木もれ日便り

日々のできごと,里山のこと,本いろいろ

中上野太鼓組&土鼓ゐの響演

2012-01-29 21:06:05 | 日記

行ってきました、筑西市文化協議会明野支部補助事業

「新春和太鼓響演」

中上野出身にはうれしすぎる「中上野太鼓組」と
つくば市の「土鼓ゐ(どっこい)」の演奏会。

まずは写真をどうぞ。


イル・ブルランテ(筑西市明野公民館)の緞帳

 

<中上野太鼓組>

「彩(いろどり)」で幕開け
~「若(わか)さんぎり」
~「族(ぞく)」


一本のばちで太鼓の両面を打つ技法。難しそう。

 

 

<土鼓ゐ>

「開闢幻想(かいびゃくげんそう)」
~「素戔鳴(すさのお)」
~「春跳(はると)」

 

<再び中上野太鼓組>

「屋台囃子(やたいばやし)」
暁(あかつき)」

 

 

 

はっぴに「中」の字

 

<土鼓ゐと中上野太鼓組の競演>

「三宅島木槍太鼓」

 

息もつかせぬ迫力

一糸乱れぬチームワーク

 

<余韻の中で、アンコール>

お祭りのようでうきうきする
 

名残を惜しみつつ緞帳がおりる

 

 <イル・ブリランテから望む 紫峰 筑波>
  
  緞帳と同じアングル
 

 

「中上野太鼓組」は、
中上野郷土保存会を母体としています。
小さな集落の仲間で
このような太鼓のチームを作り、
活動を続けて来られたのはすごいことだと思います。

演目は私の大好きな「鼓童」の曲が多いのですが、
今回はオリジナル曲「暁」の演奏もありました。
これを自分たちで作っちゃったのか、
と驚きました。

「土鼓ゐ」は
つくば市の独立行政法人「土木研究所」の職場内で産声を上げた
異色の太鼓チーム。
演奏する曲目の大半はオリジナル曲。
曲名がなかなか凝っています。
私は特に、軽快で楽しく、そしてやわらかさを感じる
「春跳(はると)」が印象的でした。

双方の太鼓組で共通することは、
資金がないからと、

太鼓を自分たちで作ってしまったこと。

胴を手に入れ、みがき、
革を張り、
丹精こめたであろう太鼓を叩く姿には、
太鼓との一体感を強く感じました。

また、手作りという点では同じでも、
音色には個性が出ていると感じました。
その2つの太鼓組の共演「三宅島木槍太鼓」は、
個性が際立ち、融合し、
変化あふれる展開で、
ひときわ心を動かされました。

あのイル・ブリランテの大きなホールが、
家族連れでぎっしりと埋まっており、
地域のつながりを感じたこの演奏会。
遠方からお越しの方もいらっしゃったようで、
これから2つの太鼓チームの舞台が広がっていくのかな、
と期待がふくらみました。
次回を心待ちにしつつ、
ますますのご活躍をお祈りいたします。

 

腕が腕なのと、
座席からコンパクトデジカメでの撮影ですので、

画質に限界がありますが、雰囲気をお楽しみいただけたでしょうか?

今回唯一後悔しているのが、
アンケートを出し忘れたこと。
主催者の方、
次年度の「明野支部文化協議会新春の集い」も
「中上野太鼓組&土鼓ゐ」に1票、
いや参加した家族の分、4票です。

※画像の無断転載、無断複製は固くお断りいたします。

 

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 小さな庭の冬 | トップ | ハムスターのももちゃん 果... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (hirodon)
2012-01-30 14:05:39
土鼓ゐの者&聡くんのお友達です。早々に、そして、こんなに立派にブログにアップして頂き、ありがとうございます。舞台の照明って、こんなに綺麗だったんだ~って関心しながら拝見しております。春跳に1票頂き、こちらもとっても嬉しいです。これからも頑張って練習・演奏していきますので、よろしく、お願い致します。
ありがとう (Satoshi)
2012-01-30 17:20:54
ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。
余韻に酔ってます (コカリナ)
2012-01-30 21:38:53
こちらこそありがとうございました。

ツイッターでも何回かPRしたところ、
太鼓好きの方がお一人、
新たにフォローしてくださって、うれしい限りです。
その方も、昨日、遠方からお越しになって、
イル・ブリランテで演奏をお聴きになっていたそうです。

それにしても、
皆さん、腹筋の鍛え方が
半端じゃないですね。

私も里山でスタッフとしてかけ回れるよう、
身体を鍛えなくては。
ありがとうございます (太鼓のよしさん)
2012-01-30 22:02:14
いつも聡さんにはお世話になっております。

こんなお褒めの言葉をいただきメンバーの一員として光栄です。
もっともっと上達し、中上野を太鼓と自分の行動等で役立てれば良いな感動の渦を作りたいと感じております。(何よりお年寄りに元気を!!)
太鼓組・土鼓ゐサイコー!!
コカリナ (まだ、余韻に酔ってます)
2012-01-31 07:21:57
太鼓のよしさん
コメントありがとうございます。

今回も十分感動させていただきましたが、
今後もとても楽しみです。
プロの公演とはまた違った、
力強いながら、じんわりあったかい感動があります。

アメーバのブログ、拝見しております。
私も地震の直後、
情報交換のため一時アメーバブログをやっていましたが、
その後、あれこれ手を広げすぎて、
更新がままならなくなって退会しました。

今回のステージは、家族連れが多く、
特にお子さんやお年寄りがたくさんいらっしゃって、
なんだかほっとしました。

最近「地域を元気に」とがんばっている方々にとても惹かれます。

本業で手一杯で思うようではありませんが、
せめて地域の活動に顔を出し、
このような形でご紹介していきたいと思っています。

里山のスタッフブログもよろしくお願いいたします
(ブックマークをご参照ください)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事