小浜逸郎・ことばの闘い

評論家をやっています。ジャンルは、思想・哲学・文学などが主ですが、時に応じて政治・社会・教育・音楽などを論じます。

緊急事態宣言に寄せて4

2020年04月24日 01時13分01秒 | 文学


                        高木四郎朝臣六首
震災や コロナ起るや せき込んで あれもゼイゼイ これもゼイゼイ

民の命 失ひけりな いたづらに 銭貴びて ながめせしまに

我が耳も つひに幻聴 聞ゆなり 「保証策 異国に例なし 我世界一」

日の本は 狼少年 栄ゆ邦 嘘を幾度も 皆信じけり

名にし負はば いざこととはむ 自民党 汝が想ふ 民はあるやと

聡き人 さすが次第に 増え来たり つひに起すや 令和ピボット

                        小浜逸郎朝臣五首
見渡せば 店も呑み屋も なかりけり 栄えし街の 春の夕暮れ

汝や知る 都はコロナの 自粛病 流行るを見ても 落つる涙は

忍ぶれど 数に出にけり 廃業は 自粛よきかと 人の問ふまで

吹くからに 民の暮らしの しをるれば むべ安倍内閣を ほら吹きといふらむ

休みつつ 補償無き夜の 続く日は いかに苦しき ものとかは知る



コメント (3)   この記事についてブログを書く
« コロナに関する素朴な疑問 | トップ | コロナ騒ぎで頭の病が悪化し... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (髙木四郎)
2020-04-24 06:57:32
小浜先生の心意気を感じました!
追伸 (髙木四郎)
2020-04-24 07:04:00
東田剛氏の、諧謔精神が漸やく分りかけて来ました(笑)
Unknown (小浜逸郎)
2020-04-24 10:39:22
お褒めの言葉、ありがとうございます。

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事