製本や御朱印帳作成、和綴じ製本なら高い実績【高知製本】ブログ

製本全般(和綴じ製本、上製本、合本、論文製本、図面製本、御朱印帳など)で多くの実績を誇る製本屋のブログ

断裁機買いました!

2018年08月28日 14時26分41秒 | 技術継承

押忍、高知製本です。

去年ぐらいからか、うちの断裁機の基盤がどうもこうも調子悪くなって、動かない事が起こり始めまして、そろそろ寿命かな~って事で新しい断裁機を購入しました。新台なので僕が死ぬまで、まあ30年ぐらいは使えるんでしょうかね。

来月納品です、今まで使っていた断裁機に比べるとちょっと小型になるんですが、まあA4の16P全紙とかで持ってくる印刷屋も最近はないので、そこまででかい断裁機もいらないかなと思い、大型の断裁機ではなく中型にしてみました。去年買った断裁は小型だったので、微妙に切れない寸法のものがあったりするので、2台併用すれば仕事がはかどりますな。

今回はドイツ製の断裁ではなくメイドインジャパンな国産。製本機械って、質はやっぱり圧倒的にドイツ製が優れているんですが、国産のメーカーも近年頑張っていて、もうほぼ大差のない完成度になっているようです。ドイツ製の場合は、メイン基板がイカレたりすると、基盤の輸入から修理までの時間がめちゃくちゃかかったりもするので、そういった点では国産の機械って安心できる点ですね。

また、いろいろと機械を購入する前に各方面に聞いてみたところ、最近はドイツ製と言っても、製造は別の国(某C国)だったりするので、やっぱり質の低下があるようで評判はあまりよろしくないんですよね、同じプラスチックの部品でもドイツや日本で作るプラスチックと某国で作るプラスチックは質が全然違うわけでして、それが「高くてもいいからいいものが欲しい」という思いでわざわざドイツの機械を買うというモチベーションになっていたんですが、それが薄れてきているような気がします。

まあ、あまり業界の裏話を載せると怒られそうなので、このへんで止めておきます。

 

===========================

・製本ならなんでもお任せ高知製本
・御朱印帳や納経帳、エンディングノートなど土佐和紙で企画中、高知製本ショップオープンです♪
御朱印帳販売Yahoo!ショップ店
高知製本フェイスブック
高知製本ツイッター
激安、1冊からの出版のカタチ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 見開き御朱印の上製本タイプ | トップ | 御朱印帳プレゼント企画! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

技術継承」カテゴリの最新記事