ふたりの息子は結婚していたので、ナオミと兄嫁のルツと
弟嫁のオルパの3人が残されました。
ナオミはイスラエルに帰る事にしました。ルツとオルパには
それぞれ自分たちの実家に帰るように言いました。
オルパは帰って行きましたが、ルツはナオミの行くところについて
行くと言って、一緒にイスラエルに行きました。
ナオミは神様を信じる人でした。ルツもナオミとともに神様を
礼拝して生きたいと願っていました。
ルツは落ち穂拾いの仕事をしました。そこはボアズという人の土地でした。
やがてボアズとルツは結婚し、オベデという男の子が生まれました。
オベデはダビデ王のおじいさんです。

神様を信じて生きることが一番大切なことです。ナオミもルツも大変な
つらいことがありましたが、神様を信じることをやめませんでした。
そして、神様は大きな祝福を下さいました!

コメント