製本や御朱印帳作成、和綴じ製本なら高い実績【高知製本】ブログ

製本全般(和綴じ製本、上製本、合本、論文製本、図面製本、御朱印帳など)で多くの実績を誇る製本屋のブログ

見開き専用、横型特大判御朱印帳リリース

2018年05月24日 06時45分38秒 | 御朱印帳

押忍、高知製本です。

去年からでしょうか。たまに問い合わせを受けるようになったのが見開きの御朱印を納める御朱印帳作ってくれってリクエスト。三か月に一件ぐらいのニッチな問い合わせだったんですが、年末に立て続けに常連客の皆さんに、「作ったほうがいいよ!」って言われたので、重い腰を上げて制作に取り掛かりました。こんな感じ。

【見開き御朱印帳】横型特大判26x18cm/蛇腹式/無地系定番6色

見開きって言われても。。。って感じでよくわからんかったので、モニターの皆さんといろいろ話をして、仕様を考えてみたところ、どうやら蛇腹式御朱印帳の2面を使ったダイナミックな御朱印を頂ける神社さんが増えてきたらしく、その御朱印を折り目なく1枚に収めたいというニーズでした。そういう事だったのか。最初意味わからんかった。

で、作ったのが特大判の特大寸法で横向きにした蛇腹タイプの御朱印帳。見開き専用に考えています。実際にモニターの方が頂いた御朱印はこんな感じ。確かに綺麗ですね~。

実はこの見開き専用御朱印帳ってもっと面白い事も考えています。まだ内緒。え?ちょっとだけでも教えてくれって?しょうがないな~。

あのね、蛇腹式の横向きで今回先んじてリリースしましたが、これはこれでいいんですが、せっかくだからもっと面白くできないかな~と思って構造をいろいろと考えて揉んでいたところ、非常に画期的なものが仕上がったんですね、どこにもない構造の本。

これはすごいなと思って、現在特許庁へ実用新案登録の申請をしています。申請番号も割り振られてきたのでもうそろそろ登録されると思うんですが、登録完了したらそちらをメインに作っていこうと考えています。

ただ、画期的な商品ではあるんですがデメリットがあります。作るのすごくめんどくさい手間がかかるんですよ。。。(笑)まあけどしょうがないね、自分で考えたことだし。もはや自己満足の世界で商品を作ってますよ、職人っぽいねえ。けど、世間の皆さんとずれが生じないようにしないと、あまり独りよがりでもいけませんからね。僕が暴走した時には(よくするので)みなさん止めてくださいね。

===========================

・製本ならなんでもお任せ高知製本
・御朱印帳や納経帳、エンディングノートなど土佐和紙で企画中、高知製本ショップオープンです♪
御朱印帳販売Yahoo!ショップ店
高知製本フェイスブック
高知製本ツイッター
激安、1冊からの出版のカタチ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 最強シリーズに蛇腹版が登場! | トップ | 工場の屋根工事、始まります! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

御朱印帳」カテゴリの最新記事