「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

一斉休校の中、感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中

小坂クリニックより 新型コロナウイルス感染症2020.2.22:「流行早期」から「まん延期」に入っていくことに対する備え、私たちがすべきことについて。

2020-02-22 17:03:42 | 各論:新型インフルエンザに備える

 こんにちは、

 小坂クリニックです。

 新型コロナウイルスに関して、お知らせをさせていただきます。

 連日、報道がなされ、新型コロナウイルス感染症の患者さんが増えています。小児への感染(重症ではない)もあると報じられています。


 ●2020.2.20 12時時点  
 国内外発生状況 患者数 75088人、死亡者数2123人。
 日本発生状況       70人       3人(各種報道を合せて記載、都の本資料では1人)
 横浜クルーズ船      634人
 都内発生状況       25人(海外旅行者3人、都内在住者22人)
 東京都発表2020.2.21: https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/360/2020022102.pdf


自由時報
https://www.facebook.com/m.ltn.tw/photos/rpp.394896373929368/3004560892962890/?type=3&theater
*日本の状況まとめ: https://jagjapan.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/641eba7fef234a47880e1e1dc4de85ce
*世界の状況まとめ: https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
*中国の状況まとめ: http://2019ncov.chinacdc.cn/2019-nCoV/
(ジャグジャパンについて: https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19301?fbclid=IwAR33e8QFulU9T0qhyI0vOoWq629dHIENlfeUpsJe0SvdZRObyQG-9q7a22c )

 現在、「流行早期」(感染源が特定できない患者発生が散見されるなどの状態)の段階であり、今後、「まん延期」(集団発生がいくつもの場所で確認されるようになるなどの状態)に入る可能性もあります。
 今は、「感染症指定医療機関」で患者対応がなされていますが、「まん延期」に入ると、まちの一般開業医が、軽症の感染者の診療を担当し、「感染症指定医療機関」は、より重篤なケースの診療に当たり、大きな第1波を、医療資源を有効活用し乗り切って行くことになります。

 今回のコロナウイルスの広がりにおいて、注意すべきことをまとめました。

感染の広がりのイメージ図:


(大阪大学医学部附属病院感染制御部部長・朝野和典先生スライド)

 

 
1、感染を防ぐには。

(1)手洗い・うがい http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000114/114231/tearai.pdf



(2)咳エチケット・マスク https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html




https://digital.asahi.com/articles/photo/AS20170120004109.html

(3)ひとごみを避ける

(4)環境整備 NHK2020.02.21





(5)感染の広がり(疫学情報)を知るには。

国 首相官邸 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/taisaku_honbu.html

厚労省厚生科学審議会(感染症部会) :https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei_127717.html

東京都:https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007288/index.html



(6)病気自体の理解をするには。

①岡部信彦先生 解説 令和2.2.7(19分): http://www.med.or.jp/flv_movie/corona/01/index.html
書き起こし: http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000114/114231/COVID19_02_textver.pdf

②岡部信彦先生 解説 令和2.2.17(24分): http://www.med.or.jp/flv_movie/corona/01/index.html

③日本感染症学会・日本環境感染学会 市民セミナー令和2.2.13(1時間45分):https://www.youtube.com/watch?v=5QRX7wJ1lUE

④妊婦に関する情報
 柴田綾子先生スライド 令和2.2.20 :https://slide.antaa.jp/article/view/9693e410e4f4436f

⑤随時更新論文 https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t344/202003/564492.html

2、気をつけることは?
(1)日々の健康状態の把握

(2)新型コロナウイルス感染を疑う状態とは?

 ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。


(3)疑った場合の相談先は?「帰国者・接触者電話相談センター」

①平日:9時~17時 地元の保健所へ
 
 中央区の場合、中央区保健所コールセンター 03-3541-5254

②平日:17時~翌9時、土曜日、日曜・祝日の終日

 都・特別区・八王子・町田市合同電話相談センター 03-5320-4592

(4)新型コロナウイルス感染症に関する一般相談窓口

①中央区保健所コールセンター
午前9時から午後5時まで(平日)
電話:03-3541-5254
対象:中央区在住・在勤の方

②東京都福祉保健局
午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日、休日を含む)
電話:03-5320-4509

③厚生労働省
午前9時から午後9時まで(土曜日、日曜日、休日を含む)
電話:0120-565-653(フリーダイヤル)



3、高齢者施設等を新型コロナウイルスから守る!
(1)水際対策と面会の自粛

(2)早期発見、早期対応 

(3)患者発生時、まん延防止のための感染制御チーム(ICT)との連携・協働

(4)安全な搬送体制

啓発ビデオ: http://www.kankyokansen.org/modules/news/index.php?content_id=326


4、医師会など応急診療所での感染対策の確立
(1)待合で感染しない配慮

 待合での二次感染を防ぐために、順番が着たら携帯に電話するなど、待合室での混雑を避ける。

(2)適切な受診行動:もしかして新型コロナウイルス感染症かなと思ったら 病院を受診するメリットとデメリット

忽那賢志先生:感染症専門医 2020.2.19:https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200219-00163784/

 

5、風評被害、差別を生まない

 結核、エイズ、ハンセン病など過去の対策が、社会の差別や誹謗中傷を生んだことの反省から感染症法が06年に大幅改正され、予防や対策にあたり「人権を尊重する」との理念が盛り込まれている。

 科学的認識をもち、デマに流されず、冷静に対処していく。

●感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)
(基本理念)
第二条 感染症の発生の予防及びそのまん延の防止を目的として国及び地方公共団体が講ずる施策は、これらを目的とする施策に関する国際的動向を踏まえつつ、保健医療を取り巻く環境の変化、国際交流の進展等に即応し、新感染症その他の感染症に迅速かつ適確に対応することができるよう、感染症の患者等が置かれている状況を深く認識し、これらの者の人権を尊重しつつ、総合的かつ計画的に推進されることを基本理念とする。


6、経済支援策

(1)経済産業省の支援策: https://www.meti.go.jp/covid-19/
              https://www.meti.go.jp/press/2019/02/20200207005/20200207005.html

(2)助成金情報

『助成金なう』:https://www.navit-j.com/service/joseikin-now/blog/?p=25680

6、新型コロナウイルス感染症について 

(1)致死率 新型コロナウイルスに罹ったひとが死亡する割合(中国の約4.4万人の患者分析データより)
http://weekly.chinacdc.cn/en/article/id/e53946e2-c6c4-41e9-9a9b-fea8db1a8f51



元データ:




元データ:



(2)全般的な知識:大阪大学医学部附属病院感染制御部部長・朝野和典先生スライド



















以上


コメント   この記事についてブログを書く
« <<第4報 2020.2.22 『新... | トップ | 全教員に特別支援教育の専門... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

各論:新型インフルエンザに備える」カテゴリの最新記事