時々囲碁日誌+

プロ棋士藤澤八段ブログ。教室、道場の話中心ですが、ガンダムやニコ動他そういう話題も・・・

弟子達の成績3、広瀬、上野初段

2017年05月12日 | 読み物
広瀬、上野初段は同年齢、教室に来たのは上野初段が五歳で初心者、広瀬初段は六歳で5級くらい、スタートとしては特別早い方ではありませんが、六歳からプロを目指したグループで育成、院生に入るまでは週5日、院生になってからは週3~5日通いで、(土日は院生研修)広瀬初段は五年生から天豊道場住み込みに。広瀬初段は一昨年の冬季一位、上野初段も最終局勝てば女子として十数年振りの一般枠の入段でしたが、残念乍敗戦、2ヶ月後の女子試験で一位となり二人とも中二、14歳での入段となりました写真は合同表彰式の日、棋院一階です。公式戦デビューは昨年6月なので、まだ一年経っていませんが、広瀬初段が、21勝9敗、イベロジャパン杯(18歳未満)で準優勝、上野初段が21勝13敗、女流棋戦で本戦入り、棋聖戦FTトーナメントで決勝、おかげ杯本戦入り、等、一年目としては順調、しかしながら成績は一時のもの、此れからの努力で一年後二年後の実力、成績がかわります。油断大敵、日々精進有るのみですね。