映画とワンピースのこでまり日記

映画の感想と月曜日にはワンピースのネタばれ更新中~♪
簡単な内容ですが映画の感想もボチボチ更新していきます。

ハリー・ポッター 第7巻(30章)

2007-08-25 | ファンタジーいろいろ


ネタバレ部分は隠してありますので、左クリックしながら動かしてね!


 第30章 THE SACKING OF SEVERUS SNAPE

  アレクトが闇の印に触れた瞬間、ハリーの傷が激しく痛み始めます。すると部屋が視界から消え、
  ハリーは崖下の岩に上に立っていました。 ―奴らが小僧を捕まえた―
  その時、バーンと音がして我に返ったハリーは杖を上げますが、既にハリーの前には魔女が横たわっていました。
  ルーナが失神呪文をかけたらしいです。
  その音でレイブンクロー生が起きてきます。慌ててマントの中に隠れる二人。生徒達は倒れてるアレクトを見て大騒ぎです。
  ハリーは今度は自分からヴォルの意識の中に入り込むと、洞穴の中を移動していました。
  先にロケットを確認する事にしたようです。でもここまで来たら、ホグワーツに来るまでそう時間はかからないはず・・・。
  すると、急に部屋がシーンとしてしまいます・・・。扉の外にアレクトの兄、アミカスが来て扉を開けようとしていますが、
  “なぞなぞ”を無視して、扉にガンガン呪文をかけています。そして外から、
  「アレクト、そこにいるのか?奴を捕まえたか?帝王が来るならポッターはどこだ?マルフォイ家と同じ道を辿りたいのか?
  答えるんだ!」
  するとまた懐かしい声が・・・!
マクゴナガル先生です。
  アミカスはドアを開けろとわめき、代わりにマクゴナガル先生が開けました。
  そこには倒れているアレクト・・・ヴォルに知らせたのにハリーを捕まえていない事に焦るアミカス・・・。
  そして自分のミスを生徒達になすりつけようとするアミカスに、
  「ホグワーツの生徒にこれ以上数々の愚かな行為をするのを私は許しません!」
  するとアミカスは暴言を吐き、先生につばを吐きます!
  ハリーはマントを脱ぎ捨て、「クルーシオ!」でもアミカスはハングマンのように吊るされただけ・・・
  先生にヴォルがこちらへ向かっている事を話します。
  そしてヴォルがあの洞窟の小島に向かっているのも感じています。
  逃げなさい、という先生に王冠の事を聞きますが、わからないようです。
  その時アミカスが復活!ハリーとルーナが杖を構えるその前に先生が「インペリオ!」
  アミカスは指示されたように、アレクトの隣の横たわり、先生がロープで縛り上げます。
  ヴォルがロケットを無くなっていることに気付いたのをハリーは知ります。
  ハリーは先生に、自分はダンブルドアの指示で動いている事、見つけなきゃならない物がホグワーツにあること、
  そしてヴォルが狙うのは自分だから、ホッグズヘッドへの道を使って生徒を逃がして欲しい事を話します。
  先生はわかってくれました。
  他の寮監にも知らせなくては・・・とルーナとハリーはマントに隠れ先生の後をついていきます。
  そこに現れたのは
スネイプ!杖を構えています。スネイプの印も熱くなっているようですね。
  「ハリー・ポッターを見なかったですか?もし見たら・・・」
  マクゴナガル先生は信じられない速さでスネイプを攻撃します。
  出した煙が剣になり鎧で防御しようとしたスネイプの胸に突き刺さります。
  「ミネルバ!」と走ってきたのは、
フリットウィック先生、スプラウト先生、そしてスラグホーンです。
  「ホグワーツでこれ以上殺人があってはいけない!」ろマクゴナガル先生を止めます。
  スネイプを自由にすると、逃げて行きました・・・
  ハリーの傷が痛み、はるか彼方に巨大なコウモリのようなものがこちらへ飛んでくるのが見えます。
  ハリーは先生に「学校にバリケードを張る必要があります、ヴォルがやって来る!」
  ハリーは王冠の事をフリットウィック先生に尋ねますが、やはりわからないようです。
  マクゴナガル先生が呪文をかけると、廊下に立っていた鎧をつけた像が台座から飛び降りてきました。
  あちこちで同じような音がします。
  「ホグワーツに危険が迫っています!私達を守り、今こそ学校への義務を果たすのです!」
  像は動き出します。中には動物もいますね。先生に「友人の所へ戻りなさい」と言われ、
  ハリーとルーナは必要の部屋へ急ぎます。部屋に入ると「!!」
  部屋を出た時と比べてはるかに多い人間がそこにいました。

  キングスリー、ルーピン、オリバー・ウッド、ケイティ・ベル、アンジェリーナ・ジョンソン、アリシア・スピネット、
  ビル、フラー、ウィーズリーおじさん、おばさん・・・!
  フレッドが残りのDAメンバーに知らせ、DAが騎士団に知らせたそうです。そしてハリーは今の状況を説明。
  いまや、部屋の中はDAメンバー、騎士団、昔のクィディッチチームがごっちゃになってますよ(喜)
  するとジニーとおばさんが言い争いをしています。「あなたはまだ未成年です!」
  ジニーは「家族のみんながここにいるのに、私だけ家で待ってるなんて我慢できない!」
  ジニーとハリーの目が合い、首を振るハリーを見て、ジニーは渋々受け入れます。
  とその時、大きな音がして、現れたのは
パーシー!!
  「遅れたかな?もう始まってる?」
  気まずい雰囲気・・・ウィーズリー家は固まってます・・・(爆)
  するとフラーが急に、ルーピンに向かい「テディの様子はどう?」と・・・(笑)「トンクスと一緒だよ。」
  ウィーズリー家、まだ見つめ合ったまま固まってます・・・
  ルーピンは「ピクニックに行ったんだ、ホラ!」と写真を見せました。すると・・・「僕がバカだった!」
  あまりの声の大きさに驚いて写真を落とすルーピン・・・
  「愚かだったと、大マヌケだ・・・」
  フレッドはパーシーと握手、おばさんはそのフレッドを押しのけ抱きついて大泣き!おじさんもパーシーを抱きしめます・・・。
  パーシーはアバーフォースとやっとの事で連絡が取れてここに来たようです。
  するとルーピンがおばさんに言います。
  「どうだろう?じにーはこの部屋に残っては・・・?少なくてもこの場にいるんだし、何が起こってるかもわかる。
  でも戦いの真っ只中にいるわけじゃない」
  おじさんもこの意見に賛成します。ジニーはまだ不満そうですが、まぁ納得・・・
  「ロンはどこ?ハーマイオニーは?」
  すると、ジニーが「もう大広間へ行ったわ。」ハリーが途中ですれ違わなかったと言うと、
  「トイレがどうとか・・・って言ってたわ、あなたが出てからそんなに経ってなかったわよ」
  ハリーはトイレをチェックしますが二人はいません。
  「ホントにトイレって言っ・・・」
  ハリーの傷が痛み、部屋が消えます・・・そしてハリーはヴォルが門のところにナギニと一緒に到着した事を知るのでした・・・



トイレってことは、マートルの登場かしら??


                      これまでの章は  こちら




コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 噴火(BlogPet) | トップ | 今週のワンピース(39号 / 第... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポンちゃんママ)
2007-08-27 22:10:01
ここを見つけて一気に読ませていただきました。
ありがとうございます!
邦訳が発行されるのはどうせ1年後だから、今あらすじを読んでも来年になれば新しい気持ちで読めるような気がします。続きもよろしく!
こんにちは! (こでまり)
2007-08-29 09:01:06
 ポンちゃんママさん、こんにちは!

かなりバッサリカットしていたりするので、日本語版を読むと、もっと知らなかったことが出てくると思います
だいたいの筋をわかってもらえればいいかな?と思ってUPしてますので・・・
仕事しながら家事をしながらなので、ボチボチになってしまいますが、
あともう少し頑張ります

ファンタジーいろいろ」カテゴリの最新記事