子どもの医療費助成制度拡充を求める岩手の会のブログ

子どもの医療費を無料に!窓口負担なしを目指そう♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手づくりTa~daちゃん♪

2014-10-27 14:38:48 | 日記

子ども医療費岩手の会ニュースvol.3でも触れましたが、岩手県議会での答弁や市長会から県知事への要望もあって、子ども医療費助成の現物給付化はいよいよ現実味を帯びてきました

私たちが進めている署名の提出も、当初の予定より早めることを検討しています。

時期は決まりしだいお知らせしますので、みなさんたくさんの協力をお願いします

さて、ニュースでは手づくりグッズも紹介していますね。

アップリケとポシェット

た~だちゃん人形

かわいいですねぇ

みなさんも作ってみてみてくださいね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子ども医療費岩手の会ニュースvol.3

2014-10-27 14:22:12 | 会のニュース

子どもの医療費助成制度拡充を求める岩手の会ニュースvol.3 2014年10月23日発行

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子ども医療費岩手の会ニュースvol.2

2014-10-27 14:10:20 | 会のニュース

子どもの医療費助成制度拡充を求める岩手の会ニュースvol.2 2014年9月16日発行

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子ども医療費岩手の会ニュースvol.1

2014-10-27 13:30:14 | 会のニュース

子どもの医療費助成制度拡充を求める岩手の会ニュースvol.1 2014年7月17日発行

母親大会in奥州 アピール行動行ってきました
6月22日、奥州市Zホールで行われた母親大会に事務局として参加してきました。
当日、会場1時間前からチラシ配りや、アンケートのお願いをしました。

東北6県の医療費助成制度について比較したチラシを見て、岩手の遅れている状況にみなさん驚いていました。

昼休み時にステージをお借りして、岩手県の状況が分かる寸劇を披露しました。若干のアクシデントがありましたが、最後までやり遂げました。

評判もなかなか良く、大会が終わりアンケートを回収していると、「寸劇面白かったよ」「子どもたちもかわいかったね」とお褒めの言葉をいただきました。

事務局では、これからもアピール行動を行う予定です。
時間があればかけつけますので、もし「お母さんたちに岩手の状況を伝えたい!」という方は事務局までご連絡ください。

 

 名前、決定しました

当会のマスコットキャラクター、頭ががま口で洋服にはお薬が施されているというとってもかわいい女の子ですが、名前が決まりました
名前は窓口Ta~daちゃんです。数ある候補の中から、事務局で選ばせて頂きました。名前を考えてくれた方々、本当にありがとうございます。

 

寄せられた声

アンケートを行った際に寄せられた声を少しずつですが、紹介していきます。

小学校に入ると、補助もなく大人と同じ3割負担は家計に響きます。3人ともアレルギー性鼻炎があり、1回の受診でかなりの金額です。補助は必要です。(30代女性)
以前住んでいたところはお金を持っていなくてもすぐに病院へ行けた。申請書を出すのは大変な手間。それなのに還付金が少額だと郵便代金の方が高くつくのでは?(40代女性)

お知らせ
今月から、子どもの医療費助成制度拡充を求める岩手の会(仮称)の進捗状況を伝えるため、ニュースを発行します。
当会の運動に賛同していただいている団体・個人の皆様にお届けします。何かお気づきの点がありましたらご連絡ください。また、8月7日には記者会見を予定しております。記者会見の模様は後ほどお知らせします。
9月13日には発会式を予定しております。数年前、群馬で中学校卒業まで医療費助成制度を現物給付方式に変更させた運動がありました。
その時中心に動いていた方の講演や、子育て真っ最中の親御さんたちのリレートークを予定しております。参加費無料です。無料保育もご用意しておりますので、お誘い合わせのうえ、ご来場ください。詳細は次号で

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

市長会が達増知事に要望!

2014-10-18 16:12:33 | 日記

本日10/18付の盛岡タイムス1面の記事です

2014.10.18盛岡タイムス1面記事

岩手県市長会が、子どもの医療費助成制度について達増知事に要望しました

「乳幼児医療費助成制度の現物給付化へ県主導で協議の場を設けるように」

同時に「現物方式に移行すると国がペナルティーとして課す国民健康保険国庫負担金の減額措置の廃止を国に要望するように」と主張。

10日前の岩手日報の県議会9月定例会の記事といい、確実に岩手も子ども医療費現物給付への動きが起こりつつありますね

これはますます、県民、市民が声を出すことがかなめになってきました

岩手の市町村議会で、子ども医療費現物給付化と国からのペナルティー廃止の意見書を採択していないところは、ぜひ意見書提出を求める請願を出しましょうよ♪~(*^ー^)人(^ー^*)~♪

各市町村議会の意見書採択状況は、資料探してあとで書こうと思います。

子ども医療費岩手の会の署名、どうぞよろしくお願いします

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする