小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

潜水服は蝶の夢を見る

2008-07-22 | サ行の映画

LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON(2007/フランス=アメリカ)【DVD】
監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:マチュー・アマルリック/エマニュエル・セニエ/マリー=ジョゼ・クローズ /アンヌ・コンシニー/マックス・フォン・シドー

原作本は世界31カ国で出版されたベストセラー!
2008年ゴールデン・グローブ賞主要2部門、カンヌ国際映画祭主要2部門ほか、計38部門受賞の愛の感動作。
20万回のまばたきで自伝を綴った実話の映画化。

story
昏睡(こんすい)状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないエル誌編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識ははっきりしているにもかかわらず言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はまばたきでコミュニケーションを取る方法を教える。(シネマトゥディ)


感動ものと思うと肩すかしをくらうかもしれない。
映像と言葉がつくりだす高尚というか知的なドラマ。


ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった主人公。
言語療法士は瞬きでコミュニケーションをとる方法を考え出す。


カメラアングルが主人公の目線で展開していく。狭い視界、見てる方も息がつまりそう。
もし自分だったら恐怖と絶望でおかしくなりそうなのに、彼はときおりユーモアを交えながら冷静に自分を受け入れていく。
今まで自由気ままに生きてきた主人公が、突然奈落の底につきおとされるが、周囲の人たちのおかげもあり生き直すのよね。


アルファベットを読み上げる療法士や妻など女性たちの声が心地よく聞こえる。また美女ばっかりだし。笑
愛人からの電話を妻が伝達したり、シニカルでジメジメ感がまったくない。
彼が想う「記憶」と「想像力」の世界を映像で表現。
彼は動けなくても自分の世界をもつことに成功し、人との絆をもつことができたのだ。

フランスでは、脳梗塞などで動けなくなると、即座に言語療法士が派遣されてくることに驚きました。高度な医療でもあり日本はどうなんだろう?

他人の人生を見つめ、自分がその立場に置き換えたらどうなるかと深く考えさせられました。
原作を読みたくなった。
主人公を演じたマチュー・アマルリックは見事な演技。役づくりは大変だったろうなあ。
言葉を読み取る役の女優さん、どこかで見たことあると思ったら「愛されるために、ここにいる」の人(アンヌ・コンシニー)でした。ひかえめな美しさをもってる人ですね。

★★★★(5段階☆は0.5)

「潜水服は蝶の夢を見る」公式サイト

ブログ王ランキング

Comments (26)   Trackbacks (34)   この記事についてブログを書く
« 近距離恋愛 | TOP | カンフー・パンダ »
最新の画像もっと見る

26 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんですよね~ (miyu)
2008-07-22 23:17:37
感動モノだと思うとちょっと違いますよね。
でも、コレはじわじわとくるんですよね。
観ている最中よりも観終わってしばらくして
自分の心の中でじっくりと熟成されていく映画でした。
そうゆう感覚でいくと「クラッシュ」もあたしは
そうだったんですよ~。
どちらもいい映画ですよね。
うん (ちゃぴちゃぴ)
2008-07-23 00:09:08
そう、自分の記事に感動したなって書いてるけど、知的で高尚な感覚ありましたね。
言葉がみつからないような揺さぶりを感じました。
何度か見なおしたい映画でもあります。
これは、買うかも。
彼の視線のようなカメラワークが、スゴイとも思ったし、瞬きの感じも、うっとおしいような感覚もなかったし。
映像が、すごくよかったと思う。
また、考えていることが、結構、Hなこともあるのもリアルだし、そのへんも感情がいきやすかったです。なぜに、周りは美人ばっかりなんでしょうねぇ(笑)
俳優さんもすごくよかった。べた褒めだな。
(^◇^) ケラケラ
ほんと (メル)
2008-07-23 07:25:59
ユーモアさえ交えて、この状況をなんとか受け入れたということにじんわり感動しました。
私だったら、自分で死ぬこともできないし
この状況を受け入れられないで、完全に殻に
閉じこもって、もう何も考えない、何も見ない、何もしない、完全に現実逃避をすると思うけど。
映像が本当に良かったですよね。
カメラが主人公って言うシーンが時々ある
映画もありますが、これは同じカメラが主人公でも、他の映画とかなり違う、とても新しい感じがしました。
回想のシーンも、想像のシーンもなんか忘れられません。いい映画でした~。
こんばんは★ (dai)
2008-07-23 23:35:52
TBありがとうございました☆

感動モノではなかったですね。私自身感動モノだと思っていたので少し肩透かしを食らいましたww
原作 (真紅)
2008-07-24 17:55:02
アイマックさん、こんにちは!コメントとTBをありがとうございました。
原作、とってもいいですよ。オススメです。
この映画の感想で「そんなに感動しなかった」という意見を読んだことがあります。
そうなんですよね、「感動」とはちょっと違う。そこを求めて観ると期待外れ、かもしれません。
DVDも欲しいんですが、サントラがめちゃくちゃ欲しいと思いました。
でもなんと、出てないんですよ~、なんでや~(泣)。
ではでは、また来ますね。
Unknown (ゆかりん)
2008-07-24 19:05:20
こちらにも。
普通の感動ものとは違った良い作品でしたね。
てっきり感動ものだと思ってたので・・・
設定は重いお話なのに暗くならず観て良かったと思える作品でした。
>そうなんですよね~ (アイマック)
2008-07-25 00:06:39
miyuさん、こんばんは!
感動ものだと思ったら、カラッとしてて、お涙頂戴物とは違ってたね。
でも後からジワジワきます。
映像といい、高難度な映画だと思いましたよ^^ ゞ
>うん (アイマック)
2008-07-25 00:07:15
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!
感動といっても、質が違ってたよね。
淡々と進むし、冷静なんだよな。
感想書くのも難しかったです。。
主人公の視点からみたカメラワークとか、氷河とか独特の映像でした。
そうそう主人公のキャラが反映してて、愛人の話とかやっぱフランスものです。笑
俳優さんもよかったですね。
>ほんと (アイマック)
2008-07-25 00:07:46
メルさん、こんばんは!
ユーモアがきいてるし、冷静に自分をみつめているところが凄いです。
私も気がおかしくなると思うし、外の世界は遮断しちゃうだろうな。。
この主人公は強いですよ。
自分の目をカメラワークに例えるってほかの映画にもありますが、
こちらはうーんって唸ってしまいました・・
とにかく映像の斬新さ、想像力をフルに活用した映画でしたね。

>こんばんは★ (アイマック)
2008-07-25 00:08:28
daiさん、こんばんは!
感動する映画ときいてたので、泣けるかと思ったら泣けなかったです。。
でも上質な作品で、あとからじんわりきましたねー。

post a comment

Recent Entries | サ行の映画

34 Trackbacks

潜水服は蝶の夢を見る (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ぼくは生きている。 話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。』  コチラの「潜水服は蝶の夢を見る」は、2/9公開となった"20万回の瞬きで自伝を綴った、脅威の実話!圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作"なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
潜水服は蝶の夢を見る (晴れたらいいね~)
ヘンな題名である…。ブレードランナーの原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」並み。映画を観るとよくわかる題名でした。この映画は、評判がすごくよくって、観たかったの。潜水服は蝶の夢を見る原題/英題:Le Scaphandre et le Papillon/The Diving Bell and t...
映画 『潜水服は蝶の夢を見る』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。昏睡(こん...
「潜水服は蝶の夢を見る」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 雑誌ELLEの名編集長として人生を謳歌していたジャン=ドミニク・ボビー (マチュー・アマルリック)。病室で目覚めると身体全体の自由を奪われた “ロックト・イン・シンドロ...
潜水服は蝶の夢を見る (悠雅的生活)
20万回の瞬きと、想像力と、記憶。
映画レビュー「潜水服は蝶の夢を見る」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】◆プチレビュー◆20万回のまばたきで自伝をつづった伊達男の物語は感動の実話。圧倒的に美しい映像に酔いしれる。 【90点】  3人の子の父親で一流モード誌ELLEの編集長ジャン=ドーは、突然の脳梗塞で左のまぶた以外の自...
潜水服は蝶の夢を見る (映画のメモ帳+α)
潜水服は蝶の夢を見る(2007 フランス・アメリカ) 原題   LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON / THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY(英題)   監督   ジュリアン・シュナーベル   原作   ジャン=ドミニク・ボビー 『潜水服は蝶の夢を見る』    脚色  ...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (2007) / フランス・アメリカ (NiceOne!!)
原題:LESCAPHANDREETLEPAPILLON/THEDIVINGBELLANDTHEBUTTERFLY監督:ジュリアン・シュナーベル原作:ジャン=ドミニク・ボービー脚本:ロナルド・ハーウッド出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー公式サイトはこちら。<S....
潜水服は蝶の夢を見る (Memoirs_of_dai)
エロい視点は万人共通です 【Story】 昏睡(こんすい)状態から目覚めたものの、左目の瞼以外を動かすことができないELLE誌編集長ジャン=ド...
映画 「潜水服は蝶の夢を見る」 (ようこそMr.G)
映画 「潜水服は蝶の夢を見る」 を観ました。
潜水服は蝶の夢を見る☆マチュー・アマルリックの素晴らしい演技!! (銅版画制作の日々)
  20万回の瞬きで自伝を綴った、驚異の実話! 圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作    2月16日、京都シネマにて鑑賞・・・・・。       実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー 彼はファッション界を左右するフランス...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、ジャン・ピエール=カッセ...
「潜水服は蝶の夢を見る」試写会 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
フランス映画だ。 これぞフランス映画!といってもいい。 ハリウッド映画のように、お涙頂戴しない。 ハリウッド映画のように、ハッピーエンドにしない。 切なく、そして切ない、ひたすら切ないフランス映画だ。
潜水服は蝶の夢を見る (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿バルト9にて鑑賞潜水服は蝶の夢を見る/LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON 2007年/フランス、アメリカ/112分 監督: ジュリアン・シュナーベル 出...
『潜水服は蝶の夢を見る』 (Sweet*Days**)
監督:ジュリアン・シュナベール CAST:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ 他 第60回カンヌ映画祭 監督賞他受賞 第65回ゴ...
潜水服は蝶の夢を見る(映画館) (ひるめし。)
ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。
「潜水服は蝶の夢を見る」 LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON (俺の明日はどっちだ)
息子とドライヴ中に突然の病に倒れ、身体の自由を奪われてしまったELLE編集長、通称“ジャン=ドー”が、全身の中で唯一動く左目の瞬きだけで綴った自伝ベストセラーを映画化した作品。 いかにもフランス映画といったシャルル・トレネの“ La Mer ”が流れる中、レントゲ...
潜水服は蝶の夢を見る/le scaphandre et le papillon (我想一個人映画美的女人blog)
原題はle scaphandre et le papillon "ー身体は潜水服を着たように重たくても、僕の想像力と記憶は蝶のように自由に羽ばたくー" 実話です。 {/book/}ジャンドミニクは三人の子の父親であり、雑誌ELLEの編集長として充実した人生を送っていた。 ある日突然、倒れ気がつ...
潜水服は蝶の夢を見る (スワロが映画を見た)
原題:LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY 製作年度:2007年 製作国:フランス/アメリカ 上映時間:112分 配給:アスミック・エース...
失って気付く大切な事。『潜水服は蝶の夢を見る』 (水曜日のシネマ日記)
脳梗塞で倒れてしまった男性の実話を描いた作品です。
魂のはばたき~『潜水服は蝶の夢を見る』 (真紅のthinkingdays)
 LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON  THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY  鼓動とともに、ぼやけた視界が現れる。ここは病院、昏睡状態から醒めたジャン =...
潜水服は蝶の夢を見る (映画鑑賞★日記・・・)
【LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY】2008/02/09公開製作国:フランス/アメリカ監督:ジュリアン・シュナーベル出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、アンヌ・コンシニ、パトリック・シェネ、...
潜水服は蝶の夢を見る TIFF鑑賞記その4 (シャーロットの涙)
マチュー・アマルリック セザール賞主演男優賞おめでとう♪
『潜水服は蝶の夢を見る』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:フランス・アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:112分  原題:LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON  配給:アスミック  監督:ジュリアン・シュナーベル  主演:マチュー・アマルリック      エマニュ...
潜水服は蝶の夢を見る (映画を観たよ)
正直、思っていた作品と違いました。
潜水服は蝶の夢を見る (心のままに映画の風景)
雑誌ELLEの編集長、42歳のジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は、 ドライブ中に突然脳梗塞で倒れてしまう。 病室で目覚め...
潜水服は蝶の夢を見る (シネマ大好き)
「潜水服は蝶の夢を見る」。脳梗塞により”閉じ込め症候群”に陥った元「ELEE」の編集長・ジャン・ドミニク・ボービーが、唯一動かせる左目のまばたきで綴ったエッセーの映画化。 冒頭、やや下のアングルから二人の医師が話す画面が映り、その焦点がぼやけたり合ったり...
【2008-45】潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre et le Papillon) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ぼくは生きている。話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。 ジャン=ドミニク・ボビー ELLE編集長、42歳、子供3人の父親。 ある日倒れ、身体の自由を失った。 そして左目の瞬きだけで語り始める。 蝶のように飛び...
潜水服は蝶の夢を見る (肉球シネマブログ)
■2008/7/4日DVD発売 ■フランス・アメリカ制作 ■112分 ■監督 ・ジュリアン・シュナーベル ■出演 ・ マチュー・アマルリック ( ジャン...
潜水服は蝶の夢を見る (レンタルで映画)
 「潜水服は蝶の夢を見る」という不思議なタイトルの映画をDVDで鑑賞。これは脳血栓で左目以外のほとんどが麻痺してしまった男が書き上げた本のタイトルで、この映画の原作なのだそうです。つまりは実話がもとになっているということ。全身麻痺の男が書き上げた・・・私...
潜水服は蝶の夢を見る (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
    = 『潜水服は蝶の夢を見る』  (2007) = 雑誌ELLEの名編集長として人生を謳歌していたジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は、42歳の時、ドライブ中に突然脳梗塞で倒れてしまう。 その後、病室で目覚めた彼は、身体全体の自由を奪われ...
『潜水服は蝶の夢を見る』'07・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昏睡状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識は、はっきりしているにもかかわらず、言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はま...
「潜水服は蝶の夢を見る」 (シネマ・ワンダーランド)
ある日、脳梗塞で倒れ、全身麻痺となった雑誌「ELLE」編集長ジャン・ドミニク・ボビーの生き様を実話をもとに描いた感動のヒューマン・ドラマ「潜水服は蝶の夢を見る」(2007年、仏米、ジュリアン・シュナーベル監督、112分)。ボビーは全身の中で唯一動くのは左目...
潜水服は蝶の夢を見る (★YUKAの気ままな有閑日記★)
随分前に(汗)WOWOWで鑑賞―【story】脳梗塞による昏睡状態から目覚めたものの、左目の目蓋以外を動かすことが出来なくなったファッション雑誌ELLEの編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識ははっきりしているにもかかわらず言葉を発することが...