Category : むむむMovie


こっちゃんポイント

鑑賞環境 

★★

試写会 

上映時間 120分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (FOX)
初公開年月 2005/09/03
ジャンル コメディ/犯罪

映画業界での成功を果たしたチリ(ジョン・トラボルタ)だが、業界に嫌気がさした彼は、かつての稼業に戻ろうと思い始めていた。そんなとき、インディーズ・レーベルを立ち上げている古くからの友人トミーから、映画業界を描いた企画があると話を持ちかけられる。なんでも、売り出したい歌手がいるのだとか。だが、肝心のトミーはロシアのマフィアに殺されてしまう。しかし彼の言っていた新人リンダ(クリスティーナ・ミリアン)のパフォーマンスを見たチリは、その才能に惚れ、彼女をスターにしてみせると決意。早速、リンダのマネージャーに名乗り出るのだが…。(goo映画より抜粋)

 

トラさん映画の新作です!今回はヒロインにユマさんをお迎えして・・・・・。おおっと!まるで寅さんのような紹介をしてしまいました。そっちの寅さんじゃあないんだよっ!トラボルタさまです。

見どころはふんだんにあり。でもイマイチつまらない感覚漂うこの映画。何だか懐かしいような不思議な感覚。この映画の設定、どこかで聞いたことあるな・・・・。随分前に観た憶えが・・・・・。ん?チリ・パーマー?益々聞いたコトあるな・・・。と、思ったら、なんとあの「ゲット・ショーティ」の続編だったのね。その一言で全てが納得!あれも正しくこんな映画でした。そして、今回もその主役はトラボルタなのですね。相方にはユマ・サーマン、そしてそこへハーヴェイ・カイテルが絡んで・・・・と何とも「パルプ・フィクション」ちっくなノリが売りらしいですね。

 

監督はあの「交渉人」(真下正義じゃないよ)とか、「ミニミニ大作戦」でヒットを飛ばしたF・ゲイリー・グレイですが、あんな歯切れの良さを期待するとまるっきりの肩透かしを喰らっちゃう感じです。オープニングは永遠の名曲「宇宙のファンタジー」が流れ、さっそうと黒ベンツを運転するトラボルタの姿に「おお!」と思わされ、突然目の前でいきなり友人の殺人劇が起こっちゃったりしますが、その後の展開ときたら、あっちでむにゅむにゅ。こっちでこちょこちょってな感じの流れなんですね~。前作同様、コメディタッチのサクセスストーリーで、油断してるとたま~にわき腹をくすぐられる感じの笑いで責めてきたりもします。

今回は、映画界で名を上げたチリ・パーマーが、新人の女の子を発掘し、インディーズレーベルの社長イーディ(ユマ・サーマン)と組んで、彼女をスターに押し上げよう!なんてお話なのです。元ギャングというだけあって、どんな事態にもタジログことなく、クールに対処するトラボルタがカッコいいですね。その言葉使いや立ち回りが実に巧く、向けられた銃口を相手に自然に下ろさせる。まったくお見事!お見事!

でもね、これ明らかに演出不足の感じがあるんですよね~。そこが狙いなのかも知れないけど。わざとB級風味に仕上げたみたいなトコが見え隠れ。コレだけ個々のキャラクターに個性を持たせときながら、勿体無い感じがあって歯がゆいのですが、監督がそーしたかったならしょうがないモンなぁ。そうは言いながらも、そんな展開のまま、それでも次に何かが起こりそうな気がして最後まで観てしまったんだから、ある意味監督の狙いにハマっちゃったのかもネ。

この映画、とにかく俳優に目が行っちゃう。面白かったのは、エアロスミススティーブン・タイラーがまるっきり本人の役で登場!映画の中でライヴステージまでやってくれたって事。あの迫力ある歌声はまだまだ健在!シビレました~♪いいぞ!リヴ・タイラーのお父ちゃんっ!(映画の中でもリヴの名前出してたネ)あの顔って大きなスクリーンで見るとホント迫力あります。特にお口が・・・・・(笑)  

残念だったのは、期待ほどユマ・サーマンが綺麗ではなかったし、一番の見ものと言われていた、ユマとトラの(お!なんか双子の兄弟みたいな名前)ダンスシーンも「パルプ・フィクション」ほどハジけてはいなかった。やっぱ、黒髪オカッパ頭のユマじゃなきゃイヤ、イヤ(泣)ハーヴェイのコ汚い感じももうすっかり見慣れてしまって、あまりインパクトなかったな~。四六時中電話ばっかしてて忙しそうだったヨ。

思わぬ収穫だったのは、新人歌姫役のクリスティーナ・ミリアン。この人は知らなかったな~。結構売れてるんですね。確かに歌は上手いもん!いかにもアメリカ好みのボーカルなんでしょうね~♪今後、彼女のアルバムとかチェックしてみようかな?

さてさて、面白くもあり、面白くもなく・・・・薦めていいやら、悪いやら(笑)それでも、映画ネタや、ミュージシャンの名前などが実名でピュンピュン飛び交うし、そんな雰囲気が楽しいっちゃあ楽しいんですケド。BGMもなかなか、こっちゃん好みでしたし♪ただ一つ。今頃になって、ユマのオフィスにあったゲッターロボのフィギアの存在が気になります・・・・・・。あれは何だったんだろ?

《2006.07.22記事一部改訂》

 

【作品関連グッズ】Be Cool/ビー・クール

 

Be Cool
Original Soundtrack
TVT

サントラでクールにキメて

クリスティーナ・ミリアン
クリスティーナ・ミリアン, ジャ・ルール
ユニバーサルインターナショナル

クリスティーナのデビューアルバムをチェック!

 



Comment ( 23 )  |  Trackback ( 27 )
     
« コンスタンテ... 次の記事へ »




 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2005-08-31 16:20:39
さすが厳しい
 
 
 
ごめーん (↑やっぱり邦画好き…(^^;)
2005-08-31 16:23:20
まちがってエンター押してしまいました。

すみません。



さすが厳しい☆2つっていいたかったのです(^^;

洋画に詳しくない私は、まぁまぁ楽しめましたが、言われてみりゃ、そーだなと、こっちゃんに納得。



でもボーカルは見事でしたね。



では、私はこれからルパンを観に行ってきますねー

 
 
 
やったね試写会 (kaz.)
2005-08-31 18:00:12
ポイント低いね~。

「ゲット・ショーティ」はまぁまぁ好きなんだけど、今回もああいうノリ?



音楽ネタかぁ・・・「宇宙のファンタジー」がオープニングとは泣かせるねぇ。ブラック好きの自分には憎い演出だ。



でもイマイチなんだね。
 
 
 
おっ!油断してたら (kino)
2005-08-31 23:46:59
これはロック様出演の映画じゃあーりませんか!

(ごめんね、ヘンな人ばっかり好きで)

チリ・パーマーじゃなくて パンチパーマの物騒な顔した人。

こっちゃんに全く触れられてないから、たいした役じゃなかったんだな・・・。

観る気なかったけど、ロック様 観たいなぁ。ちょっとしか出てませんでしたか?
 
 
 
チリチリ・パーマー (ミミヅク)
2005-08-31 23:53:05
ユマ、スキなんだけどなぁ。

きれいじゃないってのが気になる。



ゆるめなカンジがいいんじゃないかと推測。



リブのパパは迫力ですね。

アルマゲドンのミュージック・クリップ

で歌ってるとこみて

あーこの顔で歌われちゃ誰にも勝てないと

思ったしだい。恐れ入りました。



いい湯だな。
 
 
 
いやいや。 (【やっぱり邦画好き・・・さんへ】こっちゃん)
2005-09-01 08:08:05
こっちゃんは映画知らないからこんな評価なんだと・・・。

楽しかったのは楽しかったんですけどね。

ほんと、隠しネタみたいなのもあったりしてね。

何度も観ると味が出てくるような気もしますね~。



「ルパン」観たんですね~。

昨日記事を読ませて頂きましたよ~。

こっちゃんは「ファンタスティック・フォー」でした。





    こっちゃん
 
 
 
ゲット・ショーティが好きなら (【かずろぐさんへ】こっちゃん)
2005-09-01 08:29:02
ぜーんぜん、最後まで観れると思います。

でもこの映画、このカントクの持ち味ではないと思う。

むりしてB級にしてるって感じで。

観る価値はありますよ。

でも何度でも観たくなる楽しさは

こっちゃんは感じなかったな~。

歯切れが悪いのが一番の理由でございます。



    こっちゃん
 
 
 
出てましたね~ロックさま。 (【kinoさんへ】こっちゃん)
2005-09-01 09:16:48
めちゃめちゃ出てましたよ!

こっちゃんの記事では紹介してませんけど、

この映画の中では一番笑いを取ってましたね。

片まゆをニョキって上げるのがおっかしーの。

この話のキーを握るような部分もあって

ロック好きのkinoさんなら十分堪能できる作品ですねこれは。

赤い金属バットが好きなゲイの用心棒の役でした(笑)

この映画、kinoさんにはメチャメチャお薦めします!



    こっちゃん
 
 
 
ユマもそろそろ (【ミミヅクさんへ】こっちゃん)
2005-09-01 09:20:21
お歳かな・・・・?

この映画では、結構普通に歳相応って感じで・・・。

まぁ、汚くはないんですけど(当たり前っ!)

アルマゲのビデオクリップは

なんだか食べられちゃいそうな恐怖感がありますね。

実際に食べられた人がいるとかいないとか。

・・・・いないか。



   こっちゃん
 
 
 
これはパスかな? (m52387177)
2005-09-01 21:28:41
これはパスかな?

なんかいまいちそうな匂いがぷんぷんします。(笑)
 
 
 
パスでも支障ないよ。 (【mさんへ】こっちゃん)
2005-09-02 09:37:36
ブログモデルチェンジ中の忙しい中

来てくれてありがとうネ♪

たぶんmさんには合わないよ、コレ。

冒険はおやめなさいな~。

あっはっはっはっは~!



     こっちゃん
 
 
 
ほぉ~ (km_achin)
2005-09-03 00:07:39
とは相当・・・・。

うっかり観てしまわないようにしなくては。

なーんて。

どっちみちトラボルタのくどい顔はちょっと苦手なんざんすが。
 
 
 
映画は見ようですから・・・ (【km_achinさんへ】こっちゃん)
2005-09-03 09:45:25
もしかしたらkm_achinさんの心にヒットするかも?(笑)

な~んてね。

でも秋の映画は良いのが目白押しだから

その中でこれを選ぶこともないかな~って思います。

ビデオでも十分良いような感じですね、こっちゃんは。



   こっちゃん
 
 
 
相変わらず早いね (ジニー)
2005-09-03 13:20:45
これ、今日から公開だね。トラとウマだから気になっていたんだけど、え?トラウマ?ちゃうよ へぇ、ダンス・シーンもあるのか・・・まぁ「パルプ」のツイスト・シーンが絶品過ぎるんじゃないのかな。 トラのクールといえば「ソードフィッシュ」がすごく好きなんだけど、どうかねぇ、これは。 無理に見なくてもいいか しかし・・・ハーベイは「ナショナル・トレジャー」でも思ったけど、老けたよねぇ。ちょっと迫力がなくなった感じがするね
 
 
 
わはは~!スキスキ!! (kino)
2005-09-03 21:48:20
観てきましたよ!こっちゃんのオススメどおり、私の好きな映画でした(笑)

っちゅーか、ロックさまとかヴィンス・ヴォーンとかセス・グリーンとか、

私の好きなマイナーさん大集合で嬉しかったわ!!

また人と違ったところで盛り上がる感想を述べたいと思います。
 
 
 
「ソードフィッシュ」くらいクールなら (【ジニーさんへ】こっちゃん)
2005-09-04 09:09:56
良かったのにね~。

ハーヴェイは何だか迫力なくなってきましたね、確かに。

最近、役どころに恵まれないような気がする・・・。

え?トラウマ?(笑)



     こっちゃん
 
 
 
やっぱり! (【kinoさんへ】こっちゃん)
2005-09-04 09:35:50
kinoさんは観て正解だったでしょ?

絶対楽しめると思った!

一般的にはどーなんでしょうね?

こっちゃんが、ノリ切れなかったのかもよ?

後ほど伺いマ~ス。

どんな感想か楽しみぃ~。



   こっちゃん
 
 
 
観ました! (choro)
2005-09-07 10:51:31
面白くないわけじゃないし、音楽シーンは楽しいし、トラボルタもよかったし、それなりに楽しめたけど、何となく乗り切れなかった感ありかな~

私は前作を知らずに観ちゃったけど、それは関係ないと思うんですよね。今回のだけでも話はよくわかったし。

こっちゃんの感想読んでなぜか少しわかった感じがします。

TBしますね~♪

 
 
 
こんばんわ~ (MoonDreamWprks)
2005-09-07 20:44:16
ユマ・サーマンってダンスが下手ねって思ったのが、この映画の一番の印象でした(笑)}

ちょっとクールに演じすぎてトラボルタは元気ないなっと思ったのが2番目の感想かな・・・

でもさすがにダンスシーン決まってました。おぉ!さすがっとおもっちゃった。やっぱかっこいいですね。

もしスティーブン・タイラーが隣に座ってたらって、考えるとちょっとぞくっとしちゃうんですが

でも、ステージで歌っているお姿はさすがカリスマ!!後光がさしてました(笑)



でわでわ
 
 
 
たしかにノリにくい・・・・ (【choroさんへ】こっちゃん)
2005-09-07 21:54:00
映画でした。

キレが悪いんですよ。

何に関しても。

トラボルタは光ってましたケドね~。

映画館で観るより、自宅でゆっくりって方が合ってる感じの映画でしたね。



    こっちゃん
 
 
 
スティーブン・タイラーは (【MoonDreamWorksさんへ】こっちゃん)
2005-09-07 21:57:17
強烈でしたね~。

映画のワンシーンでも明らかにオーラが出てる!

あれがスターなんですね。

ほんとアノシーンはしびれました!

何だかんだ言って見どころはいっぱいあったんですよね、この映画。

あはは。

ユマはダンス下手ですね。



    こっちゃん
 
 
 
返TB&コメント、ありがとうございました (honu)
2005-10-30 21:06:58
ザ・ロックの変身ぶりには、本当に驚いてしまいました

映画は大好きなので、是非また遊びに来てください
 
 
 
▼honuさんへ (【お返事】こっちゃん)
2005-10-31 09:48:34
こちらこそ。

お返事ありがとうございます♪

この映画で、こっちゃんのお友達で

ザ・ロックに注目してた人がいましたけど、

その方は大ウケだったみたいです。



映画によって楽しむツボって違ってくるよね。

そんなツボを捜し求めてこれからも彷徨って行く予定です(笑)

たぶんhonuさんのトコにもまた彷徨っていきます



その時はヨロシクネ♪
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ビー・クール (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
Get Shortyの続編 う~~ん だめだった・・・・・ ジョントラボルタ、ウマサーマン主演の映画  ザ・ロックはプロレスで活躍してる人らしい それとロックバンド エアロスミスのボーカルステーブンタイラーも出てる ちらちらと色んな俳優が出てきてるのですが・・・・
 
 
 
「Be Cool ビー・クール」@20世紀FOX試写室 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
元々は別の会場で見ることになっていたのですが、3回も予定変更をしてやっと今日見てきました。秀君が見たがっていたので、秀君の休みに合わせて数回予定変更。途中でもう連れて行くのを止めようかと思ったくらいの予定変更でした。こんなにコロコロしてまで見に行ったのは
 
 
 
「Be Cool」試写会 (ミチミチ)
「Be Cool」 監督 F・ゲイリー・グレイ CAST ジョン・トラボルタ/ユマ・サーマン・・・ story  映画プロデューサー チリ・パーマーは、殺人事件に巻き込まれ、音楽業界に進出する。抜群の才能を持ったリンダを成功させるために、ロシアマフィアや、ギャングあがり
 
 
 
Be Cool (ビー・クール) (Rohi-ta_site.com)
試写会でジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、ハーベイ・カイテル、ダニー・デビート出演の「Be Cool (ビー・クール)」を観ました。 ●ストーリー 取立て屋から映画プロデューサーに転身し、成功を収めていたチリ(ジョン・トラボルタ)だったがすでに刺激の無い映画業
 
 
 
『Be Cool』 (今日も映画、明日も映画♪)
    今日は 『Be Cool 』を観に行きました(#^.^#) STORY 借金の取立て屋から映画プロデューサーとして成功したものの、チリ(ジョン・トラボルタ)はそれにも嫌気が差していた。そんなとき、インディーズ・レーベルを経営する旧友より無名のシンガー、
 
 
 
なんでもありのエンターテイメント映画◆『BE COOL/ビー・クール』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
8月30日(火) 試写会にて ジョン・トラボルタが、取立て屋から映画プロデューサーに転身するという作品、『ゲット・ショーティ』(1995年)の続編。「続編」であることを前面に出すと客足が遠のくことを意識してか、公式サイトにも、宣伝用のチラシにも、そのことに関して
 
 
 
Be Cool/ビー・クール (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日1本目は「Be Cool/ビー・クール」です。 映画館の前には行列が。みんな「NANA」が目当てなのかな? 同時上映の本作はガラガラでした   それでは早速感想を… これは期待を遥かに上回る作品でした これほどイカした(死語かな?)作品は今年初めてかも!? .
 
 
 
ヴィンス・ヴォーンよ どこへ行く 「Be Cool」 (目の中のリンゴ)
トラボルタ&ウマ・サーマンの共演再び!との謳い文句の この映画。ハッキリ言って、ぜんぜん観る気ありませんでした。 しかし、私の好きなザ・ロックが出ていることを知り、見なければ!!と 180度コロっと態度を変えました。 一言で言ってしまえば”音楽業界ウラ話”です
 
 
 
BeCool (まったりでいこう~)
無駄に豪華でクセのある俳優陣に興味を惹かれ(笑)初日にいってきました。これ10年前に公開された「ゲット・ショーティ」の続編だそうですが、残念ながら私は前作を観ておりません。しかし10年前の続編てすごくないですか(笑) 前回はギャングだったチリ・パーマーが映
 
 
 
映画「Be Cool/ビー・クール」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■邦題:Be Cool/ビー・クール■原題:BE COOL■上映時間:分■ジャンル:■製作国:■配給:20世紀フォックス■提供:METRO GOLDWYN MAYER PICTURES■公開:2005/09/03 ■監督:F・ゲイリー・グレイ■製作:ダニー・デヴィート、デヴィッド・ニックセイ、マイケル・シャン
 
 
 
映画館「BE COOL」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「ゲット・ショーティ」の続編のこの作品、観てきました! 映画オタクだったジョン・トラボルタ演じるチリ・パーマーが今度は音楽業界に!!相変わらずのクールで素敵なチリ・パーマーでした!!この作品を観たいために先日観た「ゲット・ショーティ」。話自体は繋がりが...
 
 
 
ビー・クール (ryuの映画感想)
原題 BE COOL 監督 F・ゲイリー・グレイ イケてる それとも イカレてる? 豪華キャストで、楽しめる映画でした。 映画プロデューサーとして成功したチリ・パーマー(ジョン
 
 
 
「Be Cool ビー・クール」 (choroねえさんの「シネマ・ノート」)
{{{: 監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、ヴィンス・ヴォーン、セドリック・ジ・エンタテイナー     アンドレ・ベンジャミン、スティーヴン・タイラー、クリスティーナ・ミリアン、ハーヴェイ・カイテル 【ストーリー】 映画
 
 
 
★「Be Cool/ビー・クール」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョン・トラボルタとユマ・サーマン主演。 友達から「ゲット・ショーティ」(1995)の続編だと教えてもらってた。 前作は超面白かったらしい・・・ので、先に見ておきたかったけど。 あと、ひらりんお好みのN・Kちゃんも出てる・・という裏情報もあり。 今回はチネチッタで
 
 
 
「 ビー・クール 」 (MoonDreamWorks)
監督 : F・ゲイリー・グレー主演 : ジョン・トラボルタ /ユマ・サーマン /スティーブン・タイラー原作 : エルモア・レナード 「GetShorty」    公式HP:http://www.foxjapan.com/movies/becool/ この映画は、原作が、 ElmoreLeonard の 「GetShorty」...
 
 
 
ビー・クール(Be Cool) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
イケてる? それとも イカレてる? ジョン・トラボルタ主演、「ゲット・ショーティ」の続編(?) 映画業界で成功した元取立て屋のチリ・パーマが、こんどは音楽業界へ殴りこみ!
 
 
 
ビー・クール(Be Cool) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
イケてる? それとも イカレてる? ジョン・トラボルタ主演、「ゲット・ショーティ」の続編(?) 映画業界で成功した元取立て屋のチリ・パーマが、こんどは音楽業界へ殴りこみ!
 
 
 
『BeCool』★★★★☆ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
BeCoolビー クール公式サイトマメ情報 ジャンル;マフィア 制作年度/国;\'05/米                  配給;20世紀フォックス映画  上映時間;130分      監督;F・ゲイリー・グレイ       出演;ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン◆..
 
 
 
Be Cool★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:Be Cool/ビー・クール 『映画プロデューサーのチリは、友人の頼みで無名歌手のリンダをプロデュースするため音楽業界に足を踏み入れる。 』 director ...F. Gary Gray Chili Palmer ...John Travolta(The Punisher) Edie Athens ...Uma Thurman(Kill Bill: ...
 
 
 
#32:ビー・クール (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価  またもやショックをうけました全然、クールじゃない 確かに、音楽は流石にアップテンポで中々クールな選曲だったけど。。。 これは、10年前の前作『ゲット・ショーティ』の続編に当たる映画です 前作では、金貸しから映画プロデューサー...
 
 
 
タランティーノ監督ヘのオマージュか?《BeCool》 (アロハ坊主の日がな一日)
待ちに待った『BeCool』を観てきた。 10年前に上映された『ゲット・ショーティ』の続きもの。 当時はもうひとつ当たらなかった。そんな映画あったっ けという人も多いだろう。取立て屋から映画プロデュー サーに転向したチリ・パーマ(ジョン・トラボルタ)の サクセス
 
 
 
映画を見たで(今年108本目)-Be Cool/ビー・クール- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、エルモア・レナード、ヴィンス・ヴォーン、ダニー・デヴィート、ハーヴェイ・カイテル、スティーヴン・タイラー、ザ・ロック、クリスティナ・ミリアン 評価:90点(100点満点)
 
 
 
『Be Cool ビー・クール』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『Be Cool』 製作: 2005年 米監督: F・ゲイリー・グレイ出演: ジョン・トラボルタ/ユマ・サーマン/エルモア・レナード 集金屋が映画業界へ転身して成功を手にするコメディ『ゲット・ショーティ』の続編。今作はチリ(トラボルタ)が音楽業界に新人ヴォーカリ.
 
 
 
『Be Cool ビー・クール』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『Be Cool』 製作: 2005年 米監督: F・ゲイリー・グレイ出演: ジョン・トラボルタ/ユマ・サーマン/エルモア・レナード 集金屋が映画業界へ転身して成功を手にするコメディ『ゲット・ショーティ』の続編。今作はチリ(トラボルタ)が音楽業界に新人ヴォーカリ.
 
 
 
BeCool/ビー・クール (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) んにゃにゃ?大した話じゃないんだけど、結構面白いかも。 『ゲット・ショーティー』の続編なんだけど、前作って面白かったっけ? イマイチ印象にないし、薄まった記憶を辿ってもそこそこだった気が・・・ いちお
 
 
 
ビー・クール (ミニシアターからの贈り物)
いや~クールな映画。クールすぎる。 チリ・パーマー演じるジョン・トラボルタの暑苦しくも涼しい視線がクール・・ではなく。 金になればなんでもいい,という悪人はびこる音楽業界の裏側が,背筋が凍えるほどベリー・クールなのだ。 実力派シンガーのリンダ・ムーン(.
 
 
 
Be Cool (土曜の夜は・・・)
story ジョン・トラボルタ演じるチリ・パーマーが『Be Cool』で再びスクリーンに還って来る!  『ゲット・ショーティ』(1995)で活躍した、ギャングから映画プロデューサーに転身した、あの男だ。だが今回のチ
 
 
 

アクセス解析