「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

一斉休校の中、感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中

2020.2.18福祉保健委質疑:保育指導担当副参事新設、応急診療所の新型コロナ診療体制、震災時聖路加国際病院でのトリアージ、2/5中止の自殺対策協議会持回り開催、アウトリーチ後支援体制

2020-02-18 07:10:14 | 医療

 本日2/18、所属する福祉保健委員会が開催されました。

 質疑した内容の要旨。正式なものは後日出る議事録をご参照下さい。

1、福祉保健部の組織編制

小坂:福祉保健部の組織編制で、新たな副参事(保育指導担当(新設))の下に、保育指導担当係長2名つかない理由は何か?

区回答:3-4年の期間で、指導監査の専門性のある職員を採用し、その指導体制を構築する役目であるため。指導係と連携して、指導もしていく。

⇒今後、保育の質の向上、その評価のありかたをフォロー


2、新型コロナウイルス 中央区の応急診療所の医療体制
 1)2/5と早い段階から「中央区新型コロナウイルス対策本部」立ち上げられている。

 2)今後、軽症の新型コロナウイルスは、一般開業医が見るフェースがくる

 3)高齢者施設などでの流行阻止が課題

 4)疫学調査が、都単位ででるのではなく、区レベルで出ることが必要

 など課題がある中、

 中央区の応急診療所の医療体制は?

区回答:陰圧にして診察室からウイルスを出さない設備になっている。

小坂要望:待合室での二次感染の可能性があり、対策の必要がある。


3、震災時の聖路加国際病院でのトリアージ

小坂:トリアージは、誰が?

区回答:研修医が行う。協定を締結中。

小坂:研修医自体も、中で、重症の治療に当たり、開業医等がトリアージした方が有効では?


4、2/5自殺対策協議会が中止の件

小坂:新型コロナウイルス対策本部立ち上げ日と重なり、中止となったが、開催は?

区回答:新型コロナウイルス対応に奔走し、年度内の開催はない。

小坂要望:少なくとも持ち回り会議で開催を。

(補足:厚労省も持ち回り会議をすることがある一つの例: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09136.html)



5、アウトリーチ後のフォロー

小坂:アウトリーチしたかたの、支援の状況をフォローするかたの想定は?

区回答:生活支援コーディネーター、民生委員などでアウトリーチ。

以上

コメント   この記事についてブログを書く
« 2020中央区予算4:「助けてが... | トップ |  東京2020オリンピック・パラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

医療」カテゴリの最新記事