うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

そうだ、仙台に行こう! (その15)キリンビール工場のショップと『あがいん女川』

2018-08-10 22:41:05 | 67号室 2018年7月 仙台旅行
一番搾りの試飲の後はショップでしょ!


ショップではビールの他にウイスキーも販売されてます。
『富士山麓』と『樽薫る』と・・・なぜか『ジョニーウォーカーブラックラベル』。
キリンのウイスキーはイマイチ人気が無いよね(-_-;)
ジョニーウォーカーは輸入元になってるのかな?
ジョッキもありました~。



ロゴがカッコイイね。
キャップ・・・でも、かぶらないなあ。



Tシャツやパーカーもありました。
ちょっと高い。



キリンビールオリジナルの巨大プリッツと・・・女川市の特産品。
ホタテふりかけとか。



なんで女川市の特産品が販売されてるのかと言うと、キリンビールが復興応援してるんですね。



『あがいんおながわ』っていう認定ブランド品を販売してます。



『あがいんおながわ』っていうのは「again(再開)」と女川の方言「あがいん(召し上がれ)」を掛け合わせたブランド名です。



牡蠣のオリーブオイル漬けとか三陸産わかめの佃煮とか。
あ・・・買ってくれば良かったなあ。



これを買ってしまったので、他のが買えなかった(-_-;)
これは女川産の木を使って作った木彫りのサンマのストラップ。
濃い茶色のほうがクルミ材で白っぽいほうがサクラ材。
両方買っちゃった(笑)。



ショップで買い物を終えて帰ろうってとこで、フロアで展示されていたものに目を奪われました。
女川復興応援!!







女川にはちょっと辛いけど語れる想い出があって・・・。
それは高校生の頃。
友人3人とキャンプに行った時の話です。



宮城県雄勝町の某砂浜で5泊6日の長いキャンプをしたんですが・・・その後半、巨大な台風に襲われました。
テントを設営していたのは砂浜なので、海が大荒れなのがとても良く分かります。
でも、私たちはその時、不思議なドリンクを飲んでいたため「ポセイドンのお怒りじゃ~!!」ってはしゃいでいたんですね。
だってラジオなんか持って行ってなかったからさあ。
情報なんか何も入ってこないしね。
海が大荒れなのに、なぜか全員眠ってしまって・・・気付けばテントが波にやられてるじゃん!!
悪夢のような強風の中、必死でテントをたたみ、時には強風でテントごと飛ばされそうになり・・・。
あ、テントを支えていた時に、一瞬身体がテントごと宙に浮いたんですよ。
あの時は一瞬死ぬかと思いましたね。
それを見た友人は・・・「なに遊んでんだ~。」って優しい言葉をかけてくれましたよ。



死にそうになりながらも状況を楽しみながら何とか近くのバス停に逃げ込むことが出来ました。
運良くガラス戸が閉められるバス停だったので、そこで一夜を過ごしました。
・・・しかし!大変だったのはここから!



翌朝、何とかバスに乗り女川駅に到着することが出来ました。
・・・が、台風は威力と破壊力を増し、電車は全面ストップ。
止む無く女川駅の駅舎に泊まることにしたんですが・・・悲劇が起こりました!!
外は豪雨と激烈な強風。
駅舎の窓はありえないような音を立てています。
こりゃあ、外に出たら死ぬなあ。
ここに入れて良かった。
テントは雨と波にやられてるし。
ああ、本当に良かったなあ・・・って思ってたら!!
駅長が「駅舎を閉めるから出ていけ。」と!!!
なにいいいいい!!!
このとてつもない嵐の中、キャンプ帰り姿の高校生を駅舎から外に追い出すだと~!!!
・・・追い出されました(驚愕)。



仕方なく屋根がある場所をさがして・・・女川小学校の軒先に泊まりました(-_-;)
ここは運良く風裏だったので雨も風も当たらない!
助かったなあ。
捨てる神あれば拾う神あり、ってやつかねえ。
それにしても、あの駅長は許せん!!!



翌朝、何とか電車に乗れましたが、特急しか運行しないという事で特急料金を取られたのにノロノロ運転。
窓の外を見ると・・・ああ、そりゃあノロノロだわ。
電車は高いところを走ってるけど、下では牛が泳いでるんだもんね。
町が水没してるよ。
自衛隊がボートで救助活動してるよ。
こんな状況になってたのか~!!
ぬう・・・あの駅長、絶対に許さん!!



思い出話はここまでで・・・記念撮影しましたよ!



工場の外でも記念撮影♪
電話ボックスっぽいね。



キリンビール工場見学、行ってみませんか?



知識と経験とビールが無料!!
こんなイイコトなかなか無いですよ~♬



次回、超絶美味い夕食と一番町。
お楽しみに!!




『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« そうだ、仙台に行こう! (そ... | トップ | そうだ、仙台に行こう! (そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

67号室 2018年7月 仙台旅行」カテゴリの最新記事