koheiのおもちゃ修理記録

宇部おもちゃ病院 毎月第2土曜日 13:00~16:00
宇部新天町の西の端、市民活動センターで開院してます。

9/26 プリモメンテ79件目:コプエルタイプB

2021-09-26 | プリモプエル
「修理のみ」で受け付けたものがどんどん来るのを何とか頑張って、とうとう入院の子が1体もない週末w。土曜日はウチの子の基板にオシロ繋いで信号観測とか、今日はarduino引っ張り出してごそごそとかしてましたが、それもわずかなひと時…。日曜の昼前に「修理のみ」の到着ですw。

タイプBコプエルの「チビちゃん」、修理のみでの入院です。速攻で終わらせます!

「スイッチがだんだんダメになってって、ついにはウンともスンとも言わなくなった」との事。確かにウチの電池を入れても、全く音が出ません。スピーカか?と思いましたが、コネクタに別スピーカ付けてもやはり音がしないので、BOXあけてみます。
まず目についたのが、「とんとんセンサー」のバネが引っ掛かっちゃってます。
これは…見た事ないですね、どうしたらこうなるのでしょうw。あと、電源スイッチがなんかほこりっぽいですね。でもこれは、導通問題なしでした。とりあえずこの「とんとんセンサー」をなんとかせんば。
とりあえず外してみたけど、バネが歪んで周りに常時接触しちゃってます。裏のハンダ付けを外して、バネを一旦外しましたが、修正困難…。途中で曲がってちょっと斜めになってるのを、重力でちょうどいい向きに付け直して、ボチボチよさそうになりました。

「全く音がしない」は、ヒューズの切れでした。何故切れたかは不明ですが、ヒューズ取り替えたらちゃんと動くようになりましたが…、両手・しっぽ・胸、スイッチ全て×でした。引き続きスイッチ類の補修に入ります。
1個ずつ片付けてこうかと思いましたが、やっぱり全部出してみたw。

でも結局1個ずつやる事になったw。まずしっぽ。

ばっちり2本とも切れてます。片方はハンダ付けの付け根で、もう1本はスイッチBOXの出口付近で切れてますね。

次、右手。

これもやはり、片方はハンダ付けの付け根で断線、もう1本はスイッチBOXの出口付近で切れる寸前、被覆も芯線も切れて、補強糸だけで繋がってる状態。(つまり銅線としては断線です。)

左手。

これもやはりで、片方がハンダ付けの付け根で断線。もう1本は一応繋がってました。
両手・しっぽスイッチ:計3個、全ていつも通りアルコール付けた綿棒で拭いて整備。配線は切り縮めでそのまま使いました。

胸の「ハートスイッチ」も×。クリック感も全くなくなってました。取り替えるのですが、

足を折ってハンダ付けされてる、外しにくいヤツ。あー、面倒だった。
(左に写ってるのが取り替える新品のタクトスイッチ。あと、上に茶色い抵抗型の部品、取り替えた1A用ヒューズです。)

これで動作確認。ばっちりですね、新たにうちの家族になった黒のコプエルちゃんとの「ごっつんおしゃべり」もばっちりでした。
工程数が多くてなかなかめんどうでした…。固定の糸切って結んで、基板固定の樹脂を削って基板外して、鉄片めくってアルコールで拭いた上、接点復活剤を吹いて余分を拭いて、配線をハンダ付けし直して、裏側にホットボンド流し込んで裏を固定して、配線出口にもホットボンド掛けて配線固定して…を3カ所w。
「疲れた~」と思いましたが、時計見たら1.5時間ぐらいしか経ってませんでしたw。

さてこれで、明日の朝まで動作確認して、すぐ退院予定ですw。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 9/24 プリモメンテ75件... | トップ | 10/2 プリモメンテ81,82... »

コメントを投稿