うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

ZIPPOコレクション 91 ベトナムジッポー・スペシャル

2017-02-01 19:09:32 | 4号室 ZIPPO保管室
2回目のベトナムZIPPOです。
1回目は『ZIPPOコレクション 15』で紹介しています。


ベトナムジッポーは、アメリカがベトナムに本格介入した1962年~1975年4月、南ベトナム大統領が政府軍全将校への即時停戦命令を発した期間、戦場にいたアメリカ兵が実際に使用していたZIPPOライターです。

ベトナムジッポーは人気が高いため、偽物が数多く存在します。
どんな偽物があるのかというと・・・
ライター自体がZIPPO社の製品でない完全な偽物
ZIPPOタイプ、と言われるオイルライターに「いかにもベトナム」みたいな、それらしいデザインが彫ってあったりするもので、専門誌からデザインをパクッているものが多いので、完成度は・・・マヌケなものもあります。

ZIPPO自体は本物、こいつが厄介です。
1962年~1975年当時に生産された無地のZIPPOに専門誌などに掲載されたデザインをパクッてエッチングしたもの。
さらに古さや使用感など、リアルさを出す為に踏んだり叩きつけたりしていたりします。こうなるともう判別は神業に近くなりますね。

他に、ベトナムジッポーの流通年代よりも本体のジッポーが新しいもの(最近のジッポーをベースに作った偽物)、そもそもベトナムジッポーとしてデザインが無かったものを用いて作った偽物、など様々です。
インサイドユニットが偽物の場合もありますが、使用当事に壊れて交換したものもあるようです。
極端に安価で販売されているベトナムジッポーは注意したほうがいいかもしれないですよ。


で、今回紹介するこれの真贋はまあ、置いといて・・・(とはいえそれなりの確認はして、本物だと確信はあるのですが)


表側。・・・読めません(汗)。



裏面はベトナムジッポーに多いデザインの「中指を立てている絵柄」に「尻」。



1964~1965年に製造された(ベトナムでエッチングされた)ジッポーです。



偽物のインサイドユニットを入れているものも多いんですが、これは本物。
ZIPPOの刻印が見えます。
ただ、かなりこすれて薄れているので、光の加減では見えなくなります。



発火石(フリント)を入れるフリントチューブの下、フリントスクリューの形が近代の物とは違っています。
もしかすると壊れて交換修理しているかも。



インサイドユニットの風防が凄いです。
買うときには「ああ、劣化して崩れちゃったんだな」って思ったんですが・・・とんでもない。



これ、以前の持ち主が意図的に切っています。
なるほど、こうして『何か』に火を着ける際に使いやすいように切ったんでしょうね。
古いジッポーは、こういう物語的なものが見れるのがとても楽しいです。



刻印は1963年製。
しかし、刻印は非常に判別しにくいです。



この時代の刻印は、ロゴの左右に小さな点が打たれています。
その点の数で年代を識別しています。
この写真はその刻印の一例です。



10倍の拡大鏡を使って撮影しました。
ロゴの左に点が二つあります。



右側はRの上に点が一つ。
・・・で、1963年製のジッポーだと判別できました。



ヒンジは5個。



とにかく錆びていますが、これは磨かないほうがいいです!



錆びのそのままを楽しみましょう。



たくさんZIPPOを持つと、ひとつはベトナムZIPPOを持ってみたくなるものです(笑)。
・・・多分(笑)。


#ジッポーコレクション#ベトナムジッポー#ジッポーコレクター#ジッポーコレクターブログ
ジャンル:
コレクション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« スズメまみれだよ。 | トップ | ちょっとだけ、むぎまる君2... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まさきん)
2018-10-17 01:16:15
同じ詩が刻まれた66年の物を30年程前に購入して以来日々常用しております。当時私は厚木米軍住宅の近所に住んでいました。よく行っていた古道具屋さんに基地から出てきたベトナムジッポーは沢山安く売られておりました。その中で見た瞬間に気に入ってしまった66年製サイゴンベトナムの刻印が入った物を今日もたばこに火を灯ける道具として常用しております。今は偽物が作られてるんですね。当時は2〜5千円位で売っていました。インナーは劣化していて火がつかない物がほとんどでしたが。
まさきん様 (多趣味部 部長)
2018-10-17 18:26:47
おおお!
それは素晴らしいですね!
古いジッポーほど、常用するとカッコイイですよね~。
2~5千円で販売されていたとは、何とも羨ましい話です。
インサイドユニットは、着火しなくなった場合、発火石を交換する・芯を交換する・発火用のホイールを交換する、の方法がありますが、どうしてもダメな場合は別のインサイドユニットを入れるという方法があります。
経験上、最新のインサイドユニットよりも1980年代ぐらいまでのもののほうがベトナムジッポーには合うようです。
最新の物はアウトサイドユニットに入っても抜けなくなる恐れがありますのでご注意を。
きっと、まさきん様のベトナムジッポーは大切に使ってもらえて喜んでいると思います。
Unknown (まさきん)
2018-10-20 02:39:21
1年以上も前の投稿に突然コメントしてしまいスイマセン。御丁寧なご返答まで頂きありがとうございます。インナーはうちにある調子の良い物を適当に見繕って使っております。ヴィンテージ価値はすっかり無いかもしれませんが、自分にとっては思い入れのある物ですので、これからも日々煙草に火を灯けてくれる道具として付き合っていきたいと思っております。古道具屋で出会った時、ジッポーに興味があった訳ではなかったのですが20個位並んでいた中で一瞬で引き寄せられてしまった物なんです。縁のある人や物との出合いってすごいですね。年月が経つとつくづく思います。
まさきん様 (多趣味部 部長)
2018-10-20 08:00:52
自分にとって大切なものは、価値よりも重要なものがありますよね。
たくさんある中から「あ!これだ!」っていうのを手にすると、長い年月を経てもその後どれほどたくさんの物を見てきても、自分にとって一番大切だってことが不動になっていて、代わりの物がありえなくなってしまいますね。
私の場合は、道具にも心があると思って大切にし続けています。

コメントを投稿

4号室 ZIPPO保管室」カテゴリの最新記事