「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

インフルエンザ予防接種開始致しました。/病児保育鋭意実施中、幼保無償化対象事業です。

ぜひご応募を!サザランド市姉妹都市提携20周年記念事業「女性の海外研修」研修者募集

2011-07-01 12:47:01 | 文化振興、異文化交流

 以下、私が最もお勧めしたいと思う今年度の中央区の企画のひとつ、サザランド市姉妹都市提携20周年記念事業「女性の海外研修」の応募が始まりました。

 ぜひ、ご応募してみてください!

****以下、中央区ホームページより****
http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/danzyokyodosanga/kennshuu/index.html

サザランド市姉妹都市提携20周年記念事業「女性の海外研修」研修者募集

 この研修は、姉妹都市サザランド市(オーストラリア)を訪問し市民レベルでの交流を図る
とともにオーストラリアの男女共同参画を学び、今後の地域活動に活かしていただくことを
目的に実施します。また、平成23年3月11日に発生した東日本大震災を受け、災害ボラン
ティア活動が活発なオーストラリアの女性災害ボランティアとも交流を図る予定です。
 なお、この研修はサザランド市と中央区の姉妹都市提携20周年記念事業として実施します。

1 訪問地・研修期間

(1)訪問地
  オーストラリア
  サザランド市、シドニー市
(2)研修期間
  平成23年11月14日(月曜日)から
  平成23年11月20日(日曜日)まで

2 募集人員

10名

3 参加費用

(1) 研修参加経費(往復の旅費、現地滞在諸経費等)のうち10万円を研修者に負担していただきます。
(2) 渡航手続きの諸経費(旅券印紙代・査証料・任意の旅行保険料等)、国内旅費、健康診断費、食事代の一部等、その他個人に属する費用は研修者の負担となります

4 応募資格

次の要件を満たす中央区民の女性
(1) 平成23年4月1日現在、1年以上中央区(以下「区」という。)に居住する18歳以上の方。ただし、学生を除く。
(2) 健康で、規律ある団体行動をとることができる方。
(3) 区の区域内の女性団体、グループ若しくは地域団体で活動し、又は活動をする意欲を有しており、男女共同参画に強い関心をお持ちの方。

5 応募方法及び申込先

(1) 次の書類(ア)(イ)を提出してください。
(ア) レポート
次の二つのテーマから一つを選んでください。
「男女共同参画について」
「研修の成果を今後の活動にどう生かしたいか」
・字数 800字~1200字程度 A4版 用紙縦方向(20字×20行)横書き

(イ) 「女性の海外研修」参加申込書(所定の用紙)

(2) 申込先
〒104-0043 中央区湊1-1-1 中央区立女性センターブーケ21内
中央区総務部総務課女性施策推進係

6 応募締め切り日

平成23年7月29日(金曜日)(必着)

7 選考・決定通知

 応募された方の中から、女性の海外研修選考会の選考(レポート審査及び面接)を経て、決定します。
 面接日については、後日ご連絡いたします。
 選考結果については、ご本人あてご通知いたします(9月上旬ごろを予定)。
 なお、研修者に決定された方は、健康診断書(最近3か月以内のもの)を提出していただきます。
 区の実施する事前事後研修にもご参加いただきます。

8 研修の取り消し等

 研修者として決定後に「健康上の理由」などにより決定を取り消す場合があります。研修決定を取り消されたり「本人のご都合により辞退」された場合は、それまでに要した費用及び取り消したことによって生じた費用などは自己負担となります。

9 報告書の提出等

 研修者は帰国後「報告書」を提出していただき、また「報告会」で研修成果を発表していただきます。

10 募集ちらし及び参加申込書(所定の用紙)

募集ちらし及び参加申込書(所定の用紙) PDF・816KB

コメント   この記事についてブログを書く
« 暫定値をいつまで続けるので... | トップ | 貴重な記録『三陸海岸大津波... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文化振興、異文化交流」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事