ああ 人生、山あり谷あり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2019-01-10 13:08:44 | 日記

◎わが友に贈る◎

朝の挨拶には心の扉を開く力がある!

自ら笑顔で声かけを

我が地域わが職場で皆を照らす太陽に!

〈名字の言〉 2019年1月10日 

「うえちゃん」の愛称で親しまれるラジオのアナウンサー・上柳昌彦氏。

一昨年にニッポン放送を定年退職した後も、フリーランスとして活躍中だ

▼番組では、さまざまなゲストと軽妙なトークを展開する氏だが、実は

ほとんどが初対面。だからこそ「『あなたの事をよく存じ上げています』

という雰囲気を出す」ことを心掛ける。そのために事前に資料を読み込み、

話の流れを考え抜く。相手の出身地や誕生日などを会話に織り込むことで、

場を和ませ、会話を盛り上げる▼ただ、相手の話を引き出すのが目的なので、

時には準備した内容を“捨てる勇気”も大切という。「8割以上は人の話を

聞いている」と語る氏の座右の銘は「聞く力は偉大なり」だ(『定年ラジオ』

三才ブックス)▼「聞く」とは、決して受動的な行為ではない。人は必ず

相手の反応を見ながら話をするもの。良い聞き手がいてこそ、安心して

話すことができる。心に寄り添い、励ましつつ、相手の言葉を待つ。

“励ましの達人”は皆、聞き上手だ▼池田先生は「人間は、対話の中でこそ、

真の人間に成長する。対話とは、相手から学ぶことである」と。実りある

対話は「聞くこと」から。気取らず、気負わず、どこまでも誠実に、

友の言葉に耳を傾けよう。(誼)

 

〈寸鉄〉 2019年1月10日 

 

 弱い自分に会長は希望を与えてくれた―若き巨匠から献呈曲。平和の太陽
      ◇
 秋田「師弟原点の日」。師の雄姿は今も友の胸に。共戦の勝ち鬨を今こそ!
      ◇
 社会変革は心の変革から―周総理。これ人間革命の思想と共鳴。まず自分
      ◇
 子供の誤飲、煙草が4年連続最多。手の届く所での放置禁物。注意怠らず
      ◇
 後部座席のシートベルト着用は4割弱と。全席で徹底を厳守。命守る基本


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事