小春日和

小春日和のリスの小春は2017年7月2日に虹の橋を渡りましたが思い出をいっぱいくれた小春の名前のままblogを続けます。

合同慰霊祭

2017-09-25 | 日記
合同慰霊祭、今年も行ってきました。

毎年、動物愛護週間にあたる日曜日に開催されます。

昨日は曇ったり晴れたりの天気で

丁度よい気温でした。

先日の台風による大雨で

ダムの水もいっぱいです。

  
  

奥道後から送迎バスに乗って霊園まで行きます。

バスは霊園に向かう人でいっぱいになりましたが

お昼頃に行ったので

着いてからの混雑はありませんでした。

  

塔婆とお線香をもらって移動。

スタッフの方にお線香に火をつけてもらい

塔婆供養の申し込み用紙をお坊さんに預けます。

お経が読まれる前に

施主とペットの名前が確認されます。

今年も名前にフリガナをふっておいたので

問題なく確認していただけました。

『○○さん、愛りすヒナ·モナ·小春ちゃん』

『はい』

でも、毎年何かが起こる名前の読み上げ

次の方の確認のとき

施主さんに『○○ちゃん』と言ってしまったお坊さん

それを聞いて笑いをおし殺してニヤツク小春父

一番笑っていたのは

言い間違えたお坊さんでした

そんなほんわかしたこともありつつ

お経をあげ供養して頂きました。

  

午後からは主に

お墓をもっておられる方の供養があるようです。

  

慰霊祭の時は納骨堂も閉まっていて

みんなの顔をみに行けません。

また日を改めて逢いに行く予定です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 打って変わって | トップ | 3回目の月命日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
亡くなるのは悲しいけれど (ひめ)
2017-09-26 00:25:10
こんなにも愛された家族(ペットさん)がいるって、お写真を拝見していて
…変な言い回しですが、嬉しい気持ちにもなります(;ω;)

ヒナちゃん、モナちゃん、小春ちゃん。
お母さんが来てくれたこと、みんなきっと喜んでいますね
素敵な森の中の霊園で、こんな時には木々の間から
そっとお顔を覗かせているかもしれませんね(*´∀`*)
遠くからですが、リスさん達のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Re:亡くなるのは悲しいけれど (ひめさんへ)
2017-09-26 13:44:51
ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
この霊園は森(というか山ですかね)の中にあって、今年で35周年になるそうです。最近では綺麗に整備された『メモリアルパーク』が主流かもしれませんが、りスッ仔たちには自然のなか四季の変化が楽しめるここがあっているかなと思います
毎年沢山の方が慰霊祭に参加されています。亡くなっても大事な家族という気持ちはみんな同じですね。
空の上で穏やかに過ごしてくれることを願いました

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事