Category : むむむMovie


こっちゃんポイント ★★
鑑賞環境  試写会 
上映時間 115分
製作国 ロシア
公開情報 劇場公開 (FOX)
初公開年月 2006/04/01
ジャンル ファンタジー/サスペンス/ホラー
映倫 PG-12

特殊な超能力を持つ“異種”に生まれついた人間は、能力に目覚めた時に、光につくか闇につくかを自分で選ぶ。そして光の戦士は“ナイト・ウォッチ”として闇の異種の行動を監視し、闇の戦士は“デイ・ウォッチ”として光の異種を監視するのだ。予知能力を持つアントンは、光の戦士として危険な任務を行っていた。そんなある日、伝説の「災いを招く乙女」と思われる女性を発見する。魔女のオリガを相棒にしたアントンは、彼女の身辺を探るのだが・・・。

(goo映画より抜粋)

 

内藤サンも「うわっ!」と驚くという噂の新作、「内藤・うわっち!」を観てきました( ̄∀ ̄*)

し、しかしっ!
久々に「自分の肌に合わない映画を観てしまった」というカンジでございます。

これは、ロシアから届けられたとってもダークなファンタジ~。これまでのロシア映画の常識を打ち破った、文字通り”型破り”の映画というだけあって、その宣伝は凄まじいモノがありますね。日本でも公式HPはモチロンのこと、こんなサイトこんなサイトまで既に出来上がっていたりして、その加熱ぶりにはビックリでございます。

モチロン本国ロシアにおいては、更に熱の入ったプロモーション効果も手伝ってか大反響を呼んだらしく、その動員数は「半月で」600万人!600人じゃないですよ。600「万人」です!(笑)若者を中心に一種の”社会現象”にまで至ったというのですから、尋常ではありませんねぇ。

そんなコノ映画ですが、なんだかな~。まずストーリーが好きじゃありません。編集もこっちゃん向きじゃないんだと思います。

「予告編」はとっても良く出来ていましたね。スピード感があって。この映画にはあれ以上の予告編はいらないでしょうねぇ。今思えば、正直「あれにはヤラレタ!」と唸ってしまいますもの。決して「騙し」という意味ではありませんヨ。あの中の映像は本物です。言いたいのは映像の見せ方そのものが上手いってコト。ある意味「本編」よりも心得てるんじゃないでしょうか?

本編で良かったのは、惜しげもなくのっけから
  こんなモノや、こんなモノがバンバン登場するところ。「これがロシアのニューウエーブだぜぃ!」という作り手の意気込みをヒシヒシと感じます。

でもね・・・・でも。

どこか、固いんですよ、まだまだ。これじゃあダメなんです。こっちゃん的にはノレません。何といっても作り全体が暗い上に、そこに乗っかるセリフのひとつひとつもピンとこないんですよね~。笑えるセリフも一つもなかった。・・・って、なんでもカンでも「笑い」を求めるこっちゃんの体質が、もはやヘンタイの域に達してるとは思うのですけど。えぇ。ソレはソレで認めますよ。 <(`^´)>エッヘン ←威張るトコ違う・・・

もっとも、この映画がロシアでヒットしたのは分かります。色々調べて知ったのですが、この映画が公開されるまでロシアで公開された映画の最高興収は2460万ドル。ソコに持ってきてこの映画。封切りわずか半月で2,600万ドル(約30億円)に達したっていうのですからね。気温も映画も冷えきっているようなこの国でこんな映画が公開されれば、そりゃ若者ならずとも熱狂するのでしょうねぇ。

当然ながらDVDレンタル店なんかでロシア映画を探すのすら困難な土地に住むこっちゃんにとって、ロシア風味にどっぷり浸かるなんていうのはコレが初体験。観るまで「何が飛び出すか?」と期待と不安に胸ふくらませておったワケです。

でね、観てみたらね・・・・Ψ( ̄∀ ̄)Ψ

これは、なかなか派手ながらもカルトな臭いプンプンでわないですか!「B級」ではありません。「カルト」です。何よりモヤ~~~ッとしたヌケの悪いビスタサイズの映像が、その全てを物語っているようでもあります。このタイプの映画がお好きな人にとっては、ある意味ヨダレものかもしれませんね。でも音響は思ってたよりも良かったなぁ。

この映画の見どころは、宣伝にもあるように何と言ってもその”斬新な映像”にあるわけですが、ロシアの「国産VFX」と呼ばれるそのレベルは、こっちゃんが想像していたモノよりも遥かに上を行ってました。

技術レベルは決して低くないですよ。っていうかスゴイですね。日本のVFXよりもヘタしたら上かもしれません。とっても”自然な感じ”があり”インパクト大”です!違和感あったのは「バス前転」のシーンくらいかな。それ以外は概(おおむ)ねOKですね。進んできてるんですね~ロシアも。

何より面白いなと感じたのは、字幕。どうやらこの映画は、”英語字幕付き”で公開されるようです。タテに日本語字幕。下付きに英語字幕といった具合で。

この英語字幕がなかなか凝ってましてね。プールの中で流れる鼻血のシーンにあわせて文字も赤くなったり(さらに水に溶けるようにフワ~ッと消える)、文字の出る位置も左端だったり中央だったり。コミック漫画なんかの”ふきだし”のように飛び出したりと実に多彩。

これって、はじめからフィルムとして作られてるってコトですよね?マニアックですね~。手が込んでます。たぶんタランティーノはこの辺の感覚を絶賛したのではないでしょうか?なんか、そんな気がします。あ、ちなみに日本語字幕は”普通”でした。(笑)

ただ映画の中で話される言葉は、本国の言葉(たぶんそうだと思う)と英語がゴチャ混ぜだったんですが、英語のシーンでも同じ言葉が字幕で流れるのはチョット不思議な感じでしたけど。。。

この映画のモトとなったのは、ロシアの人気作家ルキヤネンコ,セルゲイという方の同名ファンタジー小説。実はコレ三部作らしいです。(四部作という噂もあるようですが)続編は「Day Watch」、そのまた続編に「Dusk Watch」が用意されていて、本国では2004年の夏、既にこの「Night Watch」が公開され大ヒット!今現在は、続編が公開されていてそちらもヒット中らしいですね。ちなみに原作者は、この「Night Watch」の共同脚本も手掛けてるんですね。

たぶん予告編を観て「え?コレってホラー?」って思っちゃった人も多いと思いますけど、実際は「ダークファンタジー」という括りで問題ないと思います。ホラーと呼ぶには質感が違いますものね。怖がらせる類の映画じゃありませんから。でも「血」は結構あちこちで登場します。豚の血を飲んだりするシーンなんかもありましたからね。
オエッ!ですよねー(>ω<)極端に血に弱い方は注意です!

とにかく、さすがロシア映画ってだけあって、出てくる人出てくる人、見事に知りませんでした。(笑)こっちゃんにしてみたら、「もしかして映画まるごとエキストラ?」状態に映ったんですけど、聞けばこの主役の男の人、ロシア国内ではヒッパリダコだそうで。

し、失礼ッ!スミマセン、ほんと。
こっちゃん、アナタが主役であるということにしばらく自信が持てませんでした。
「いつ主役が出るのかな?」と思ったら、なんと初めから出てたんですね。

チラシには”「マトリックス」を凌ぐ”なんて大っきく書いてありましたけど、「斬新な映像=マトリックス」、「意外なオチ=シックスセンス」という方程式が最初に使われたのは一体どの作品からなんでしょうかねぇ。そういう意味では今回もこれは単なる客寄せフレーズに感じてしまいました。

やっぱりもっと違った目で観た方がズーット楽しめる映画だと思います。

そうは言っても「オラ、どうしても何かと比べたいんだ」と言うアナタには、「マトリックス」よりは「ブレイド」を引き合いに出す方がまだ幾分マシとでも言っておきましょうか。ヴァンパイアが登場するというのもありますけど、なんかこっちの方がトーンが近いような気がするのですけど、どーでしょうねぇ?

ま、ここらへんは人それぞれ違うのだと思いますが、いずれにせよタランティーノや、ダニー・ボイルまでもが絶賛したのは間違いない事実のようですね。

この映画は、ロシア映画界において十分な「映像革命」であったと言っていいのでしょう。もちろん随所にハリウッドやその他の国の映画を思わせるシーンはあったのですけど、これを全部「今のロシアでやり遂げた」というそのスゴサは認めます。ただ、ストーリーと演出がなぁ。。。。(*_ _)。o○ やっぱしダメ...

ラストは心境的に意味不明な状態に陥りました ( ̄∀ ̄*) エ?ソークルノ?ッテカンジ
何とも、こっちゃんはロシア人の考えるコトは結局分からなかったという結論のまま「続編」へ持ち越しとなってしまいました。

あ!ちなみにこの映画のオフィシャルサイトでのプロモーションはチョット話題になりました。
それは「映画の全編を2分半で観れる予告編」。オモロイなぁ。
興味があれば、コチラもドーゾ♪・・・って、早くて意味分からんっっっ!(*`◇´*)/

そんなワケで、「オレは(ワタシは)カルト好き!」または「珍しいモノ好き」、もしくは「ロシア万歳!」な方にはオススメしてもいーでしょー。

ただ、こっちゃんには向いてません。

(あ!ちなみにこれ→「くもQ」というニックネームまでついてます)

 

《2006.08.15記事一部改訂》

【作品】ナイト・ウォッチ

 



Comment ( 25 )  |  Trackback ( 22 )
     
« 【試写会へ行... げすとぶっく ... »




 
コメント
 
 
 
これは (はんな)
2006-03-25 16:01:38
ムリでしょ。

それより今日外科に行って、チャン・ジニョン似の看護婦さんに合いました。

とっても親切でしたよ。

でもお医者はイ・ジョンジェ二似ではありませんでした。
 
 
 
Unknown (mig)
2006-03-25 16:13:31
あはは。こっちゃんダメでしたかぁ~



タランティーノ絶賛なのよね、、、これ。

絶賛!はしたくないけど(笑

なかなか続きが気になります。
 
 
 
Unknown (異国映画館)
2006-03-25 18:31:25
これ、ちょっと期待しているんですけどね

世間はあまり良い評価ではないみたいで、、

こっちゃんもだし

でも観に行こっと
 
 
 
内藤サンて誰やねん! (【お返事】こっちゃん)
2006-03-25 19:14:57
▼はんなさんへ

あ、無理ですか?

ですよね~~~~



はんなさんにはオススメできません。

ソル・ギョングも出てませんでした



▼migさんへ

ダメでしたね~~~~

なんか「空気」が合わないと思うんです。

続き・・・・観るかどーか分かりませんが

その前に、もう一度この映画を観てみた方が良いですね。



みなさんの感想は参考になりました



▼異国さんへ

え?

評判悪いんですか?

こっちゃんだけじゃないんですか?

期待の火を絶やさず劇場へ行って下さいませ。

異国さんならダイジョービだと思うケド。。。

 
 
 
ほほぉぉ~~ (kaz.)
2006-03-25 19:23:39
こんばんは、かずQです。へ(へ´∀`)へ カサカサ



そうかぁ~、ヘンタイ体質のこっちゃんでも、これはダメですか。

でも自分は超ヘンタイ体質なので、たぶんOKだと思いますねん。



ロシアは十年に一度くらいのスパンで驚く映画を出してきてくれますねぇ~。

やっぱ観に行こうかな。
 
 
 
▼かずろぐさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-03-25 19:47:07
うわっ!

かずQキモっ!へ(へ´∀`)へ カサカサ



こっち来んなっ!シッシッ!



かずろぐさんは大丈夫だよ、きっと。

こっちゃんは意味なくダメでした。



身体のどっかで拒絶してるカンジでしたね~。

是非観に行ってくだされ。



で、感想書いてクダサレ(´ω`*)ノシ

 
 
 
へ(へ´∀`)へ カサカサ (miyuQ)
2006-03-25 22:10:43
あららこっちゃんはダメでしたかぁ~(´・ェ・`)

確かに好き嫌いの別れる映画でしょうね。

趣味が悪いっちゃ~悪いですもんね。

マニアックっちゃ~マニアックだしね。

でも個人的には俄然ツボです!

もうね次が楽しみでしょうがないです(´▽`*)アハハ

どヘンタイ?
 
 
 
たぶんダメだわ (かぼちゃ)
2006-03-26 02:08:54
こっちゃんが集めてくれた画像だけで、

もう≡≡≡ヘ(*-ω-)ノ 。

特に5枚目が(╬☉д⊙)。

血はカンベンしてくれ~~~ぃ!

イタそうな映画ですね。パスしていいですか?

 
 
 
へ(へ´∀`)へカサカサってナンヤネン! (【お返事】こっちゃん)
2006-03-26 02:58:12
▼miyuQさんへ

へ(へ´∀`)へカサカサ・・・ってコレ、キモいよね(笑)

まったくかずろぐさんはコンなことばっか考えてるのかな?



さすが気合の入ったヘンタイだよね。



miyuさんは楽しめたんだね~♪っていうかツボですか?(笑)

同じ日に同じ映画の記事UP。

みんな、こっちゃんの感想鵜呑みにしてヘコむかな?



責任感じるな~

やっぱり退場~ へ(へ´∀`)へカサカサ



▼かぼちゃさんへ

あ!(╬☉д⊙)



画像だけでもうダメですか?

ますます責任感じます~



たしかにイタイっちゃーイタイ映画かもしれませんけど

派手な映像でがんガン責めまくるので

そんな気にならないかも?です



でも・・・・観ないよね、やっぱ
 
 
 
きゃあ!(╬☉д⊙) (かぼちゃ)
2006-03-26 23:36:36
いやぁ、世間の反応次第じゃ、レンタルが出たら再考しますが…。

ま、もともと、こりゃダメだな!と直感で避けてましたんで。

いつもなら、そこから、こっちゃんのレビューで、観てみよっかなへと昇格するんですが…。

こっちゃんのせいだぁーーー。

ということにしておきます。(笑)
 
 
 
▼かぼちゃさんへ(╬☉д⊙) (【お返事】こっちゃん)
2006-03-27 00:22:09
いや~、どーでしょうねぇ

こっちゃんはイマイチオススメできないんですけどね。。。



世間的には評判が上々のようですけど、

今後の評判が益々気になるトコでもあります~。



他に見るものがあるなら、これを無理にとは言いませんよ



ひゃ~~~~~
 
 
 
こんばんは (いも)
2006-03-29 22:43:24
コメント有難うございます(^-^)

私も肌に合いませんでした、この映画・・・。

こっちゃんさんも書かれているように、

作り全体が暗くてセリフもピンと来なくて。

ウイットも洗練されたものも感じられず。

昔ホラー・スプラッタものの映画を観まくったことがあるので、

あのガラスが顔に刺さってるシーンも何ら斬新だとは思えず(^^;

それでもストーリーがもっと入り込めるものだったら

良かったかも知れないけどそれも・・・

って否定ばっかりになっちゃってますが(笑)

また寄らせていただきますネ。
 
 
 
▼いもさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-03-30 02:22:54
コメントありがとね♪



これ世間では「肯定派」の方が多いのだと思います。

なんでこっちゃんがノリ切れなかったか分からないのですが、

感性と一致なかった「何か」があるのでしょうねぇ



ロシア映画、もう一本あるのでそっちでも試してみようかな?



また遊びに来て下さい
 
 
 
これね。。 (ジニー)
2006-03-30 12:13:59
観てないのだけど、確かに予告編は面白そうだった。こっちゃんに合わないということは・・・私はどうだか分からないな(笑)



ちょっと違うけど、私は「アンダーワールド」の続編「エボリューション」が楽しみだな~。



今月は試写会6本もこなして、東京在住の僕としてはすごいだろ~~(笑)。

しかも洋画だけだしな。



それだけ暇、ってことか。。。。><。
 
 
 
▼ジニさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-03-30 22:13:49
これ・・・・どうでしょうね。

ジニさんは守備範囲広いからOKかもしれませんよ。

世間的に高評価をつけてる方も多いようですから。

ただこっちゃんは肌に合わなかったという感じなだけです。



映像はたしかにスゴイですよ、ロシアにしては。

これからこんなムーブメントロシア映画に広がって行くのかもしれませんね。



そういう意味では今後に明るい希望を生み出す映画でしたよ
 
 
 
Unknown (ゆうなん)
2006-04-02 00:08:39
私も「ブレイド」かな~と思いました。
 
 
 
▼ゆうなんさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-02 00:45:05
ブレイドの方が近く感じるんですよね~



あの「血ぃくれぇぇぇぇっい!」ってシーンが

インパクトあったからでしょうか?



コメント&トラバありがとね♪
 
 
 
そうなんだぁ~ (ska)
2006-04-02 06:59:16
つい先日予告編観て、けっこう面白そう?と思って

たんだけど・・・暗いのねil||li _| ̄|○ il||li

んーでも、反応見てから行こうかな~♪

先取り情報ありがとちゃーん♡
 
 
 
▼skaさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-02 22:29:32
そうですねぇ。

予告編はたしかに更に良い感じでできてました。

本編がダメっていうわけじゃないですけど、

ここに来て世間の反応は微妙になってきました。

内容的には期待しすぎるとガク!ときちゃうのかもしれません。

こっちゃんには合わなかったですね~
 
 
 
コメントありがとうございました (ロイ from 週末に!この映画!)
2006-04-04 11:34:10
最近ココログの調子が悪いので、TBできなかったのもそのせいだと思われます。

タタリではないと信じています。

題名からして暗そうですが、やっぱり暗かったんですね。ロシアのイメージとなんとなく合ってそうなきがしますが。
 
 
 
▼ロイさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-04 14:13:20
あ。ホッとしました

てっきりタタリかと思い込んでましたよ(うそ、うそ)



なんか、映像その物はロシアにしては非常に冒険しまくってるんですけど

その根底にある世界観が徹底的に暗いカンジがして。。。



ダメでしたね~~~



でも、この映画に衝撃を受けた方も多いようですので

こっちゃんだけだと思います。。。
 
 
 
睡魔が・・・ (ノラネコ)
2006-04-06 23:40:35
正直言って寝そうになりました。

カッコいい映像も5分で飽きちゃいましたし、今年のワースト1ですね、今のところ・・・

ぶっちゃけ二時間のダルイ予告編を見せられたような感じです。

 
 
 
▼ノラネコさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-07 11:09:01
あ!寝ちゃいましたか?

こっちゃんも中盤でついにコックリしてしまいました。。。



しかも、ノラネコさんは「ワースト1」のレッテルまでお貼りになられて(笑)

この手の世界観は、もっと斬新なものがなければ

人々を惹き付けられないかもしれません。



ちょっとこっちゃんにしては暗すぎる映画でした。

楽しみにくい暗さなんですよ、これは。

暗くても楽しい映画もありますからね。



ノラネコさんにも合わなかったんですね。

言っちゃダメかもしれないけど、

ちょっとホッとしました
 
 
 
Unknown (千幻薫「この映画見ないとイ~ヤ~な~の!!」)
2006-04-11 10:05:30
こっちゃんへ

はじめまして千幻薫です。

TB打たせていただきました。



この映画私も正直ダメでした。



私も同じ札幌なので仲良くしてください。

<(_ _)>



またきま~す。
 
 
 
▼千幻薫さんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-04-11 17:15:22
はじめまして~♪

ようこそ、こんなヘンなブログへ(笑)



千幻薫さんもこれダメだったんですね。

こっちゃんも・・・でした

いやはや。

合わない映画ってまだまだあるものだなと痛感した次第です。



あ!同じ札幌ですか~?

こちらこそ宜しくお願い致します。



トラバありがとね♪
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ナイト・ウォッチ / NOCHNOI DOZOR (我想一個人映画美的女人blog)
『「ロード・オブ・ザ・リング」と 「マトリックス」には真の後継者がいる、、、。 驚くべきパワーを持った映画だ。』と、 「トレインスポッティング」の監督、ダニーボイルに言わしめたロシア映画、 いよいよ日本上陸~{/ee_3/} ロシア映画と聞いて思い付くのは、、、 「惑
 
 
 
ナイト・ウォッチ NIGHT WATCH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
コンスタンティン・カベンスキー主演 ロシア ファンタジー映画 ユアン・マクレガー の同名ナイト・ウォッチではありません 東京ファンタジック映画祭で話題になったロシア映画3部作の1作目 配給会社のアメリカ20世紀FOX社が 残虐なシーンがあるので 公開を何故か遅らせ
 
 
 
ナイト・ウォッチ/НОЧНОЙ ДОЗОР (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『光(DAY)vs.闇(NIGHT)のダーク・ファンタジー3部作の第1章が始まる。』  4/1公開のコチラの映画ですが、試写会で観て来ました。実を言うとこの映画は煽られ過ぎて1周しちゃって、もう!んな事言ってどうせ大した事ないんじゃないの?なんて思っちゃってました。と
 
 
 
マニアは、はまる映画「ナイトウォッチ」でもこんな映像みたことない! (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
20世紀FOX映画 宣伝岡本さん推薦の 4月1日公開の「ナイトウォッチ」の 試写会に行ってきました。 三部作の1作目ですが・・・ 話はちょっとマニア向けかも知れません。 映画も少しなじみの薄いロシア映画なので アメリカ映画と比べるとノリが違います。 でもね、映像
 
 
 
映画「ナイト・ウォッチ」 (いもロックフェスティバル)
ロシア映画「ナイト・ウォッチ」の試写会に行った。 私の正直な感想はズボリ! 「
 
 
 
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:コンスタンチン・ハベンスキー/ウラジミール・メニショフ/マリア・ポロシナ/ガリーナ・チューニナ/ヴィクトル・ヴェルズビツキー/原作:セルゲイ・ルキヤネンコ/共同脚本:セルゲイ・ルキヤネンコ/ティムール・ベクマンベトフ/監督:ティムール・ベクマンベ
 
 
 
映画「NOCHNOI DOZOR」(ナイト・ウォッチ) -ロシアの裏側 (もんく [映画とプライベートパラダイス])
原題「NOCHNOI DOZOR」(ロシア語) 英題「THE NIGHT WATCH」 見せる映画だ。映像が面白いって意味。ビジュアル系オカルト映画と言う感じだ。 しかし、どうしても気になるのはこの「世界観」のようなも。(宮崎アニメ以外でこんな言葉使うとは!) 私はロシアには行った事も無
 
 
 
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  映像革命とは言いがたい      
 
 
 
「ナイトウォッチ」 (ゆうなんハイツ)
仕事が残業続きでストレスたまってるもんで、3週連続で映画見に行ってます。 3本、3本、今日は1本のみで噂の「ナイトウオッチ」です。 と言ってもユアン・マクレガー主演の「ナイトウォッチ」とちゃいます。 あれはデンマーク映画をハリウッドがリメイクでした。 過度の期
 
 
 
ナイト・ウォッチ (しんのすけの イッツマイライフ)
この映画のチラシには、 「マトリックスを超える映像革命」と書いてありましたので どんなすごいものを見せてくれるのだろうとワクワクして見てました。   確かにすごいです!!
 
 
 
ナイト・ウォッチ (週末に!この映画!)
期待値:67%  最近話題のロシア映画。SFファンタジーで、3部作の今回1作目。 2004年アカデミ
 
 
 
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (とにかく、映画好きなもので。)
   光と闇の均衡が崩れる時を目撃してきました。  ソビエト連邦のモスクワ・・・  特殊な能力を持つ、異種として生まれてきた人間は、その能力に気付いた時に、光の勢力=ナイト・ウォッチ(闇の異種の行動を監視)につくか、闇の勢力=デイ・ウォッチ(
 
 
 
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (とにかく、映画好きなもので。)
   光と闇の均衡が崩れる時を目撃してきました。  ソビエト連邦のモスクワ・・・  特殊な能力を持つ、異種として生まれてきた人間は、その能力に気付いた時に、光の勢力=ナイト・ウォッチ(闇の異種の行動を監視)につくか、闇の勢力=デイ・ウォッチ(
 
 
 
映画館「ナイト・ウォッチ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
ロシア発の作品ってことで、チョットかなり楽しみにしていました!そういえば、ロシア映画って観たこと無いかも。ソ連時代の作品だったら少し観たことあるけど~。 闇vs光ってことで、なかなかいい題材なんじゃないの~!と思っていたのですが。。。え?闇ってヴァンパ...
 
 
 
ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR・・・・・評価額600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
MTV育ちで、カッコいい映像を作る事にしか興味が無い人が映画を作るとこうなる。 「ロシア版マトリックス」、「全米大ヒット」などコピーは凄いけど、中身は全く新味の無いB級映画だ。
 
 
 
どこら辺がマトリックスを超えたの?「ナイト・ウォッチ」 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
結構楽しみにしていたんだよな~...この映画。 .........&#63896; 「マトリックスを引き合いに出すくらいなんだから、 面白いに違いない&#63913;」 と勝手に判断した私が悪いのか...&#63912;&#63897; この映画が「ロード・オブ・ザ・リング/王の.
 
 
 
『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』(映画館) (chronavi←street)
タランティーノ、ウォッシャウスキー、世界のトップクリエイターが絶賛しているとかで、期待して観にいったロシア映画。簡単に言うと、ダークファンタジー系の「光と闇との戦争」をスタイリッシュに映像化したもの。(3部作の第1作目) 人間には、特殊な能力を持った”異種”
 
 
 
ナイト・ウォッチ-(映画:今年52本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジミール・メニショフ、 マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ 評価:65点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 光の世界と闇の世界が入り乱れる混沌と
 
 
 
古典の設定も、ビジュアルで魅せる●ナイト・ウォッチ (Prism Viewpoints)
ロシア熱狂の映画。 光と闇の対決話。 ロシア製、3部作の第1作目。 2作目は撮影終了で、公開待ち。 3作目は、アメリカで撮影して、全編英語になる予定。
 
 
 
ナイト・ウォッチ (Alice in Wonderland)
予告編を見て絶対に見たいなと思っていた『ナイト・ウォッチ』をやっと見ることが出来ました。今週だけMOVIXでレイトショー上映です。 セルゲイ・ルキヤネンコのベストセラー小説の3部作の内の第1章を映画化し、ロシアで興行収入ナンバーワンの大ヒットを記録した...
 
 
 
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (Nochnoi Dozor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ティムール・ベクマンベトフ 主演 コンスタンチン・ハベンスキー 2004年 ロシア映画 115分 ファンタジー 採点★★★ ロシアといえば、『レッド・ブル』。愚痴を聞かされているかのようなイントネーションのロシア語が飛び交うサウナを飛び出し、雪原の中フン ...
 
 
 
『ナイト・ウォッチ』’04・ロシア (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ舞台は現代のモスクワ。“異種(アザーズ)”と呼ばれる特殊な超能力に目覚めた種族がいる。彼らは“光”と“闇”の両勢力に別れ、かつて世界は両軍の熾烈な戦争が続いていたが、彼らはお互いを監視する協定を結ぶ。人間社会で闇にまぎれて悪事を働くヴァ ...
 
 
 

アクセス解析