児玉時計店 ブログ

時計・メガネ・宝飾・補聴器 取り扱っております。
古い時計の修理もご相談ください。

ポートフィノ オートマチック     1/3

2019-12-25 | 修理
高級時計を複数所有されているお客様より、
オーバーホールのご依頼をいただきました、
IWC ポートフィノ オートマチック。

金属ブレスを留めるバネ棒がサビて固着していました。

ブレスを取り外さないと裏ブタが外せない構造の為、
ケースとブレスを傷つけないようにバネ棒のみを切断、

ブレスを取り外します。

ブレスとケースの間には汚れがこびり付いています。

裏ブタを留めるネジ穴にも

このように汚れカスが入り込み

ネジを緩めると沢山出てきました。

裏ブタを外してチェック。

汗などの水分がケース内に

入った痕が確認できます。

リューズ部分も同様に汚れが沢山こびり付き、

パッキンの劣化を早め、巻真にサビが発生しています。

ケースから取り出すと中枠にもサビが見られます。

時分秒針を取り外します。

中心部分を拡大すると、

劣化した油のカスが噴出し固着していました。

上品でシンプルなデザインの為、常にご愛用で、
長期間メンテナンスされずに使用されていたようです。

つづく。

この記事についてブログを書く
« ジュネーブ オートマチック ... | トップ | ポートフィノ オートマチッ... »
最新の画像もっと見る

修理」カテゴリの最新記事