森の散歩道

四季の自然・野鳥・花・生き物など

コチドリ

2018-06-02 | 水辺の鳥

河原でコアジサシを撮っていた時は車の中にいたので、コチドリ♂が警戒せず、車のすぐ近くまで餌を探して歩いてきました。 

 

 

 

 

何か見せてくれるのかな?と思っていると、また戻って行きました。

 

 

 

 

♀はスマートです。ヒナが生まれている頃と思ってたのですが…

 

 

 

 ヒバリが子育て中のようです。餌探しに忙しく動き回っていました。

先日、海岸で見たフラッグ付のキョウジョシギのことを、山階鳥類研究所へメールで写真を送って見てもらったところ、宮城県亘理町鳥の海で放鳥されたものとのことでした。


にほんブログ村

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コアジサシ | トップ | 6月MBW カルガモ親子 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コチドリ (鳥魅童心)
2018-06-02 22:44:37
今晩は

黄色いアイリングがチャーミングです。
そうですよね・・・雛がいてもいいのかな?
どうしたのでしょうかね?
ついつい、悪い方に考えてしまいますが・・・。
このまま渡ってしまうのでしょうか?
鳥魅童心さん (kogamo)
2018-06-03 06:09:21
おはようございます。
コチドリの大きなアイリングの目と合うと、ドキッとしてしまいます。
早い時期から番を見ていたので、可愛いヒナの誕生を楽しみにしていたのですが、
雌だけ出て来るとちょっと心配になりました。
コアジサシが飛んでいる場所にもいたので、また見に行こうと思います。
ありがとうございました。
コチドリ ()
2018-06-03 14:40:10
こんにちは。
何時見ても可愛いコチドリさんですよね。
こんな大きなアイリングの目と合ったら、kogamoさんでなくともドキッとしますね。
会ってみたいです~!!!
雛、心配ですね。良い方に解釈しましょう。
きっと何処かで元気にしていると信じたいですね。

>フラッグ付のキョウジョシギのことを…
流石にkogamoさんですね。
研究熱心には頭が下がりました。
コチドリのオスとメス (korekore)
2018-06-03 16:51:10
何度もオスとメスを見比べるのですが、その違いが判りません。
夏羽と冬羽の違いだったらなんとなく分かるのですが・・・
紅さん (kogamo)
2018-06-03 20:26:42
こんばんは。
ありがとうございます。
自然のことは自然に任せるしかないですよね。
近かったので、金色のアイリングが撮れて良かったです。

フラッグ付きや足環のついたシギチを見た時は、山階鳥類研究所へ報告した方がよいのですよ。
渡りのルートを調べるためのものなので。(^^;
korekoreさん (kogamo)
2018-06-03 20:37:08
私は、雰囲気で判断しているので、とてもいい加減なのですが、
雄は黒い部分が多いので、ごつい感じがしますが、
雌は淡色で、首輪も細いようです。
間違っている時は、ごめんなさいね。(^^;

コメントを投稿

水辺の鳥」カテゴリの最新記事