ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2016-10-26 07:26:09 | 日記

◎価値ある人生の〟幸福学〝研さん

       「本より学文し候し事は仏教を極めて仏になり恩ある人をも・たすけんと思ふ」

◎名字の言  戸田第2代会長は「信は理を求め、求めたる理は信を深からしむ」と語った。

       教学を学んだ感動によって、信仰の確信は深まり、新たな実践が始まる。

       来月の任用試験は、受験者にとって仏法を本格的に学ぶ好機。温かく

       応援していきたい。(江)

 

◎寸鉄    御本尊に祈り抜け!20倍100倍の結果が必ず得られる―恩師。諸天も味方に
        ◇
       過去1カ月に1冊も本を読まない人46%と。青年は読書と思索の暇を持て

◎新・人間革命 源流四十六

       インドのため、民衆のために貢献しよう。平和のため、人間の幸福のため

       に寄与しよう――八月十四日、独立前夜の誓願である。

       なんと、この日は、十九歳の伸一が恩師・戸田城聖と初めて会い、

       平和と人道に生き抜く覚悟を定めた、運命の日でもあったのだ。

       その後、ネルーは、東西冷戦によって引き裂かれた世界の傷を癒やし、

       アジアとアフリカの心を結ぶ第三世界の期待の星となった。

       “民衆のために”という強き一念と闘魂は、時代を建設する不屈の力となる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事