小春日和

小春日和のリスの小春は2017年7月2日に虹の橋を渡りましたが思い出をいっぱいくれた小春の名前のままblogを続けます。

少年よ、ありがとう!

2018-08-21 | 日記
少し涼しくなってきたかと思っていたのに

今日はまた厳しい暑さに逆戻り

日中、車内の温度計は37℃を超えていました

信号待ちをしているときに目にした光景。

強い日差しを避けるようにして

歩道橋の下で寝転んでいるご老人

そこには生活感が漂っています。

(父さんの話では橋の下に住み着いている人だとか)

そこに自転車を押して歩く3人組の男子。

中学生か高校生、どっちだろう?

老人に声をかけ

一人の子がペットボトルのお茶を差し出しました。

熱中症を心配したのかと思います。

もう一人の子は何かはわからなかったけど

食べ物を渡していたようです。

「ありがとう」と言った老人の顔には

嬉しそうな笑顔がありました。

若い子が「ムシャクシャしていたから」と

見ず知らずの人を傷つけたり

何かしらの事件が起きている毎日。

そんな世の中でも

まだまだ捨てたもんじゃないなと思えた出来事でした。

きっと彼たちは

困った人を思いやることができる

優しい青年になってくれるでしょう。


今日は思いがけず嬉しい休日となりました



ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« お外でご飯 | トップ | 砥部焼きのリス »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほっこり (まあ)
2018-08-22 10:22:37
こんにちは~
また暑さがぶり返してきましたね。
とっても嬉しい記事に心がホッコリとしました。
優しい少年たちに幸あれです。
Re:ほっこり (小春母)
2018-08-22 21:36:33
ほんとに暑いですね~(´д`|||)
もう台風の影響かな?
夜になって風が強くなってきてます(^^;

普通なら避けて通りそうなものですが、少年たちは躊躇なく行動してて感心しました(^.^)エライ
あの子達のような優しい子が増えると嬉しいですね(⌒‐⌒)
素敵なお話 (ひめ)
2018-08-23 01:01:47
最近でも[誰でも良かった]という無差別の事件が横行している中で
優しい子はいるんですよね
ご老人によっては、電車やバスの席さえ拒否される方もいますし
良かれとして差し上げる方も難しい世の中ですが
きっと少年たちの綺麗な気持ちが、その方にもスッと入っていったんでしょうね

人も動物達にも住みよい世界になって欲しいと願います
台風 (ひめ)
2018-08-23 01:04:28
そちらは通り道となりそうですね
丁度これから…でしょうか。
どうぞお気をつけくださいね。
何事もなく通り過ぎてくれますように
いいお話ですね (naumi)
2018-08-23 14:45:47
ご老人が笑顔だったのもいいですね

そういえば、高知市内では街中ではなく、海岸近くにそういう方々がたくさん住んでいましたが、ここ1~2年の間に誰もいなくなってしまいましたね
台風の時はボロボロのテントが吹っ飛ぶのではないかと思ったこともあります
皆さん、住居や仕事を手に入れて、普通に生活されているようならいいんですけどね
Re:素敵なお話 (ひめさんへ)
2018-08-23 19:15:56
確かに純朴そうな男の子たちでした
人に親切にすることって恥ずかしかったり
少し勇気のいることかも知れないけど
彼らは自分のお爺ちゃんのように感じたのかな❓
毎日悲惨なニュースばかりきいていると
こういう場面に出会すだけで幸せな気分になります
こんな子たちばっかりになったら
平和な世の中になること間違いなしですね
Re:台風 (ひめさんへ)
2018-08-23 19:30:19
ご心配ありがとうございます。

昨夜は強い風で台風の影響かと思ったのですが
今朝はお天気もよく朝から異常なほどの暑さでした
今も台風きてるの❓ってほど静かです
あと1~2時間すると酷くなるのかもしれませんが
心配されるのは豪雨災害に遭った地域。
追い討ちをかけるような被害がなければいいなと思っています
Re:いいお話ですね (naumiさんへ)
2018-08-23 20:06:11
お爺さんもまさか少年たちが声をかけてくれて
お茶をくれるとは思ってなかったのしょうね
人と会話する機会もそうないのかもしれません。
優しい少年たちの気遣いに嬉しそうだった顔が
凄く印象的でした
民生委員さんなどの働きかけで安全でゆっくり休める場所に
住めるといいのですが...
海岸近くにいた方も気の休まる場所で生活されていると
いいですね

台風は大丈夫ですか❓
大きな台風のようです。
被害なく通り過ぎますように
どうぞお気をつけ下さい

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事