一碗

みんなで楽しく、
何でもありのお茶人生・・

干し柿

2018-12-05 10:24:14 | 日記
      
先日、京都の永谷宗円生家に行ったとき、湯屋谷(やんたん)会館(地域の案内所)で買った渋柿を剥いてつるしました。
50個で250円! あちこちで渋柿が枝もたわわに・・渋柿なんて食べる人もいないんでしょうね。

この渋柿、小ぶりで昔からどこにでもあったような柿です。なつかしい。 
このままおいて、熟柿にするといいな~と思いながら。
熟柿(じゅくし)もずいぶんしばらく食べてないし・・

果物の皮をむくのは上手です。子供のころから、柿にしろ、リンゴにしろいかに皮を薄く剥くかってことばかりやってましたので・・・物のない時代にはいろんな技能が身に付きます。


出来上がるのが楽しみ・・


・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鋭い経済観念 | トップ | 大臣のお話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。