湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)

Life & universe & Japan & daily life

第115話. 人類への信頼を深める方向で② 負の連鎖を断ち切る

2018-06-24 10:51:31 | 雑感 最近思う事
湖畔人です。

前話では、虐待やいじめ等で、この世界を悪しき世界、信頼のおけない世界と思ってしまう人が増える事は、本来の人類の成り立ち、神が人類や世界に掛けた願いからしてあってはならないし、一方でそうした世界は、何となく成り行きで出来上がる物ではなく、積極的に多くの人が人を信頼できる世の中を作ろうと決意しないとそうはならないし、人間神の子の思想の元、丁寧に善業を積み重ねないとそういう世界は出来て行かない、と言う話をさせていただきました。

イジメも虐待も、それらをする加害者は、実は嘗ての被害者であった場合が多いようで、自分がされた辛い出来事を今度は自分がする側に回りウサを晴らしている、それも、ほぼ無意識に行われる負の連鎖なようだ、と、そう言うような事をよく聞くのですが、もしそれが本当であるならば、こうした不幸の連鎖はどこかで止める必要がありますよね。誰かが心を決めて止めないといけません。その事実に気付いた人が、気付いたその日から、腹を括り、私がこの負の連鎖を止めるんだ、私がこの悲しい歴史の最後になるんだ、決して未来には残さないぞ、と強く決意し、実施しないといけませんよね。その決意と実施がどれだけ大変なものかは分かりませんが、でもやらないといけない訳です。是非、頑張って意識して止めて頂きたい所ですね。

でも、もし、カルマ、業、自分が成したことは必ず自分に返って来る、と言う思想が世間に強く根付いていたならば、本来、こうした酷い事は起きないはずなのです。自分が成した酷い事は、何れ自分に返ってくる訳ですから、本来ならそうした酷い事は怖くで出来ないはずなのです。

やはり、こうした不幸の根幹には、人間神の子という思想の欠如、神仏や故人の霊が常に我々の行為全てを見ていると言う霊的世界観の欠如、成したことが全て自分に返ってくると言うカルマの思想の欠如が、こうした負の連鎖の根幹にあると思えるのです。人間神の子、霊的存在、カルマと輪廻の思想をもっともっと常識にしていく必要がありますね。

やはり、この世界は神無しではうまく回らないように出来ているように見えるんですよね。神を否定すると自滅の道を辿る仕組になっているように見えるんです。考えの基本に神を置かないとうまく行かないんですよね。これ本当の話です。

湖畔人
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第114話. 人類への信頼を深め... | トップ | 第116話. 人類への信頼を深め... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑感 最近思う事」カテゴリの最新記事