「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

川﨑の事件、不安な気持ちは、担任や養護、学校カウンセラーの先生、そして私達小児科医にご相談下さい。/病児保育鋭意実施中。

母校智辯和歌山、健闘を讃えます。すばらしい、試合をありがとう!星稜ぜひ、優勝を!!奥川投手もすばらしかったです。

2019-08-17 13:45:18 | 仲間・先生

 母校智辯和歌山、健闘を讃えます。すばらしい、試合をありがとう!星稜ぜひ、優勝を!!奥川投手もすばらしかったです。

 壮絶なタイブレーク、最後は、サヨナラホームラン。

 <智辯和歌山高校の応援>

●アフリカンシンフォニー: https://www.youtube.com/watch?v=AK2JpcN_vTU
遥か昔、自分が応援団だった頃からあると思う。その時始まったと思う。

●「アフリカンシンフォニー」から魔曲「ジョックロック」へ:https://www.youtube.com/watch?v=MvUuMe4U374
2019年8月13日(火)の阪神甲子園球場。第101回全国高等学校野球選手権大会第8日第3試合に智辯学園和歌山高校(和歌山)
一イニング3本ホームラン。

●2019年夏 智辯和歌山の応援メドレー: 

https://www.youtube.com/watch?v=dQhBtAddLOw

0:00 コパカバーナ

1:54 ラシアンカウボーイ

4:47 サンバデジャネイロ

7:30 アフリカンシンフォニー

9:41 シロクマ

12:57 エルクンバンチェロ

15:16 ジョックロック

20:13 ジョックロック(タイム中ver.)


●2018年 智辯の応援メドレー: 
https://www.youtube.com/watch?v=5E8y42xvzY4

2018年3月30日。3回戦。vs國學院栃木  0:00〜 アフリカンシンフォニー1:30〜 ラシアンカウボーイ3:17〜 ミラクルショット5:27〜 エルクンバンチェロ7:35〜 シロクマ11:00〜 ジョックロック14:37〜 サンバ・デ・ジャネイロ

●ジョックロック、応援団の動きがよく捕らえられている。:https://www.youtube.com/watch?v=skcn2FvYhfA

注:曲名は、「アフリカンシンフォニー」と「ジョックロック」を知るのみで、他は、ネットで書かれていたものをそのまま引いています。

コメント

小児医療の現況や課題を発信。「ニューズ オプエド」貴重な機会をありがとうございました。

2019-08-17 11:51:15 | メディア・リテラシー
 2019年8月15日、「ニューズ オプエド」に初めて出演させていただきました。

 インタビューにおいて仁木さんからのご質問で、一番響いたもののひとつが、「構造の問題」という切り口でした。
 それぞれの問題に内在する構造の問題を、その構造をうまく、変形することで、問題が解決の方向に向かうことを区政でも経験しています。

 上杉隆さんからは、今回のインタビューのお題目に『健康教育:小児科領域の新たなアプローチ』といただきましたが、「新たな」という形容は、駆け出しの私にはまだまだもったいない形容でした。小児科医会や外来小児科学会等に参画されている小児科開業医の先輩諸先生におかれましては、先進的な取組をなされており、それらを追随しているところです。ただ、まだまだ深め広げていかねばならないアプローチと認識しています。

 今回の貴重な機会を提供下さいました、上杉さんはじめスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
 また、お声掛け下さい。或は、発信すべき小児科領域の多くの情報があり、その筋の先生をご紹介させて下さい。

 出演者全員、実は、中央区民。勝どき会などと銘打って、懇親会をとの話へ。

 放送後、緊張が解けたはずみで、小坂は、大笑いしています。






コメント

ことば6医療編&区政編:セカンドオピニオンは、普通のこと。どんどんご利用を!

2019-08-17 09:14:08 | こども達へのメッセージ

 セカンドオピニオンは、普通のこと。どんどんご利用を!

 医療では、当たり前、普通のことになって来ています。
 他の医師の見立ても同じであれば、さらにその診断、治療が確かなものとわかります。
 セカンドオピニオンを聞きたいと言われて、嫌がる医師は、一般的には、おりません。

 区政においても、ひとりの議員への相談をしていている状況下においても、他の議員の意見も同時に聴いてよいと思います。
 複数のアプローチにより、問題の解決が柔軟に行われるようになると考えます。
 どんどん、議員をご利用ください。
 

 中央区議会議員、小児科医師

 小坂和輝


 

コメント