映画とワンピースのこでまり日記

映画の感想と月曜日にはワンピースのネタばれ更新中~♪
簡単な内容ですが映画の感想もボチボチ更新していきます。

●カンフー・パンダ(61)

2008-08-13 | 映画・DVD  か行

やっぱカンフーって面白いよね~!




’08 アメリカ 92分
監督・・・マーク・オズボーン
声の出演・・・ジャック・ブラック / ダスティン・ホフマン / アンジェリーナ・ジョリー / ジャッキー・チェン / ルーシー・リュー / イアン・マクジェーン 




中国の山深い村に住むパンダのポーは、村の“龍の戦士”の言い伝えを信じていた。父親はラーメン屋を経営していたが、ポーの憧れはカンフー。村のヒーロー、マスター・ファイブのようなカンフーの達人になるのを夢見ていたが現実は厳しかった。ある日、極悪カンフー・ウォリアー、タイ・ランが龍の巻物を狙い、村にやってくるという噂が流れる。巻物を守る“龍の戦士”が村から選ばれると聞き、ポーは武術大会に出場することに・・・(goo映画より)






これはとにかく字幕版で見たかった!
なんといっても豪華な声優陣!その中にジャッキーがいるとなればなおさらです。


      メタボなパンダ、ポー。師匠のシーフー老師。


そして街の人たちの憧れであるカンフーの達人、マスター・ファイブ。

      マスター・タイガー  マスター・ヘビ  マスター・モンキー


    マスター・ツル     マスター・カマキリ




カンフーの始祖であるウーグウェイがある予言をする。
それを阻止するため、最強の戦士『龍の戦士』を選ぶ大会が開かれるんだけど、
カンフーオタクであるポーはそれを見学に行った時に、ひょんなことから『龍の戦士』に選ばれちゃった!
    

デブっちょパンダでおまけにカンフーはからきしダメなポーを見て、
周りは「偶然に選ばれただけで、戦士はポーではない」とウーグウェイに進言しますが、
ウーグウェイは「偶然などない」と取り合いません。
仕方なくポーを鍛えようとするシーフー老師。

    

ある日、クッキー食べたさに3メートルの高さまで楽々登り、完璧な又割をするポーを見ます。
それ以降、シーフー老師はその食い意地を利用してポーを鍛えることに。

    

ウーグウェイがした予言というのは、このタイ・ランが脱獄して自分達の谷を襲いにやって来るというもの。
タイ・ランは驚異的な力で脱獄し谷へ向ってやって来ていました。
このタイ・ラン、実はシーフー老師と因縁のある仲だったんですね。

    

シーフー老師は代々伝わる龍の巻物をポーに託し、タイ・ランを止めようとするのですが・・・

    

    
    

なかなか面白かったですよ。
シーフーが饅頭を使って弟子を鍛えるところなんか、ジャッキー・チェンの『笑拳』そのものだったし、
城の感じは『HERO』に似てた気もします。

アクションシーンも、それぞれの動物に合わせたものが考えられていて、
見ていて飽きなかったです。
見てる間、何度もジャック・ブラックとポーの姿がだぶって見えてしかたなかったなぁ~
体型もそのものだし、表情も彼そっくり。

ストーリーもわかりやすいのでお子様にもオススメ。
近くで見ていた子供も、爆笑するシーンがかなりありました。
(字幕わかるんだろうか・・・?ってくらいの歳の子だったけど・・・)
でもジャッキーの台詞が少なくってちょっと残念・・・

ラストにおまけがあるので、最後まで見てね!


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■今週のワンピース(37・38号... | トップ | ●ベガスの恋に勝つルール(62) »
最新の画像もっと見る

映画・DVD  か行」カテゴリの最新記事