「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

2018年ノーベル医学生理学賞、本庶佑氏ら。がん免疫療法、「がん細胞を攻撃する免疫細胞は、体の中にすでに存在している!」、このメカニズムの解明はやはりすごいと思いました。

2022-09-15 20:16:25 | 医療

 2022年9月15日 国立がん研究センター中央病院・中央区医師会の合同講演会において、同病院の呼吸器内科 大江裕一郎先生による『肺がん薬物療法最新の知見』と題するご講演を拝聴いたしました。
 特に、非小細胞肺がんに対する治療薬について。

 ●1990年代以前は、殺細胞性抗がん剤とくにシスプラチンなどの薬剤を用い、延命効果が併用しない場合の1.5カ月の延命効果の時代でした。

 ●2000年代以降、分子標的治療が出て、ドライバー遺伝子・EGFR遺伝子の変異がある場合にゲフィチニブ(製品名イレッサ)が奏功するなどが分かってきました。

 ●2010年代以降、がん免疫療法が登場。
 2018年ノーベル医学生理学賞となる京都大学本庶佑氏の抗PD-1抗体ニボルマブ(製品名オプシーボ)、ジェームズ・アリソン氏の抗CTLA-4抗体イピリムマブ(製品名ヤーボイ)などです。
 免疫チェックポイント阻害薬と言われます。

 抗CTLA-4抗体イピリムマブ(製品名ヤーボイ)は、樹状細胞とT細胞のCTLA-4の結合を阻害し、結合すればT細胞が免疫を抑制することを(免疫ブレーキを壊す)、結合しないがために、T細胞の免疫賦活化状態が続き(免疫アクセルのみ踏み続ける)、そのT細胞ががん細胞を攻撃し、治癒に導くとのことです。
 非小細胞がんだけでなく、扁平上皮がんや非扁平上皮がんなど一般の固形がん(肺がん)にも奏功。

 がん免疫療法は、化学療法・分子標的薬ではなかった長期生存の可能性を生み出しました。

 ●2020年代以降、抗体薬物複合体(Antibodi-drug conjugate:ADC)や二重特異抗体(Bispecfic抗体)が出てきました。


********

 抗体薬物複合体(Antibodi-drug conjugate:ADC)や二重特異抗体(Bispecfic抗体)が、今後、生存率をまだまだ、あげていくものと期待します。


 治療薬の登場のお話の中で、ノーベル医学生理学賞として高い評価をされていますが、やはり「がん免疫療法」、自身の免疫抑制をさせないことによるT細胞ががん細胞を攻撃させるがん免疫療法は、画期的であると再認識した次第です。
 ご講演でも述べられておられましたが、「がん細胞を攻撃する免疫細胞は、体の中にすでに存在している!」
 本庶佑氏らのこの気づきがすごいと思います。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 葛飾区(23区初、令和5年4月... | トップ | 今回の「国葬」に関する小熊... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

医療」カテゴリの最新記事