「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

中央区でも最重要課題のひとつ、不登校の子ども達への学びの機会の確保。中央区では、病気の子も含め長期欠席者は、小学校94人、中学校106人(令和2年度)。

2021-10-14 10:30:18 | 教育

 この度の中央区議会 第三回定例会決算特別委員会でも、最重要論点のひとつとして取り上げられました。

 「不登校の子ども達への学びの機会の確保」

 本日10/14の各紙でも、文科省の調査結果に関する報道がされています。

 決算特別委員会資料でもわかりますように、中央区には、病気含め長期欠席の子どもが、小学校で94人、中学校で106人おられます。
 すべての子ども達が、たとえ、学校に行けていなくても、学びの機会の確保ができていることを望みます。

 具体的にご相談を受けている子もいますが、なにか、ございましたら、お気軽にお声がけください。


******中央区の不登校の現況******


*********日経2021.10.14*****



******朝日新聞2021.10.14********











コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アウルさんの重要な問題提起... | トップ | 決算認定における所属会派「... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事