山に一番近い駅「鶴巻温泉」 不動産屋の徒然日記  今日も丹沢・大山はそこにあるのです。

小田急線「鶴巻温泉駅」前の小高不動産。東京・横浜への通勤圏でありながらスローライフも楽しめる街。週末は山で川で畑で・・。

ツバメ その12

2009-06-30 16:54:51 | 龍言飛語

悲しいお知らせがあります。

一羽の子ツバメが天国へ旅立ってしまいました。今朝巣を見ると4羽しかいません。もしかして写真の板に止まっているうちの一羽が巣立ったのかと思ったのですが・・・、ふと道路に目を落とすと車に轢かれた死骸が・・・。可哀想に勢いあまって飛び出したところを轢かれてしまったようです。・・・・・・合掌

ショックを受けたのか、今日は残り4羽がみんな巣の中に入っています。

あわてずゆっくりでいいから残り4羽みんな元気に巣立って下さい。


ツバメ その11

2009-06-29 16:43:28 | 龍言飛語

今日、巣から2羽のヒナが出ました。巣の下にあるフン避けの板に飛び降りて羽をバタつかせて飛ぶ練習をしているようです。その様子を残り3羽のヒナたちが巣から心配そうに覗いてます。

「ガンバッテ! 僕たちもすぐ続くからね!」 と言っているようです。

無事全員が巣立ってくれますように・・・。

コメント (2)

ツバメ その10

2009-06-28 11:42:06 | 龍言飛語

どんどん成長して、もう体半分巣からはみだしてます。

翌日にはホントに一羽はみだしちゃいました。

もうあと数日で巣立ちそうです。今のところみんな元気に育っていますので、このまま全員無事に巣だって欲しいです。


祝 再開! うなぎ藤川さん

2009-06-26 09:37:59 | 龍言飛語

贔屓にしていたうなぎ屋さん「藤川」の大将が入院したのが3月末。二ヶ月の予定だと言っていたのでお店の様子を時々見ていたのですがなかなか電器が点かない。どうしたんだろう?と心配していたのですが、今週になって電器が点いているではありませんか! 良かった良かった。戻ってきたんだ!

ということで、さっそく食べてきました。うな重を。

「大将、お帰り。」 というと。

「まいっちゃたよ~。足が弱くなっちゃってさぁ。でも山歩きしてたからこうして回復も早かったんだと思うよ。」 とニコニコ。


うな重を食べていると

「どうだい? ひさしぶりのウチのうなぎは?」 と言うので

「うんまいよ~。いままでうなぎ断ってたんだから。」

すると更にニコニコ。

 

ホント良かった、帰ってきてくれて。全然痩せてもいなかったし、元気そう。

ここのうなぎを知ってしまうと他の店ではもう食べられなくなっちゃうんです。何しろホントに美味しいうなぎが1100円で食べられるんですから。大将の人柄もいいし。

良かった良かった。


ツバメ その9

2009-06-25 11:47:46 | 龍言飛語
ヒナたちが急激に成長しています。もうホントにはみ出しちゃいます。
あとどれくらいで巣立つのかなぁ? 気になって仕方がありません。

映画「剱岳 点の記」

2009-06-24 23:23:12 | 

楽しみにしていた映画「剱岳 点の記」を観てきました。

その感想は・・・う~ん、評価の難しい映画だと思います。個人的にはとっても良かったんです。キャストも原作のイメージにぴったりだし、山の美しさも厳しさも良く表現されていたし、ジーンとさせられました。なによりもどうやってこれを撮影したのかと思うほどのシーンが満載でした。

でも「娯楽映画」としてはどうなんでしょう? ストーリー展開に抑揚がなく単調で、たんたんと時間が過ぎていく感じです。この映画はあくまで新田次郎氏の原作を読んだことがあって、山が好きな人のための映画でしょう。そうでない人にとっては「つまらない映画」と言われてしまうかも。派手なハリウッド系映画が好きな人には評価されないでしょうね。一般向きではなくマニアックな映画なんだと思います。記録映画的とでもいいましょうか・・・。そもそも新田次郎氏の原作をわずか2時間余りの映画にすること自体に無理があるんだと思います。どうしてもストーリーをカットしなくちゃなりませんから・・・。昔の大作映画みたいに4~5時間とかの映画にすればもっと違うものになるんだと思います。

でも私にとっては100点です。美しくも厳しい立山の山々の中でお互いを信頼し助け合いながらストイックに仕事に打ち込む測量隊。それを追う山岳会。そのライバルである山岳会のメンバーたちは最後には・・・。
はっきり言って、遊びで山へ行っている自分が恥ずかしくなってきました。


香川照之さん演じる長次郎がこの映画の主役ですね。その存在感が傑出していました。(浅野忠信さん、ゴメンナサイ) 長次郎の実直で控え目でありながらも頼りになるその頑強な心と身体。最後まで案内人としての役割を全うしようとする責任感。本物の長次郎が乗り移っているようでした。またそんな長次郎を単なる案内人以上に仲間として評価し信頼する柴崎隊長役の浅野忠信さんももちろんカッコイイのですが、ちょっと演技を抑えすぎていた感が・・・。 あ~、でも何もかもが美しい!

とにかくこの映画を作ってくれてありがとう! と言いたいです。編集でカットされた全てのシーンを観てみたいです。

映画館の中は9割50歳代以上、1割3~40歳代、20歳代皆無ってな年齢構成で加齢臭ただよう館内でした。(笑)  もっと若い人にも観てもらいたいなぁ。
映画が終わると拍手が沸き起こっていましたよ。

美しい景色を観るだけでも価値がありますので皆さんも是非!


ツバメ その8

2009-06-22 10:37:32 | 龍言飛語

安心しました。ヒナたちは元気に育っているようです。

まだ産毛におおわれた身体をいっぱいに伸ばしてエサをおねだりしています。

この小さな巣の中に5羽います。育ってきたらはみ出しちゃいそうです。


ツバメ その7

2009-06-19 09:15:23 | 龍言飛語

やたらとツバメが巣の周りを飛び回っているので良く見てみると・・・。

これまでツガイの2羽で仲良く子育てしていたところにどうやら邪魔者が入ってきたようです。3羽のツバメが争っているのです。悪いツバメが子供を奪おうとでもしているのでしょうか? 必死に追い払おうとする親ツバメ。自然の摂理なので黙ってみていますがなんだか可哀想。なによりエサをなかなかもらえないヒナたちが不憫です。親ツバメが近づくと必死に首を伸ばして口を空けてる姿がいたいけで・・・。

ガンバレ!


ツバメ その6

2009-06-16 13:13:30 | 龍言飛語

とうとうヒナが生まれました。

写真では良く見えませんが生まれたばかりのヒナが4羽くらいいるようです。ときどき頭をもたげて口を一杯に開き一生懸命親鳥からエサをもらってます。まだ生まれたばかりで鳴いたりしないようですが、しばらくすれぱピーピーにぎやかになるでしょう。

おかあさん、がんばったね!


モラルの低下

2009-06-15 17:55:12 | 龍言飛語

管理している駐車場の草刈をしていて思うこと。

最近、駐車場に捨てられるゴミのなんと多いことか! 缶やペットボトル・吸殻は当然として、タイヤ、バッテリー、建築資材、挙句の果てにエアコン・テレビ・・・・。

もう泣きたくなってきます。 日本人のモラルはどこにいってしまったのでしょうか?