小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

ハート・ロッカー

2010-03-02 | ハ行の映画

The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース

彼らは、数えきれない命を救う。
たった一つの命を懸けてー。


久しぶりに試写会にいってきました。
今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む9部門にノミネート。
監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。業界内ではアカデミー史上初となる監督同士(『アバター』のジェームズ・キャメロン監督は元夫)の「元夫婦対決」でも話題!


2004年のイラク、バグダッド。世界で最も危険な仕事であるアメリカ軍爆発物処理班の兵士の日常を描いた戦争ドラマ。
ジャーナリストでもある脚本家のイラクでの取材体験に基づいたもの。
戦争ものでも対人間ではなくて、爆弾を相手に戦うというのは新しい視点ですね。


防護服に身をつつみ、爆弾の処理を行う彼らはいつも死と隣り合わせ。
ケータイを使うと自然に爆発することなど、一般人は知らないよね。(驚)
新しく赴任してきた軍曹とサポート兵士たちの危険なミッション。この軍曹が命知らずな男でドキドキさせる。演じるジェレミー・レナーはダニエル・クレイグにちょっと似てます。
演出、撮影がうまく、敵と砂漠でのにらみあいなど緊張感でつい力が入ってしまう・・・。


冒頭、戦争は麻薬だ!という字幕のとおりの現実。
主人公の軍曹は今まで800個以上の爆弾を処理。いつ爆発するかわからないスリル、そして達成感、日常ではぜったい味わえない高揚感に知らず知らず冒されていくんだよね。
勇敢の先にあるものは人間の感覚を麻痺させる。ひと事でも人間は恐いな~

女性監督ということで、戦場を冷静に客観的に描いている感じがした。
キャストが自由に演じてるようにみえてリアル、感動とは違う骨太な作品でした。

★★★★☆(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング


最新の画像もっと見る

47 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-03-04 00:23:03
命を危険に晒すことでしか生きている価値を、
自分自身の存在意義を見出せない…。これは
あまりに哀しいことなんですよね。
多くのジェームズが実際にいて、多くのジェー
ムズが死んでいくという現実の事態は異常とし
かいいようがないです…。
観たいですねー (ちゃぴちゃぴ)
2010-03-04 00:37:53
アバター以来、とんと映画館に行けず、観に行きたい気持ちはあれど、それならそれで、まぁいいや…に最近なっています。DVD1本も、毎日は観なくなったしなぁ。

アカデミー賞有力作品ですねぇ、この時期になると、とっててよかったWOWOWです。
この映画も、観に行けるかどうかわからないですが、楽しみにしてます♪
シャーロック・ホームズは行きますぅ。
★アイマックさん (mig)
2010-03-04 01:28:01
こんばんは♪

これまで観て来たたくさんの戦争映画とはちょっと違う角度から捉えた作風でしたね~。

でもわたし、これアカデミー賞作品賞とったらやだなってちょっと思っちゃうな、、、、
>こんばんは^^ (アイマック)
2010-03-04 21:46:22
KLYさん、こんばんは!

>命を危険に晒すことでしか生きている価値を、
>自分自身の存在意義を見出せない…。

そうだよね、人間終わってますよ、、、
戦争は進行形なわけで、たくさんのジェームズがいるというのが恐ろしいし悲しい。
最後は本能のまま生きるしかないでしょうかね。。
>観たいですねー (アイマック)
2010-03-04 21:50:13
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!

これ、批評家にウケがいいですね。
感動もんじゃないけど、考えさせられる・・・
WOWOWのアカデミー賞、楽しみですよー!
ホームズはいきたいな。
migさん、こんばんは! (アイマック)
2010-03-04 21:53:16
今までの戦争ものとちがう視点ですよね。
これオスカーとるかなあ。
監督賞はビグロー監督の元夫だと思うんですけど、どうでしょうか。^^:
Unknown (えふ)
2010-03-06 16:19:45
私も演出、撮影が上手いな~と感じました。
砂漠のシーンもそうだけど、
爆弾処理作業をしてるときに、
援護してる隊員たちの息遣いがすごく緊張感あったし。
見てるこっちもすごい緊張しちゃった。
凄い映画 (にゃむばなな)
2010-03-06 21:16:51
2度の大爆発、突然やってくる緊張感。
これに言葉を失った映画でした。

こんな凄い映画に出会えたことに感謝すると同時に、言い知れぬ恐怖も感じましたよ。
観たいのです~ (マリー)
2010-03-06 23:38:09
こんばんは~~♪
試写会で観られたんですね~。
いいな。
こちらはまだ公開日も決まってないんですよ・・・しくしく。

もし公開されたら絶対観ます。

最近、ちょっと又嵌った彼がいて(気が多すぎ!笑)そしたら、彼は「THIS IS IT」韓国公演に出ると知って、“運命”感じました~。
その彼とは!=東方神起のユノです。
私も観てきました! (テクテク)
2010-03-07 12:14:20
こんにちは
この映画は終始緊張感のある作品でした

冒頭に出てきた言葉通り
「戦争は麻薬だ」という意味が
本当によく伝わる作品でしたよね

戦闘シーンはあったものの、
確かにこれまでの戦争映画とは何か違っていました

砂漠での交戦シーンのように
何もない所へ銃を乱射するように
自分の敵は目に見えないというか、
戦争は心までも盲目にしてしまうって事なんでしょうかね…

映画の終盤で
イラクの子供たちから石を投げつけられるシーンは
何だかとても印象的でした

post a comment