小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シャネル&ストラヴィンスキー

2010-07-06 | サ行の映画

COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY(2009/フランス)【Blu-ray】
監督:ヤン・クーネン
出演:アナ・ムグラリス/マッツ・ミケルセン/エレーナ・モロゾヴァ/ナターシャ・リンディンガー/グリゴリイ・マヌロフ

「N°5」と「春の祭典」―
情熱と官能の愛に燃えるふたつの才能


『ドーベルマン』のヤン・クーネン監督が、ココ・シャネルとストラヴィンスキーの秘められた恋を描いた人間ドラマ。
シャネルは知っていても、ロシアの作曲家ストラヴィンスキーをほとんど知らなくて、いきなり音楽会がはじまったので戸惑ってしまった・・ある程度のことを知っておくべきだったと後悔・・・
時系列では「ココ・アヴァン・シャネル」の続編といってもいいでしょうか。


冨も名声も手にしたシャネルが、ストラヴィンスキーを長い間経済的援助していたとは知らなかった。バレエ音楽「春の祭典」と「N°5」誕生の裏側というよりも、不倫ものとして見ちゃいました。。

その不倫劇も特典映像に入っている主演アナ・ムグラリスのインタビュー聞いたら、映画は史実と違うそう。アレレ・・
シャネルは金銭的にも男性からも自立した女性で、きつい性格、白と黒を貴重にしたデザインも、その性格を表してるそう。ストラヴィンスキーとはつきあいがあっても映画ほど深い仲にはならなかったみたいね。
愛というよりもストラヴィンスキーの音楽に共鳴していたんではないかと。


映画の中のシャネルは自信満々(悪くいうと横暴)、かっこよく描かれていますが、ストラヴィンスキーは妻とシャネルの狭間で苦悩、ダメ男にみえてたなあ。
当時センセーションを巻き起こした冒頭の「春の祭典」初演はニジンスキーの振り付けなど完璧に再現したとか。ブーイングの嵐だったのもなんとなくわかるような。。


「N°5」についてシャネルが調香師に要求した台詞がカッコ良すぎ。
「花の香りじゃなくて、女の香りがほしい」
ファッション、装飾品はシャネルの全面協力、現在のデザイナー、カール・ラガーフェルドが特別に制作した衣裳も使用。
シャネルを演じたアナ・ムグラリスはカールの大のお気に入り、ミューズであり続けている女性。ハスキーな声、着こなしは完璧ですね。
ストラヴィンスキー役のマッツ・ミケルセンは、つかみどころのない役柄でタイタンとは別人。笑
ファッション、インテリアなど見応えはありますが、二人の気持ちがちょっとわかりづらかったのが残念。

★★★(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング

Comments (6)   Trackbacks (18)   この記事についてブログを書く
« レポゼッション・メン | TOP | ラブリーボーン »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブルーレイで見たんですね (にいな)
2010-07-06 21:24:15
こんばんは!
アイマックさんはブルーレイでご覧になったんですね。ブルーレイの方がDVDより特典映像が多いんですよねー。

マッツさんはデンマーク映画で情けない人物もよく演じるようです。(私は未見ですが…)
淡々と描かれていたので、二人の心理がわかりづらいというのはありましたねー。
>ブルーレイで見たんですね (アイマック)
2010-07-06 23:50:19
にいなさん、こんばんは!
ブルーレイはレンタルでみたんですよ。
私の理解力がないのもありますが、アナ・ムグラリスのインタビューは本編より説得力ありました。
マッツ・ミケルセンは、タイタンとはちがうエレガントな役柄でしたね。
マッツさん (なな)
2010-07-07 20:14:09
タイタン…だけ見るとああいうキャラかと思いがちですが
(体格も立派だし)
実はこういう気弱男の方が彼の本領発揮なんですよ~
そうそうデンマーク映画では繊細な家庭人で
女性に振り回されがちなキャラを演じることが多いかな。

ストラヴィンスキーは私もあまり好みの音楽家じゃなくて。
あの「春の祭典」もよさがわからないクチだわ,私も。
>マッツさん (アイマック)
2010-07-07 21:56:40
ななさん、こんばんは!
007とタイタンのイメージが強くて、今回の役柄は180度ちがうよね。

>そうそうデンマーク映画では繊細な家庭人で
>女性に振り回されがちなキャラを演じることが多いかな。

みなさん、マッツ・ミケルセンのことよく知ってるんだなー。
勉強不足かも。。。
「春の祭典」は???
あまり高尚すぎるとわからないという・・汗
こちらにも~♪ (JoJo)
2010-07-07 22:19:37
最近、シャネルが映画の題材になることが多いですね。それだけ波乱万丈な人生を歩んだ人なのでしょうね・・・いつだったか、かなり高齢時のインタビューを観たことがありますが、かくしゃくとした女性で、オーラがありました。

でも、これ史実と違うと言われてしまうと、ビミョーですね・・・本作は、内容よりもその時代の雰囲気やブランド・シャネルの美を楽しむ作品なのかも!?主演女優は、一瞬、シエンナ・ギロリーかと思った!

そうそう、「ニュースウイーク」のマイケルの記事を読みました。”たぶん頭がイカレていた”という一文には納得がいかなかったけど、総体的に彼ほどのスターはもう出ない、という感じに書かれていて満足しました(笑)
>こちらにも~♪ (アイマック)
2010-07-07 22:33:37
JoJoさん、こんばんは!
シャネル、確か生誕100年とかちがったっけ?

>かなり高齢時のインタビューを観たことがありますが、かくしゃくとした女性で、オーラがありました。

そんなインタビューみれたの?
映画みてから、あこがれの女性になりましたよ。
男以上なエレガントな女性。スタイルをつくりだした人。
史実とちがうのは、ビミョーでしたよ。^^;
フランスの方はどう思ったのかな?

「ニュースウイーク」落としてあげるようになったか、、
情報、ありがとねー。

post a comment

Recent Entries | サ行の映画

Similar Entries

18 Trackbacks

シャネル&ストラヴィンスキー (LOVE Cinemas 調布)
シャネル50周年記念作品としては『ココ・シャネル』、『ココ・アヴァン・シャネル』についで3作品目。『ドーベルマン』のヤン・クーネン監督が、シャネルとストラヴィンスキーの恋愛劇を軸に香水「N°5」の誕生秘話や「春の祭典」再演にかける想いを綴った作品だ。...
シャネルさん (Akira's VOICE)
「ココ・アヴァン・シャネル」 「ココ・シャネル」 「シャネル&ストラヴィンスキー」 
シャネル&ストラヴィンスキー (心のままに映画の風景)
1913年のパリ、シャンゼリゼ劇場。 新作「春の祭典」の初日を迎えるイゴール・ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)だが、観客は斬新な...
シャネル&ストラヴィンスキー (あーうぃ だにぇっと)
1月7日(木)は今年の試写会初め@新宿明治安田生命ホール。 演しものは『シャネル&ストラヴィンスキー』。 英題 COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY。 シャネル三作品の棹尾を飾る作品である。
*『シャネル&ストラヴィンスキー』* ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:フランス映画、ヤン・クーネン監督、マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス主演。
DVD・シャネル&ストラヴィンスキー (テレビ徒然記)
マッツ・ミケルセン鑑賞シリーズでレンタルしました(^^ゞ シャネルの映画は他にも二本公開されましたが、いずれも未見なので、シャネルのブランドを興した人ということしか知らず、ストラヴィンスキー=イゴールに関してもほとんど知識なかったのです。 シャネルはともか...
シャネル&ストラヴィンスキー (Diarydiary! )
《シャネル&ストラヴィンスキー》 2009年 フランス映画 - 原題 - COC
「シャネル & ストラヴィンスキー」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  去年の「ココ・アヴァン・シャネル」(オドレイ・トトゥ)と「ココ・シャネル」(シャーリー・マクレーン)に続いてシャネル関連の3本目。前2作を見ていたのでボーイ(カペル)とのエピソードを知った上での鑑賞だったのが良かったと思...
シャネル&ストラヴィンスキー (C'est joli~ここちいい毎日を~)
シャネル&ストラヴィンスキー’09:フランス◆原題:COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY◆監督:ヤン・クーネン「ドーベルマン」◆出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ◆STORY◆...
シャネル&ストラヴィンスキー (銅版画制作の日々)
COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY 遅まきながら、鑑賞して来ました。ジャック・メスリーヌに続き、これもフランス映画でした。シャネルシリーズ第三弾、これがシャネルシリーズ最後の作品となります。さてシャネルシリーズ、皆さんはどれが好みでしょうか?前作の2作...
シャネル&ストラヴィンスキー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]同時期に作られた3本のシャネルの映画の中で、本作が最もクールでファッショナブルだ。1920年のパリ。デザイナーとしても実業家としても成功していたココ・シャネルは、ロシア出身の作曲家イゴール・ストラヴィンスキーの才能...
「シャネル&ストラヴィンスキー」  COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY (俺の明日はどっちだ)
・ 時は1913年5月29日のパリ。 シャンゼリゼ劇場でバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の公演としてストラヴィンスキー『春の祭典』の初演が行われる冒頭のシーンのなんと魅力的なことか! さもありなんと思わせる見事に再現されている劇場の雰囲気、そして噂の新作に対...
『シャネル&ストラヴィンスキー』(2009)/フラ... (NiceOne!!)
原題:COCOCHANEL&IGORSTRAVINSKY監督:ヤン・クーネン出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ観賞劇場 ...
「シャネル&ストラヴィンスキー」新宿武蔵... (流れ流れて八丈島)
3月10日まで有効の武蔵野興業株主優待券がまだ4枚とも残ってて、今後公開される「過速スキャンダル」「渇き」「ハートロッカー」で3枚使うとしても、絶対に1枚は残ってしまい...
シャネル&ストラヴィンスキー (虎猫の気まぐれシネマ日記)
今年はシャネルの伝記的な作品を3本も観たが,この作品が一番好きかな。(ちなみに一番イマイチに感じたのがオドレイ・トトゥのココ・アヴァン・シャネル)それに比べればこの「シャネル&ストラヴィスキー」は,シャネルの生涯のうちでも,ストラヴィンスキーとの恋愛に...
■映画『シャネル&ストラヴィンスキー』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
今も世界中の女性を魅了してやまないデザイナー、ココ・シャネルの情事を描いた映画『シャネル&ストラヴィンスキー』。 クリエイターの孤独を共有できる男としてシャネルに選ばれたのは、音楽家のイゴール・ストラヴィンスキーです。 この物語は創作であり、ふたりの...
10-35「シャネル&ストラヴィンスキー」(フランス) (CINECHANの映画感想)
密やかな背徳  1913年のパリ、シャンゼリゼ劇場。自作《春の祭典》の初演を迎えたストラヴィンスキーだったが、そのあまりにも革新的な音楽は観客に受入れられず、劇場はヤジと嘲笑で騒然となる。  そんな中ただ一人、ココ・シャネルだけは今までにない斬新なスタイル...
シャネル&ストラヴィンスキー/COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click ココ・シャネル生誕125周年ということで、昨年から続々公開している シャネル映画のラストがこちら。 監督は「ドーベルマン」のヤン・クーネン。 当初の予定では、「エクソシスト」のウィリアム・フリー...