「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

川﨑の事件、不安な気持ちは、担任や養護、学校カウンセラーの先生、そして私達小児科医にご相談下さい。/病児保育鋭意実施中。

子どもの自殺で、統計上最も多い日にちが9月1日。だから、最も子ども達を守らねばならない日。どうか、周りの大人にもっともっと頼ってほしい。ひとりじゃないから。

2019-08-30 10:24:42 | 小児医療

 最も子ども達を守らねばならない日が近づいて参りました。

 どうか、周りの大人にもっともっと頼ってほしいと思っています。

 ひとりじゃないから。

 子どもの自殺で、統計上、最も多い日にちが9月1日。





*****
学校に行きたがらない子どもへの声かけ例
 ■気持ちを受け止める

「学校に行きたくないんだね」「どこか心配になっちゃうみたいね」「怖いのかな?」

 ■過ごし方の選択肢を示す

「学校に行くのを手伝えるよ」「こんなことならできるけど。無理しなくてもいいよ」「それとも、今日1日、ゆっくりお休みしようか?」「だったら、何しようか?」

 ■翌日の登校の約束はしない

「ゆっくり休んでよかったね。明日、行けたらいいね」

注意すべき子どもの変化
 ■体の反応 頭痛や腹痛などの体調不良、不眠、食欲不振・過食、おねしょ・頻尿など

 ■心の反応 怒りっぽい・イライラする、不安、無気力・うつ状態

 ※小林正幸教授(東京学芸大教授(教育臨床心理学))への取材から

(毎日新聞2019.08.24 https://mainichi.jp/articles/20190824/ddm/041/040/119000c 抜粋)

コメント   この記事についてブログを書く
« 開かれた中央区政をどうかよ... | トップ | 小坂クリニック(中央区月島0... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小児医療」カテゴリの最新記事