教会学校奮戦記

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の全国各地の教会学校を紹介します。

シャロンキリスト教会~興味~

2017年05月31日 | シャロンキリスト教会
 教会に来るきっかけはさまざま。

親や祖父母など、家族に連れられて来る子ども。

友達に誘われて来る子ども。

チラシやホームページを見て来る子ども。

日曜学校のイベントを聞いて来る子ども。

また、教会に興味を持って来る子ども。


最近、教会はどういうところ?

知りたくて教会に来始めた子どもがいました。

初めての教会。

教会って何?キリストって何?十字架の意味は?

知りたいことはたくさん。

いつも一生懸命、聖書のお話しを聞いてくれています。

お話しの内容は、どれも初めて聞く話し。

いつも驚いています。


子どもたちの「知りたい」「疑問を持つ」「考える」

この姿はとても大切だな~と感じました。

コメント

シャロンキリスト教会~母の日~

2017年05月31日 | シャロンキリスト教会
 毎日暑いですね~。

5/14は母の日。

日曜学校では、日頃の感謝を込めて、お母さんへメッセージカードとお花をプレゼント。

子どもたちは、一生懸命考えて文字を書き、おしゃれなメッセージカードを作成。

お花は事前に用意しました。

折り紙で作り立体的に。割りばしにテープを巻きつけて茎にしました~。

華やかですね!


そして、礼拝が終わったら子どもたちはさっそくお母さんに渡していました。

お母さんたち嬉しそう!!


そして、私も息子からもらいました。(自分で書きましたが・・・(笑))

初めてです(笑)





母親になるととても嬉しい気持ちになりますね!

これからもがんばろう!という気持ちになります。

コメント

豊川キリスト教会 5月27日の教会学校

2017年05月29日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、イザヤ書41章10節です。

恐れるな。わたしはあなたとともにいる。
たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
わたしはあなたを強め、あなたを助け、
わたしの義の右の手で、あなたを守る。
(イザヤ 41:10)

聖書のおはなしは「ダビデとゴリヤテ」です。

イスラエル人とペリシテ人の戦いの時、
ペリシテ人の代表戦士としてゴリヤテという、
身長3メートルほどの大きな男が出てきました。
イスラエル人たちは非常に恐れて誰も戦いに出て
行けずにいました。
しかし、まだ少年だったダビデは、恐れずに
ひとりでゴリヤテに立ち向かい、勝利しました!
ダビデは必ず神様が勝たせてくださると信じていました。


こどもたちは、いつも以上に興味を持って聞いていました!
コメント

豊川キリスト教会 5月13日の教会学校

2017年05月15日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、テモテへの手紙 第二 3章 16節です。

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと
矯正と義の訓練とのために有益です。
(2テモテ 3:16)

聖書は紀元前1500年頃から紀元100年頃までの約1600年の
間に40人くらいの人々によって書かれたと考えられています。

記者がいますが、神様の霊感によって書かれたため、
神様の言葉であると、私たちクリスチャンは信じています。

子どもたちは半信半疑で聞いていました…!
コメント

豊川キリスト教会 5月6日の教会学校

2017年05月07日 | 豊川キリスト教会
聖書のみことばは、箴言27章17節です。

鉄は鉄によってとがれ、
人はその友によってとがれる。(箴言 27:17)

鉄は柔らかいものでといでも削れません。
鉄は鉄でといで、有益なものに形を変えることが
できるのです。(包丁、フライパン、鉄筋など…)

人はその友によって洗練され、成長していきます。
しかし、時には友人とケンカしてしまったり、
また、友人たちの中に嫌だなと思う人がいることも
あると思います。

「とがれる」というのはその時は痛いものです。
辛い時こそ大事な時だと思いましょう。

子どもたちは真剣に聞き、祈っていました。
その後は、みんなで元気に遊んでいました。感謝!
コメント