うさぎ学園 多趣味部

学長でウサギのむぎまる君・ZIPPO・ウイスキー・旅行・ガーデニング・釣り・・・今日も全力で遊びます!

行くぞ!東国三社巡り! -鹿島神宮ー(その1)凛とした神域

2017-08-16 22:23:14 | 59号室 神社
『鹿島神宮』は東国三社のひとつで、茨城県鹿嶋市にあります。


東国三社巡りをしてみよう、ってことで・・・やってきました!鹿島神宮!
これ、鳥居の右前にある椎(シイ)の樹です。
デカイねえ。
駐車場の入り口に立ってるおじさんと大きさを比べるとすっごいですよ!
あ、ちなみに鳥居の間近の駐車場は有料で一日300円です。
ソフトクリーム屋さんもありますよ。



鹿島神宮は日本建国・武道の神様「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」を御祭神とする神社です。
参拝客は大勢います・・・が、運良く誰も写さずに撮れました!



境内は東京ドーム15個分もあるそうですよ!
・・・確かに広い。
スニーカーで歩いたほうがいいかも。
参道は綺麗に清掃されていて、とても気持ちがいいです。



楼門の前です。
朱色が綺麗!!
楼門って、参拝する者を圧倒する迫力がありますよね。



手水舎。
楼門に気を取られてここを忘れそうでした。



楼門。
凄いですねえ。
参拝客がいなくなったほんの数秒の間に撮りました!



楼門の左側の左大臣。



右大臣。
こういうのって、気に留めずにスルーすることって多いですよね・・・。



楼門をくぐると・・・広いな、更に!
突然、空気が凛として、神域に近付いたんだなっていう妙な実感がありました。



御守りなどはあそこの授与所で、ね。
帰りにここで、三社巡り専用の御守りを買いますよ。
こんな御守りあるんだ~ってやつね♪



拝殿。
思っていたよりも静かな感じ。
もっと派手だと思ってたからね。
でも・・・重みというか、雰囲気が違うなあ。
さすがは一ノ宮・・・。



前の写真の拝殿の右側から本殿を撮った写真です。
なので、この写真の左方向が拝殿になります。
社殿は本殿・石の間・幣殿・拝殿の4棟からなっています。



1619年、徳川2代将軍の秀忠公が寄進したもので、重要文化財に指定されています。
造りが凄いなあ。
見応えありますよ~!



ほら、これだもの。
ウサギの彫刻があるはずなんですが、見られる場所が限られていたので、残念ながら確認ができませんでした・・・。
悔しいなあ。



左右の『桐紋』・・・『五七の桐』ともいいます。
室町幕府では小判などの貨幣に刻印され、それ以来皇室や室町幕府 、豊臣政権など様々なところで用いており、現在では日本国政府の紋章として用いられているものです。



楼門を内側から。
この楼門も重要文化財で、1634年に水戸藩初代藩主の徳川頼房が奉納したものです。
そうそう、水戸黄門の水戸光圀のお父さんです。



拝殿の写真をもう一枚。
おお?神様が通ったかな??
・・・一瞬、誰もいなくなりました・・・。
神社にはこの瞬間、あります!!



次回は奥宮に向かいます。
お楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加