Category : いかすMovie


こっちゃんポイント ★★★★

鑑賞環境  試写会 
上映時間 119分
製作国 日本
公開情報 劇場公開 (アスミック・エース)
初公開年月 2006/05/13
ジャンル コメディ/ドラマ

兄・明信(佐々木蔵之介)と弟・徹信(ドランクドラゴン:塚地武雅)の間宮兄弟は、マンションで2人暮らし。一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデオを観ては涙する。もういい大人の2人だけれど、仲の良さは子供の頃と全く同じ。いや、むしろ人生を共にしてきた太い絆の分だけ、さらに仲良くなっているかも。ある日、彼らは行きつけのレンタル屋さんの店員、直美ちゃん(沢尻エリカ)と、徹信の務める小学校の依子先生(常盤貴子)を誘ってカレーパーティーを開くことを決意。頑張って彼女たちに声をかけるのだった。

 

(goo映画より抜粋)

「何が、どうした」ってお話しじゃないんですけど、これは。
ただ、こんな兄弟がいるってお話です。
そして、とにかくユルい。(笑)

森田芳光という監督は、とても面白い人なのだ。と、この映画を観ながら思いましたね。
いや、映画の中の笑いのネタとか、そういうことじゃなくてね。
なんかこう、良い意味でも、また悪い意味でも期待を裏切るっていうか....そういう人なんだ、と。

そんな風に思ったんですよ。

良く良く考えてみたら、こっちゃんは過去記事で、森田監督の作品に対してメチャメチャ厳しい感想をぶつけていましたね。そう、ここで。(笑)読み返してみて、たかがこっちゃんごときが、こんな露骨なバッシング記事を書いて良いのか?と、今さら驚いてしまいました。┌|∵|┘ハッ .....そして反省。

いや~~~。
それにしても、観たときの感想を”素直に書き残す”というのは、何ともまぁ恐ろしい行為なのですねぇ
( ̄∀ ̄*)アハハ。

でもね、確かに「海猫」はヒドかった。そのころCMでメチャ人気のあった伊東美咲を主役にキャスティングしてしまったが為に、「彼女のCMを抱えた関係者サイドからの声が厳しく、作品が捻じ曲がった出来になってしまったのではないか?」なんて憶測まで飛び出したようですが、そんな憶測すらも妙に納得できてしまうほど、ヒドイ感想を持ってしまいました。

「模倣犯」に至っては、途中で気分が悪くなり、観るのを止めてしまったほどですしね。
だから、こっちゃんの中で森田監督は、「肌が合わない」、そんな監督のはずでした。

それが、この映画「間宮兄弟」に関しては、映画館でチラシを手にした時から妙に惹かれるものを感じてしまい、その後目にした予告編で一気にソソられてしまったのです。その時点では、コレがあの「海猫」の森田芳光監督の作品だとは意識もしませんでしたし、また想像すら出来ませんでした。

でも、今回この映画を観て、昨年から患っていた”森田アレルギー”が少し治癒の方向へ向かったわけでして。そこで更に気を良くして、また次の日、監督の過去の作品「(ハル)」を観たりもしてみてね。

いやぁ、そこでガツン!と来ましたねぇ。「あ~、映画って深いな」、と。どんな映画も観るまで分からない。どんな苦手な監督の作品にも、自分に合うものがあるかもしれないと。思い知ったわけです。

ちなみに機会があれば今度あらためて感想をUPしようかと思いますけど、「(ハル)」に関して言えば、こっちゃんポイント★★★★★くらいつけちゃう作品かもしれません。ほんと良かったんです。

ま、そんなコトばかり言ってても仕方ないので、この作品「間宮兄弟」のことをチョット書きはじめましょう。
この映画「間宮兄弟」はタイトルの通りのお話です。間宮兄弟の話なんですよ。(笑)ヾ(ーー )ォィ マンマヤン

いや、正確には話というよりも、”単なる日常”を切り抜いただけのような映画でした。ストーリーなんてあって無いようなもの。正直、「こんなことが映画になるのか?」と驚かれる方もいるのではないかと思うほどのストーリーです。

”ストーリー展開”と呼べるホド、展開するわけでなければ、決定的なオチがつくわけでもない。

それでもこの映画の中の”間宮兄弟”は、時に「泣き」、時に「笑い」、そして「慰め合い」、そして「ほのかな恋心を抱いたり」など、とても人間らしい感情の一面を分かりやすく、しかしどこか不思議に見せてくれます。これは、”兄弟愛を極めたカタチというか、いやむしろ超越したカンジというか....。

田舎を離れ、マンション暮らしをする二人。当然のごとく同棲生活。兄はビール、弟はコーヒー牛乳(ビン入り)を飲みながら、仲良く自宅のテレビで野球や映画を観る。野球は記録を取りながら、映画は一晩に何本も観るほどの熱心さ。・・・というか物好きさ。

部屋には弟が大好きな新幹線の模型が一定の角度を保ちキチッ!と配置され、壁には★☆マークのタミヤ模型のTシャツが掛けられている。寝室の収納にはTVゲームではなく、今どきのボードゲームがいっぱい。野球盤なんか、まるでそこにディスプレイされているかのように置かれていたりします。

これじゃ”間宮兄弟”じゃなくて、”マニア兄弟”だよ」そう来客に言われるのも無理はない。(笑)

まぁこの映画、観てもらえれば分かりますけど、これはまるで森田監督がキャラクター作りに命を掛けたかのような映画でして。その出来上がったキャラは、観ているだけで面白い。で、あり得ないトコが羨(うらや)ましかったりして。何だかヘンな空気に納得させられちゃうんです。あぁ、映画ってコレで良いんだな。こんなんで成立するんだな、と(笑)

この映画に出てくるキャストはそういう意味でとっても魅力に溢れた人たちばかり。背の高い兄(佐々木蔵之介)、ズングリムックリ型の弟(塚地武雅)をはじめとして、ロールスロイスを乗り回す田舎の母(中島みゆき)もこれまた良い感じ。「この親ならこの子ありだね」、なんて説得力があったりしてね(笑)
他に、いくら先生でもその髪は地味すぎるだろ?の葛原依子先生(常盤貴子)や、TSUTAYAらしきレンタルビデオショップの店員:本間直美ちゃん(沢尻エリカ)なんかがこの映画に華を添えてくれます。

この映画は、先週の金曜日(2006年5月12日)に「試写会」として観たのですが、東京ではなんと、その翌日13日から公開が始まるそうで。札幌の公開は5月27日だそうです。(全国でも、遅いトコでは2006年7月以降に公開されますので、観に行かれる予定の方は事前にちゃんとチェックしておいた方が良いと思います。)

実はそんな中、この映画の監督:森田芳光氏が来札(札幌に来て頂いたという意味です)されまして、鑑賞前に色々と興味深いお話を聞かせてくれました。
「映画の中で線香花火をみんなでするシーンがあります。そこで誰の花火が最後まで残るのか?そしてその花火を持っていた人のその時の心境ってどんなだろう?ってね。これが映画なんです。」
へぇ~ッ。なるほどですね。

この映画がツボにくる人、そうでない人、色々いるかと思いますが、実は家に帰って2~3日経ってから、ふと、またこの映画のことを思い出すと、また「間宮兄弟」に会いたくなってくるから不思議です。

ひとつ思ったのは、森田監督という人は、前作までの自分の路線と全く違った映画を作る人なのかもしれませんね。それは「過去にコダわらないコトへのコダわり」でもあるように感じます。常に、新しいもの、興味の沸いたコトを作品に取り入れる。この辺が、森田流なのでしょうね。
だから「前作がダメでも、今度はハマる」なんてコトが、平気で起こるのでしょう。もちろん、その逆もあるわけですけど。そういった意味では、これからもドンドン、みんなの期待を裏切り続ける監督さんなのかもしれません。

全てが爆笑!とは言いませんが、普通の生活の中にありそうな「ユルい笑い」や「ユルい幸せ」を拾い集める....そんな映画のようでもありました。

ちょっと好きな映画です~♪

 

《2006.08.17記事一部改訂》

【作品】間宮兄弟   
 

間宮兄弟

小学館

江國香織さん著の原作



Comment ( 25 )  |  Trackback ( 25 )
     
« タイヨウのう... かもめ食堂 (2... »




 
コメント
 
 
 
もう見てこられたのですねっ。 (Ageha)
2006-05-15 14:42:34
13日から公開っていうから

こっちでも見れるのかと思いきや

20日からなんです、トホホ・・・。



ロールスロイスに乗って登場する

まったりな中島みゆきが早く見たいです。(おい)



かもめ食堂といい、コレといい、

こういう感じの映画はやるんですかね?今年は。



PS:余談ですが「(ハル)」好きですよぉ。

記事もUPしてます。

昔々に書いてるので今よりレビューのまとめかたヒドイですけど(ノ*゜▽゜)ノ
 
 
 
森田監督といえば ()
2006-05-15 16:14:32
函館(近郊)好きって印象。



私がものすっごい小さいとき

地元の海岸に沢田研二と樋口可南子(だったような)で

映画撮ってましたよ。

(たしか森田作品の様な気が…)



高校生くらいの時もたしか「キッチン(こっちは函館だ)」

撮りにきてた。



森田=道南なイメージなんだけど~。



間宮兄弟はどこが舞台??
 
 
 
よさそーですね。 (ママ)
2006-05-15 16:51:13
中島みゆきが出るんですか。

ということは、北海道で、海の見えるところの感じがします。

中島みゆきから生まれた息子…楽しみです。

 
 
 
ゆるゆるゆるるる (やっぱり邦画好き…)
2006-05-15 17:06:05
で、良い映画でしたね。

キャストも好きな顔ぶれでとっても楽しめました♪



 
 
 
東京では (Anvil)
2006-05-15 18:38:44
もう公開しているのですね。

最近仕事もひと段落して、生活がちょっとユルくなり気味ですが、

ここらで、もうひとユルしてきますかww



落ち着いてみると、全然似てないのに

何故かスクリーンでは似て見える兄弟って感じでした?
 
 
 
ゆる~~い (ゆるかぶ)
2006-05-15 20:03:31
・・・感じだな、こりゃ、まさに。

そうかぁ~、森田監督って言ったら、やはり「模倣犯」でひいちゃったなぁ~。

あれ最悪だよね。(~o~;



こういう映画もたまにはエエかぁ~?
 
 
 
そうだね~。 (m52387177)
2006-05-15 21:24:12
映画って、見てみないと解らないもの多いですよね。



自分が苦手の題材や監督や俳優でも、見てみるととっても面白いものはたくさんあるよね~~。



好き嫌いしないでなるべく見るようにしてるけど、尾フランスだけはちょっとね~~。(´▽`*)アハハ
 
 
 
いいねぇ (kino)
2006-05-15 22:16:11
原作スキです!

なおみちゃんがレンタルビデオ屋の店員だから、

映画のタイトルなんかもよく出てきたけど、

なかなかいいチョイスですよ、間宮兄!



映画化がドタバタだったらやだなーと思ったけど

まったり風味なようなので、楽しみです。

観たい映画多いわぁ~。

 
 
 
確かに! (miyu)
2006-05-15 23:34:44
コレは気になるよねぇ~♪

チラシとか予告でかなり惹きつけられちゃいますよね。

基本的にはあたしもユルイ人なので、

ちょうどいいかもしれない♪

森田アレルギー克服おめでと!(´▽`*)アハハ
 
 
 
かなりユルいです。 (【お返事】こっちゃん)
2006-05-16 16:33:24
▼Agehaさんへ

おお。そーですか!

20日と言えば「ダ・ヴィンチ・コード」と同じ日じゃないですか!

そっちを蹴ってコチラを観ますか?

もしそうならAgehaさん、素敵すぎます(笑)

ダ・ヴィンチよりこっちの謎の方が解きやすいと思いますゆる~~~



▼るさんへ

あ、「海猫」だね、それこそ。

南茅部だもんね。

今回は北海道じゃないよ。

兄弟が住んでるのは東京の下町です。

そこでマンション二人暮らし。

あ、そかー。

「キッチン」も函館なんだね。

今度観るねゆる~~~



▼ママさんへ

えへへ。

今回は北海道じゃないんですよ。

兄弟は東京、母の中島みゆきは静岡です。

北海道の人ってイメージ、やっぱ強いのかな?

こっちゃん的にはみゆきより千春なんだけど

千春映画に出ればいいのに(笑)ゆる~~~



▼やっぱり邦画好き・・・さんへ

ユルかったッス(笑)

いいですね、このユルイかんじ。

のほほ~んと笑えました。

キャスト、味がありましたね~ゆる~~~



▼Anvilさんへ

もうひとユルして行って下さい(笑)

そうですねー

スクリーンではやっぱり兄弟って見えてきますね。

二人の性格もいかにも!ってカンジなんですよ~(笑)

組合の会議で煮詰まったときなんか、こういうの良いですよゆる?



▼かぶろぐさんへ

「模倣ハン」最悪でした。

あれなら「モウコハン」の方がまだマシです。

具合悪くなって寝込みそうになりました。

なんであんな映画作ったかな~~~

たまにはエエヨ。こんなのも。

どう?ゆる~ん



▼mくんへ

おお。

それでもやっぱ雄フランスはダメかい?(笑)

とかいって、中には「コーラス」みたいなのもあるからね。

それでも、好き嫌い大いに結構。

そんな風に言われてるような映画でもありましたよ。

mくんは観ないだろうなぁゆるっ!



▼kinoさんへ

へぇ~

原作では映画のタイトルまで出てるんだね。

映画ではあまり出ませんでした。

そっかー

なかなか良いチョイスですか?

やるな間宮兄弟!

これ、絶対kinoさん向けだと思う(笑)ゆるるるる~~~



▼miyuさんへ

たしかに、この映画の中にmiyuさんが一人くらい出てても

おかしくないかもね?

違和感きっとありません(笑)

ストーリーのどうでもいい映画ってのもたまには良いですね。

キャラ命っていうのがなんとも潔いカンジで

miyuさんは観るのかな?ゆる~ん
 
 
 
ミルミル!!! (MAY)
2006-05-16 17:13:44
観る予定です~♪ゆる系ほんわか系、大好き。

楽しみ☆

こっちでは5・27~だから松子とかぶるのよ!

松子優先になりそうだけど観るわ♪
 
 
 
▼MAYさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-05-17 14:34:46
おお。観るですか?

松子とカブっても観て下さいね♪

気持ち良い様なそうで無いような微妙なユルさ加減が絶妙ですよ。



最後に溶けないように気をつけてね
 
 
 
原作読みました (km_achin)
2006-05-17 23:24:52
友達に勧められて、半年くらい前に原作読みました。本で読んだから、映画はパスでもいいや、なんて思ってます

このあいだ「(ハル)」をたまたま観ました。良かったです。好きな映画です。
 
 
 
▼km_achinさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-05-18 15:35:23
原作を?

へ~~~。

でも映画はパスなんだね(笑)

ま、それも良いかと・・・



「(ハル)」はこっちゃんも良かったな~~~

深っちゃんがまたヨカッタね♪
 
 
 
マニアといわせたい (現象)
2006-05-21 00:01:02
お久しぶりです!

かなりツボっちゃいました。

マニア兄弟って言わせたいがための苗字「間宮」のようなw

スタイルがないことがスタイル、みたいな感じですかね?森田監督。

僕も何気に作品を見ていると思うんですが、

「何気に」というのは別に森田作品を見ようとしたわけでなく、

見た映画を後で調べてみたら監督が森田氏だったみたいな感じで、

その時の旬をうまく題材にしている印象があります。
 
 
 
▼現象さんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-05-22 23:27:05
はい~。

こちらこそごぶさたしてました~~~

お元気でしたか?



これはツボにくる人は来るでしょうね~~~

こっちゃんもかなりコチョコチョとくすぐられた感じです。

森田監督・・・色んな意味で面白い人ではあります。



たしかに印象に残る作品をいっぱい作ってはいます。

良い意味でも悪い意味でも・・・ね
 
 
 
やられた・・・というマッタリコメディ。 (Ageha)
2006-05-25 18:39:43
質問。

1.あのものすごい波立てて風呂からあがったのは

だれだったんでしょう?



2.ラストシーンで直美の妹夕美から送られてきた

メールはどんなだったんでしょう?



3.タライはお約束?なんか意味ある??



一番びっくりしたのは玉木のフランス語だったかな。(爆)



「侮れない」・・に会場大爆笑でした。
 
 
 
▼Agehaさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-05-27 09:50:24
ヤラレましたか?おおお。

マッタリでしたね。ほんと~



 答え。

 1.安岡力也(深い意味はない)



 2.「今度オムライスパーティしましょ





 3.お約束です。意味はドリフに聞いて下さい。



あの”フランス語”は意表をついたね、ホント。

「侮れない」モンだ、ったく(笑)
 
 
 
黄色い新幹線 (kino)
2006-05-29 23:37:07
新幹線って面白いねー。

映画、ほのぼのよかったです。

原作を知らずに観ると もっと笑えて楽しめたかも・・

と 思うと少し残念。

沢尻エリカちゃんは 顔ちっさいねー!!

彼氏の部屋にて、が やけにリアルでした/face_maji/}
 
 
 
▼kinoさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-05-30 10:37:30
クヨクヨしたら新幹線を見に行こう!

って、北海道には新幹線ないんだった

原作ってどんなカンジかな~って思っちゃう映画ですね。

こんな世界をどうやって活字にするんじゃ?って思います。

思い出し笑いをしちゃうような映画ですよね、これって。



沢尻エリカちゃんは顔小さかった。

周りがデカかったのもあると思うけど・・・。

常盤貴子も良かったな
 
 
 
こんにちは~ (もじもじ猫)
2006-06-08 14:36:14
そうだ。間宮弟、北海道に転勤になったらどうするんだろう?

(まあ、そんな広域転勤はないでしょう、小学校・笑)

原作も面白いですよ。

森田監督のオリジナル小技が、かなり入ってます。

うるさいくらいです。



「模倣犯」は、ラストがぶち壊しでした、確かに。

そして、森田監督は函館にセカンドハウスがあったはず。

「キッチン」は札幌の風景も出てきます。
 
 
 
▼もじもじ猫さんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-06-09 08:57:06
あ、どうなるんでしょうね。

離れ離れでしょうか?

その場合は電話かな?

ネットかな?

う~んふくらまないなぁ・・・

森田監督って函館にセカンドハウスがあるの?

「キッチン」も観てみようかな~

コメントありがと♪
 
 
 
遅ればせながら♪ (may)
2006-08-24 00:32:07
観そびれて諦めかけていたら、

なんと近くに舞い戻ってきたよ♪



ゆるゆるで面白かったー^^

間宮兄弟のお家へ遊びに行きたくなったよ。

森田監督を同じく見直しました♡←エラそうプー!(*≧m≦)=3

TBさせてね♬♪
 
 
 
▼mayさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-08-24 10:18:19
へ~。

mayさんのとこはこの映画2回回ってきたってこと?

それはヨカッタね。



この映画観ると、間宮兄弟宅に遊びに行きたくなるよね。

と言いつつ実際に身近にいたらヒクとは思うけど。



森田監督は当たりハズレが大きいです。



TBありがちょ♪
 
 
 
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-01-08 16:08:12
 DVDで観ましたが、私もこれ、好きでしたー^^
 あのキャラクターというか、キャスティングというか、
 めちゃめちゃツボりました(笑)
 2~3日経てばまた間宮兄弟に会いたくなるっていうの、
 すごい同感です!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
『間宮兄弟』 (京の昼寝~♪)
間宮兄弟はどこにでもいる     ■監督・脚本 森田芳光■原作 江國香織■キャスト 佐々木蔵之介、塚地武雄(ドランクドラゴン)、常磐貴子、沢尻エリカ、北川景子、戸田菜穂、岩崎ひろみ、佐藤隆太、中島みゆき□オフィシャルサイト  『間宮兄弟 ...
 
 
 
『 間宮兄弟 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 間宮兄弟 』 [劇場鑑賞] 2006年:日本  【5月13日ロードショー】 [ 上映劇場  ] 監 督:森田芳光 脚 本:森田芳光 原 作:江國香織 「間宮兄弟 」  江國 香織 間宮兄弟 [ キャスト ] ...
 
 
 
「間宮兄弟」 江國香織 (目の中のリンゴ)
5月13日から公開の映画「間宮兄弟」の予告を先日観たら  映画の方もおもしろそうだったので、前に読んだ原作を読み返しました。 「間宮兄弟」 江國香織(小学館) 30過ぎて独身の男兄弟、明信と徹信は、仲良く二人暮ししている。 酒造メーカー勤務の兄・明信 ...
 
 
 
今日も反省会【間宮兄弟】 (犬も歩けばBohにあたる!)
江國香織著『間宮兄弟』が映画化された。 普段、江國香織は読まないのだが、タイト
 
 
 
間宮兄弟 (ダラックマ日記)
間宮兄弟 を観に行ってきました。 佐々木蔵之介、塚ちゃん。原作は江國香織・・・こりゃ楽しみだ! 恵比寿まで行かなきゃか!?・・・と思っていたんですが、 としまえんでやっていることが判明。 友達に“としまえんで間宮兄弟やってるから、今度仕事の帰 ...
 
 
 
私にも心当たりがある。『間宮兄弟』 (水曜日のシネマ日記)
30歳を過ぎた独身同士、共同生活を送る仲良し兄弟の物語です。
 
 
 
間宮兄弟@恵比寿ガーデンシネマ (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
間宮兄弟はここにもいる。大きい夢や希望など持っていないが、日々の小さな幸せだけを追い求め、趣味に生き、無駄な雑学を増やし、女心の分からない僕は果たして、間宮兄弟のどちらだろうと、鑑賞前に思っていた。森田芳光といえば「家族ゲーム」「(ハル)」など ...
 
 
 
「間宮兄弟」と舞台挨拶 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
5月20日から「間宮兄弟」関西上映開始、 それに伴う舞台挨拶! 行ってきました、京都シネマ、7時に並んで60番台でした! 公式HPはコチラ、 公式ブログはコチラ、写真の真相もコチラて! 以下、弱冠のネタバレ注意、舞台挨拶はラストに書きます。 大きな事件が ...
 
 
 
間宮兄弟 (とにかく、映画好きなもので。)
マンションで二人暮らしをしている兄弟。  兄・明信(佐々木蔵之介)と弟・徹信(塚地武雅)は、一緒にゴハンを食べ、遊び、野球観戦をしたりしている。  大の大人の兄弟だが、子供の頃から、ずっと仲良し。  ある日、行きつけのレンタル屋さんの ...
 
 
 
間宮兄弟 (マボロシログ)
間宮兄弟原作:江國香織監督:森田芳光出演:佐々木蔵之介/塚地武雄/常盤貴子/沢尻エリカ/戸田菜穂/他兄・明信と弟・徹信の間宮兄弟は、マンションで2人暮らし。一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデ...
 
 
 
「間宮兄弟」(金も名誉も彼女もいない・・・だけど、お前がいてくれる。) (カオリン&チョチョリンの親育て・子育て)
公開前から気になってた作品だったんで、見てきました。 佐々木蔵之介・塚地武雄(ドランクドラゴン)・常盤貴子・江尻エリカ・・・と何ともふしぎな取り合わせのこの映画。 爆笑も感動の号泣もないけど、なんか胸に、じわぁ~んと温かさが届きました。
 
 
 
間宮兄弟。~ボクらと彼女らと時々オカン~ (ペパーミントの魔術師)
ハイ、すいません。調子に乗りすぎました。(爆) 個人的な感想をいうと「かもめ食堂」とええ勝負です。 フィンランドへ行ってしまったカッコいいスローライフと違って もっと手のとどくとこにある、 ホントになんでもない日常の風景のなかで、 ひとつ間違えると ...
 
 
 
間宮兄弟(映画館) (ひるめし。)
だって間宮兄弟を見てごらんよ。いまだに一緒に遊んでるじゃん。 CAST:佐々木蔵之介/塚地武雅/常盤貴子/沢尻エリカ/北川景子 他 ■日本産 119分 とってもユルユルでほのぼのした作品。 この前観た「ピンクパンサー」とはまた違ったおもしろさ。 ワタシは間 ...
 
 
 
「間宮兄弟」 女の子にモテなくたって (目の中のリンゴ)
評判いいですねー 間宮兄弟。 監督をはじめ、兄弟役の佐々木さん塚地さんも、 各種メディアに出まくって宣伝なさってます。 (佐々木さんって キリンみたいですよね) 原作の江國さんの小説は好きで、ほとんど読んでます。 モテないオタク兄弟が主人公というの ...
 
 
 
【劇場鑑賞58】間宮兄弟 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『信じられないな。ここに女の人が来るなんて』 『母さんが二人来ると思えばいいんだよ』 『猫か犬の写真とか貼らなくていいのか?』 食べる 飲む 働く 集める 寝る 誘う ふられる ドキドキする 遊ぶ 喜ぶ 脅される 怒る なぐさめ ...
 
 
 
『間宮兄弟』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:]    5/13公開   (公式サイト) (公式ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 癒し度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】森田芳光 ...
 
 
 
「間宮兄弟」 (もじもじ猫日記)
本を読んだときにも、 間宮兄弟がアリかナシなら、ナシってことだったけど、 やっぱナシだわ、あはは。 ミョーな兄弟は、 お向かいさんにはなんらかの興味がありそうだが、 干してある下着には目もくれない。 壁一面の本棚はいいなぁ、と思ったけれど、 (「東京 ...
 
 
 
毒のなさが良さでもあり、欠点でもある「間宮兄弟」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 先週末、見損じた映画「間宮兄弟」(森田芳光監督、江國香織原作)をきょう、京都シネマで観てきた。時折、笑えるシーンがあるものの、全体として平板で、やや盛り上がりに欠ける印象を否めない。おそろしく仲のよい30代の男兄弟というのが、ちょっと気持ち悪 ...
 
 
 
間宮兄弟 (PLANET OF THE BLUE)
これ5月に見たんですよ^^; 公開も終わってるでしょうし今更なんですけど感想を・・・。 監督・脚本  森田 芳光 原作  江國 香織 出演  佐々木 蔵之介  塚地 武雅  常盤 貴子      沢尻 エリカ  北川 景子 ストーリー ...
 
 
 
『間宮兄弟』 (*コトの葉*)
2006年 日本 119分 監督・脚本:森田芳光  原作:江國香織 出演:佐々木蔵之介(明信) 塚地武雅(徹信) 常盤貴子 沢尻エリカ  {{{: 東京の下町のとあるマンション。30代の現在も仲良く同居を続ける間宮兄弟。兄・明信はビール会社の商品開発研 ...
 
 
 
DVD『間宮兄弟』 (みかんのReading Diary♪)
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)(2006/日本) ビール会社の商品開発研究員の兄・間宮明信と小学校校務員の弟・間宮徹信は、30歳を過ぎても仲良く同居生活を送っていた。兄弟は女性から恋愛の対象として見られることはなく、ありふれた日 ...
 
 
 
間宮兄弟 (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「間宮兄弟」         (森田芳光:監督・脚本/江國香織:原作)    背が高く細身の兄(佐々木蔵之介)と、  ずんぐりむっくりな弟(塚地武雅)。  見た目が対照的なこの間宮兄弟の、  その仲良しぶりや、やることなすことが、  キ ...
 
 
 
mini review 07041「間宮兄弟」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : コメディ ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 119分 公開日 : 2006-05-13~ 監督 : 森田芳光 出演 : 佐々木蔵之介 ドランクドラゴン 常盤貴子 沢尻エリカ 北川景子 戸田菜穂 岩崎ひろみ 佐藤隆太 広田レオナ 加藤治子 ...
 
 
 
間宮兄弟 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だって間宮兄弟を見てごらんよ。 いまだに一緒に遊んでるじゃん。』  コチラの「間宮兄弟」は、江國香織の同名小説を映画化したほのぼのコメディです。監督は、「椿三十郎」の森田芳光監督。  主演は、同作でコミカル担当の押入れ侍を演じた佐々木蔵之助、そし...
 
 
 
映画評:間宮兄弟 (映画と写真のブログ)
間宮兄弟の弟、徹信は小学校の用務員。 間宮兄弟の兄、明信はビール会社の商品開発研究員。 二人はいつも仲良しで、一緒に暮らしている。 もういい大人だだけど、いつまでも子供みたい。 ある日、弟の徹信がぽつりと提案する。 「この部屋で、カレーパーテ...
 
 
 

アクセス解析