森の散歩道

四季の自然・野鳥・花・生き物など

7月MBW 豪雨が続いて

2018-07-07 | 日鳥連(探鳥会)

7月7日 環水公園で7月朝のバードウオッチングがありました。

雨が降っていると、鳥も少なく暗い写真しか撮れませんでした。

今年生まれたカルガモの兄弟が5羽、立派な若鳥に成長していました。

 

コムクドリ 

遠かったですが今季初めて見ました。5羽電線に止まっていました。ファミリーのようです。

 

ミサゴが狩りに来ていました。

 

先月、餌をもらっていたイワツバメのヒナたちも、無事巣立ったようです。

 

巣立ちしたスズメの幼鳥 

 

観察した野鳥12種

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

西日本から北日本の広い範囲で、記録的な豪雨となり、土砂災害など危険がある地域では厳重警戒や避難勧告が呼びかけられています。

北陸地方5日は一日中雨で、断続的に大きな雨が降りました。川の増水で神通川に近づくことは出来ませんでしたが、翌日6日には少し雨脚が弱まったので、中洲の辺りで営巣しているコアジサシのことが気になり、早朝見に行きました。

この日は、川の水が少し引いていましたが、前日は水位が上がって堤防近くまで冠水したようです。河川敷の道に、流木やゴミがたくさん残っていました。 

濁流がもの凄く、中州は水に浸かってコアジサシの営巣地がどこにあったのかもわからない状況でした。悲しいことになっていました。

 

 

 

この時コアジサシが3羽で飛んで来たのですが、諦めたように戻って行って行きました。親子の可愛らしい姿が目に焼き付いていただけに、もう少し高い所に営巣してくれたら被害に遭わずに済んだかもしれないと思うと残念な気持ちです。


にほんブログ村 

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 水場へやって来たメジロ | トップ | サギコロニー »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コアジサシは・・・ (korekore)
2018-07-07 22:04:30
巣立ち前だったと思われるコアジサシの営巣地、中州が冠水してしまっては、
楽観的な予想はできそうにないですね。
元気な姿がまだ目に焼き付いているということ、残念ですね。
鳥撮りは、ヒナたちの誕生など嬉しいことも目にできますが、
こんな悲惨な出来事にも出くわしてしまいますね。
元気出してくださいね。
探鳥会 (鳥魅童心)
2018-07-07 22:16:12
この探鳥会は、同じ場所で定期的に四季の鳥を観察しているのでしたよね。
年によって見られる鳥や見られない鳥も出てきて、その変化を調べるのも楽しいかもしれませんね。
こちらで言えば、「いつもの森」で別の団体がやっている探鳥会と同じみたいです。
確かに、この時期は、なかなかいい出会いはないかもしれませんね。

コアジサシ、残念です!
こういうシーンは、いたたまれないです。
でも、これが自然界なのですよね。
コアジサシ (happy)
2018-07-07 23:30:35
こんばんは。

ついこの前、コアジサシの可愛いヒナを拝見したばかりなのに
記録的な大雨で営巣地が流されてしまったそうですが
何とか生き延びている事は考えられないのですか^^;
無理なんでしょうね・・・
悲しい悲惨な出来事に涙が出ました。
フサフサの可愛らしいヒナを見せてもらえたのに残念でなりません。
Unknown (ソングバード)
2018-07-08 06:43:36
おはようございます。
大雨の被害が広がってるようですが、大丈夫でしたか。
コアジサシの家族たちも、被害を受けたようですが、心配ですね。

雨の中のバードウォッチング、お疲れ様でした。
この時期のBWは、収穫が少なくて、お世話する人たちも大変ですね。
でもミサゴやイワツバメが見れるだけでもラッキー!!
こちらは、何もいません。
koreoreさん (kogamo)
2018-07-08 09:15:20
各地で豪雨被害が出て大変なことになっていますが、人と同じように鳥や生き物たちも被害に遭っているのですよね。
そうそう、親子の姿を見ていると、ほのぼのして幸せな気持ちになりますが、
可哀そうなことも見てしまいますね。
自然は厳しいです。ありがとうございました。
鳥魅童心さん (kogamo)
2018-07-08 09:38:03
はい、野鳥舎が出来てからの月例会になっています。
今までのデーターが記録されているので、その年の変化がわかります。
そちらの森でも定期的に観察会をされてる団体がいらっしゃすのですね。
何年も前のことですが、探鳥会で遠征して行ったことがありました。

コアジサシのコメントもありがとうございます。
絶滅危惧種ですから期待したのですが、自然は厳しいですね。
happyさん (kogamo)
2018-07-08 09:48:25
おはようございます。

お優しいコメントをありがとうございます。
豪雨被害は、人だけでなく鳥や生き物にも被害をもたらしたようですね。
自然界のことは、仕方がないのかもしれないのですが、
ヒナの可愛い姿が目に浮かんで可哀そうになりました。
ソングバードさん (kogamo)
2018-07-08 12:56:21
こんにちは。
3日間連続で強い雨が降りました。そちらも良く降ったでしょう。
堤防が決壊した地域もありましたが、私の住んでいる市内は大丈夫でした。
コアジサシは、何とか助かってほしかったんですが、自然界のことはどうすることも出来ないですね。

公園で毎月の定例会でした。
でもほとんど野鳥舎の中から見ているので、雨が降っても休みはないんです。(笑)
雨で大きな川が濁っているので、ミサゴも公園へ餌探しに来たようです。近くの川にはいつでもいるんですよ。
今年はイワツバメが、多く巣立ちました。
ほんとに、今の時期は何もいないですよね。
ここでも常連の鳥たちが残っているだけでした。^^
ありがとうございました。




コメントを投稿
コアジサシ ()
2018-07-08 15:25:09
今回の大雨、洪水では奥の被害が出たようですね。
kogamoさんの所は大丈夫でしたか。
自然災害だけはどう仕様も有りません。

コアジサシの雛を温めていた場所は、この川の水の下ですか! 心が痛みますね。
元気な姿が目に焼き付いております。
人間ばかりでなく、鳥たちまでもこうした被害に遇うのですね。
これが自然界の姿なのですね。
Unknown (robin)
2018-07-08 19:58:25
kogamoさん、こんばんは。
今回の大雨でコアジサシの営巣地が水没したようで、
可哀そうでしたね。
自然災害とは言え、人間に原因が有るかもしれません。
数十年に1回の水害なんて言っているようですが、
昨年の九州の水害や今回の水害など、近年、温暖化の影響か、
予想も出来ない大雨が降りますね。

コメントを投稿

日鳥連(探鳥会)」カテゴリの最新記事