時々囲碁日誌+

プロ棋士藤澤八段ブログ。教室、道場の話中心ですが、ガンダムやニコ動他そういう話題も・・・

『碁の心得』つづき

2012年01月02日 | Weblog
5ヶ条の最後の一節に「唯勉励膝錐之志を行う」と有りますが、継続する事が出来るかどうかで道が別れるでしょう。今は院生Aクラスのレベルが高く、そのハードルの遥か先に国際棋戦が有るのですから・・・ 「膝錐之志」には説明が必要かと思います。名誉棋聖が一時期、好んで書いた言葉で、中国戦国時代、縦横家の蘇秦が、立身の為、「錐」を「膝」にたてて眠気を振り払い勉強した、という故事(十八史略だったと思いますが史記かも)からの名誉棋聖の造語で、「膝に錐をたてて努力する位の気持ち」という事で、最後の書になった「強烈な努力」と通じるものがあると思います。大変ですが皆頑張りましょう。最後に、書かれた日付ですが、棋聖戦の最中では?と思い調べてみました。第二期棋聖戦、1勝3敗から第5局を三時間近い長考の末、大石を仕留めて迎えた第6局目の前日。当時、対局場(この時は金沢)には前々日に入っていたので、金沢で書かれたものと思われます。七番勝負の角番を前にどの様な心境だったか、並み外れた気力の持ち主だったので、推し量る事は出来ませんが、大事な一番を前に僕宛てに書き残してくれた名誉棋聖に感謝です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 名誉棋聖『碁の心得』5ヶ条の事 | トップ | 始動 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事