お山のあしあと

子連れの山登り応援しま~す。
我が家のお山遊びがお役に立てれば嬉しいなぁ。
フル3:10:17 ハーフ1:28:02

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第67回別府大分毎日マラソン 18/2/4

2018年02月06日 | 別府大分毎日マラソン

 

67回別府大分毎日マラソン

 

去年は、別大の女神様が降りてきて、

4年ぶりに3時間15分を切った(ネットタイム)から、

スタート地点の、近いこと、近いこと、近いこと。

 

 

朝は氷が張って、芝生に薄っすら白くなる位に雪がちらつき

風もあって、寒みぃー、寒みぃー、寒みぃー。

 


(スタート時晴れ、気温4度、湿度67%、北北西の風3.8m)

別大連続 6年生   「On Your Marks

私の別大、よーい、ドン!

 

去年のTVアナウンサーの、中継のスタート実況。

「世界と戦う覚悟を決めたランナー達、ジワリとアクセルを踏み込んだ瞬間です。」

 

 

何度聞いても、好きだわ~~~

 

 

 

10,000人以上の走る大型の都市大会と違って、整列時間は20分ぐらいだけど

走り出しても、暖機運転しないと、体が回らない、回らない、回らない。

 

Start 2004位ぐらい   男性 3674人エントリー / 完走者 2807

 

 

いつもは一塊になった、パッ、パッ、パッ、

乱れない足音の集団、「あぁ~、私、レースしてる!」って

大合唱に、うっとりする時間なのに、今年の整列した場所では、

乱れまくる、雑音。

 

後方のゼッケンが、突っ込んは抜かしていく、バンバン、どんどん。

陸連未登録でも、4000番前半のランナーは、サブ3に近い人だから分かるけど

4500番台とか、4700番台の、持ちタイムが3時間25分ぐらいのランナーが、

混雑の中、右から左から、次々に横切って、ぶつかる、ぶつかる、腕や足。

 

 

 5k 2326 2436位ぐらい 432

入りは、こんなもんでしょう。

7kぐらいでやっと落ち着き、TV中継車とスライド。

 

 

10k 2331 2537位ぐらい 101

坂を上って下って折り返し、もう一度上った所から

体が押される位の追い風、ビュワ~~~ 午後からの予報は8m。

 

あっ、楽。 体も温まって、毎年この区間が最速になるから、

調子に乗らない、調子に乗らない、乗らないよ。

35kの折り返しからは、向かい風だよねぇ。 

 

15k 2319 2555位ぐらい ↓ 18

 

 

別府をサヨナラする頃に、スッと小柄な女性。

Tシャツの背中に「百花繚ラン」

座布団1枚! 

 

「月下美人」でも良いんじゃないの? と、後を追う。

ほくそ笑みながら…いひひひっ

 

20k 2330 2557位ぐらい ↓  2 

 

 

私を超えて行った、551人のチミら、随分と可愛がってくれたやん。

そろそろ、倍返し作戦、開始…おりゃっ!

 

 

中間点 2541位ぐらい     ↑ 16

 

「百花繚ラン」のお姉さん、体の軸がブレず、安定してるわ。

そりゃ、別大を走れるような女性は、国際レースも目指しているぐらいだもんね。

女性 226人エントリー / 完走者138

 

 

25k 2323 2511位ぐらい ↑ 30

 

 

今年は逆風で、中継ヘリは見えるけど、優勝者の花火は、聞こえなかった…

 

30k 2311 2401位ぐらい ↑110

 

 

倍返し作戦はしているけど、時計を見ると、そんなに上がってないタイム…うううっ

35k 2311 2248位ぐらい ↑ 47

 

 

折り返してやっぱり、向かい風、びゅわぁ~~~ 寒みぃーーー!

 

2年前に収容バスに回収された、私の大嫌いな、「三海橋」

ここの小刻みの3回のアップダウンが、風の通り道で、寒いのなんのって!

 

一気に体温を奪われて、足が急激に動かなくなった…あれまっ

今年も苦しめられるとは…憎っくき「三海橋」とほほほっ

 

でも、風のない所に進んで日差しを感じたら、不思議に回復。

40kに向かう市街地の直線でも、3回ぐらいは風にイジメられたかなぁ

 

 

小柄な女性で、この風は厳しいよね。「百花繚ラン」のお姉さんを振り切ったら、

スッと、2800番台の白シャツの、この方も小柄な女性だけど

「百花繚ラン」の女性より、お尻がデカイ。

 

残り5kぐらいで上げていったんだけど、抜きつ抜かれつ、並走。

パワーがあるわ。お尻がデカイって…


40k 2340 2051位ぐらい ↑197

 

 

この女性が息を喘ぎながら、ちょこまか、ちょこまか、前へ、前へ、前へ。

舞鶴橋の手前を右折して、残り1kスパート合戦。

 

緩やかな下りで、周りも一気にスピードが上がり

簡単には抜かせてくれない。競技場内に入る、2つの狭い右カーブで

白シャツ女性は、右に並んで被さってくる男性2人より早く、スルッと通過。

 

私はしっかり、通せんぼ…あたたたっ!

 

 

トラックに入っても、2人だけは違ったスピードで、第三、第四コーナーへ。

 

電光板が続くゴールが、ロックオン。 20mぐらいが縮まず…フィニッシュ~~~


F    944

 

 

 

 

レース内容としては、この気象条件で、スタートからゴールまで、

5k毎 2320 ± 20秒と、びっくりするぐらい超安定。

 

それに前半より後半の方が1分早い、理想的なレース。

 

 

持ちタイムのスタート順位より、前でゴールしたことは

これはこれで大満足なんだけど、記録を狙うなら

 

前半…サボっているか、

スピードが出ない、ポンコツの私は、早めの勝負開始やなぁ…

 

 

おしまい

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第66回勝田全国マラソン 18/... | トップ | 第22回 東日本国際親善マラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

別府大分毎日マラソン」カテゴリの最新記事